著名な保守憂国ブロガー、なでしこりんさんのブログが閉鎖された 日本の高級不動産、特に億ションを買い漁るシナ人が日本で地元住民と冷戦を次々と起こしている実態を日本人はもっと知って警戒すべき

こちらもどうぞ~
↓    ↓    ↓  
日本国内のマスゴミやカスメディアがほとんど報じないシナの実情と石平氏が4年前に予測した現状
http://ameblo.jp/nihon-banzai/entry-12051063558.html

じゃあのwww氏のビックリΣ(゚д゚lll) 情報112
http://hayabusa3.doorblog.jp/archives/45493356.html

-----------------------------------------

【緊急警報】日本共産党が在日と共謀して一斉暴動を準備中、阪神地区の方ご用心を;拡散希望、転載フリー
http://blog.goo.ne.jp/duque21/e/0324eb95bebe9c274f692eba1b8c855c

著名な、保守憂国ブロガーの、なでしこりんさんのアメーバブログが、日本共産党の圧力によって、強制閉鎖に追い込まれるという事件がおきました。

最終稿は「なでしこりんさんのブログ「なでしこりん」です。最新記事は「在日4世で参政権がない。でも自分の住む国の政治に声を上げたい!共産党・民青の偽装デモにご用心!」です。

なでしこりんブログ閉鎖2


この在日4世は、同志社大学の学生で、【在日参政権の要求と安保法制反対】を唱える有名な反日在日団体です。
バックに日本共産党がいるのは明々白々です。
これは、拙ブログで扱った1948年(昭和23年)の【阪神教育事件】と気味悪いほど構図が、酷似しています。
あの時も、日本共産党員が、先導して、朝鮮人暴徒を過激化させました。
歴史は、繰り返す。阪神地区での、在日の一斉蜂起は、そう遠くはないでしょう。
大阪府、兵庫県の皆様は、朝鮮人暴動の際の自衛を強化してください。
「女子高生コンクリート事件」もそうでしたが、加害在日韓国人少年グループの一人の両親は、日本共産党幹部でした。
日本共産党の幹部は在日朝鮮人、帰化朝鮮人が多いです。党員も同様です。
昨年末の衆院選で、共産党が躍進したのは、民主党を見放した帰化朝鮮人票が、共産党に流れたためです。


なでしこりん様の身の安全を祈ります。
加えて、圧力に屈したアメーバブログの責任者、サイバーエージェント社長の藤田晋(在日でホリエモンの仲間)を心から軽蔑します。以下読者様からの通報です。

伏見様

お世話になります。
記事の掲載は伏見様の判断にお任せします。
よろしくお願いします。


なでしこりんさんの amebaブログが削除されました。

7/14の午前1時過ぎまでアクセスでき、それから約8時間後にはアクセス不能になっていました。

最終のなでしこりんさんの記事は、日本共産党の実態と学生に学校付近で声をかけてくる活動家に注意せよというものでした。

なでしこりんさんの意思に反してブログが閉鎖されたとしたら恐ろしいことです。

なでしこりんさんがご自分の安全を第一に確保されることを願います。

(略) ⇐ 未確認情報の為、当ブログでは省略しました。

なでしこりんさんの身の安全が危ぶまれますので、緊急転載、拡散にご協力お願いします。


写真は、サイバーエージェント(アメブロ)社長、藤田晋(省略)⇐ 未確認情報の為、当ブログでは省略しました。
在日藤田


なでしこりん
















なでしこりんブログ閉鎖




“中国人ホテル”化する都心タワーマンション 資産価値の大いなる危機
http://www.zakzak.co.jp/economy/ecn-news/news/20150531/ecn1505310830002-n1.htm

タワーマンション事情

近い将来、外国人のホテル代わりになるかもしれない(写真と本文は関係ありません)

 最近、中国人観光客の「爆買い」が話題になっている。彼らが買っているのは、化粧品やブランド物ばかりではない。マンションを含めた不動産も爆買いしている。
 中国人がどれくらい日本のマンションを買っているのかを示す正確な統計数字はない。新築マンションがめでたく完売した場合、当然ながら売主は購入者に占める外国人の割合を把握している。しかし、そういった数字は厳然たる社外秘。なぜなら、中国人の購入比率が高いことは、決して資産価値にとってプラスの材料にならないからだ。

 先日、産経新聞(ニュースサイト)の報道で「大手各社は中国人への販売を3割以下に抑えている」というのがあった。また、あるマンションでは中国人に半分以上買われてしまった、と書かれており、業界に衝撃が走った。

 前にも書いた通り、日本人と中国人では道徳やルールに対する感覚が異なる。中国人の比率が高まると、法律やマンション内の規約や細則を変更する必要がある。

 大きな懸念として、「エアビーアンドビー(Airbnb)」という手法が、中国人所有のマンションでは今後急速に普及する可能性がある。

 これは、観光客や短期滞在者に、留守中の自宅を1日単位でレンタルするシステムだ。今や世界190カ国に普及。通算の利用者は3000万人を超えた。日本でも急速に普及している。

 東京は今、外国人観光客が急激に増えていることで完全なホテル不足に陥っている。地方から東京へ泊まりを伴った出張をする方は、そのことに気づいているはずだ。もちろん、外国人観光客にとっても状況は同じ。

 そこに、このAirbnbのシステムが爆発的に増える余地が生まれる。「貸す」「借りる」の双方にとってメリットがあるからだ。

 貸す側を、本来このシステムが想定している個人の自宅ではなく、賃貸運用のために購入した都心のタワーマンションだと仮定しよう。Airbnbを利用して1日単位でレンタルすると、従来の賃貸運用に比べてかなり高い利回りを稼げるはず。なぜなら、一流シティホテルのスイートに準ずるレンタル料が見込めるからだ。
 借りる側にとっては、3LDKや2LDKといったキッチン付きの住戸を、ホテルのスイートに泊まるよりも割安で利用できる。しかも1戸単位なので、宿泊者が多いとその分がさらに割安になる。
 今のホテル不足は、そう簡単には解決されない。一方、外国人旅行者は年々増加。数年後には2000万人を突破する。3年前の3倍以上だ。
 Airbnbで稼働率を上げれば、都心のタワーマンションの利回りは10%近くに達するはず。ただ、厳密な意味では旅館業法違反になる。
 この儲かるシステムを中国人オーナーたちが、ただ指をくわえてみているだろうか。少々違法性があっても、儲かる手法を選ぶのが彼らの習性。だから、都心のタワーマンションが中国人利用率の高い「ホテル化」する日は近い。これは資産価値にとって大きな危惧だ。



【東京】高級タワーマンションをマナー最悪の中国人が占領! 日本人住民と“冷戦状態”
http://mona-news.com/archives/7854179.html

タワーマンション事情2

転載元:http://ai.2ch.sc/test/read.cgi/newsplus/1410757024/

1: エピ ★@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 13:57:04.56 ID:???0.net
中国の海洋進出により、尖閣諸島周辺で緊張が高まって久しい。しかし、日中の摩擦が起きているのは国境付近だけではなかった……。

「日本に住むなら、日本のルールを守ってほしい」 

そう口をそろえるのは、東京五輪を前に注目が高まる都心湾岸エリアに住むM美さん(36歳)とK子さん(33歳)の2人だ。実は今、彼女たちが住む高級タワーマンション内で、日本人住民と中国人住民の冷戦状態が続いているのだという。

「最近は中国人の入居者が増えていて、平均でワンフロアに一世帯は中国人家族なんじゃないかと思うくらい。彼らは彼らでグループを組んでいて、私たち日本人とはまったく交流しようとしないんです。言葉の問題もあるかもしれないし、それは別にいいけど、マンションの最上階にあるラウンジで、いつも中国人軍団が徒党を組んで、中国語でけたたましく談笑するのは、まるで中国に住んでいる気がするのでやめてほしい。この間なんて、子どものおむつをソファーの上で替えてたもんね」(M美さん)

「そうそう、うちのマンションには来客が泊まれるゲストルームがあるんだけど、数が限られているから予約制なんですよ。その予約のほとんどを中国人が独占しているんです。中国人の旅行者をネットで見つけて又貸ししているっていうウワサ」(K子さん)

こうした一部中国人住民のマナー違反について、彼女たちはマンションの管理事務所を通して改善を呼びかけたというが、改善は見られず。そればかりか、中国人住民たちのグループは、ほかの住民たちとの間に一層の高い壁を作るようになったという。

さらにマンションの外でも、両者の対立の火種が。「近所のショッピングモールのフードコートはセルフサービスなのに、彼らのほとんどは食べた後に片付けない。食器や食べ残しをテーブルの上に放置して、そのまま立ち去る」(同)

「そのくせ、自分たちが被害者になると超めんどくさい。うちの子はマンションの下にある保育園に行かせているんですが、そこで中国人の園児が日本人の園児にかみつかれたらしいんです。迎えに来た父親がそれを知って、『どう責任取るんですか!?』『かみついた子どもの親を呼んでください!』って怒り散らした。あまりの剣幕に、その場に居合わせたうちの子もおびえていました。かみつくくらい、子どもにはよくある話なんですが」(M美さん)

ほかにも、バルコニーでのBBQや車の運転の荒さなど、中国人住民の素行への批判をぶちまけた2人。もちろん彼女たちの言い分のみで、単純に中国人住民たちを責めることはできない。さらに、隣人として歓迎すべき中国人もいるはずである。

ただ、中国人による不動産購入もますます盛んになる中、こうした摩擦はあちこちの集合住宅で起こりうる話だろう。

http://news.livedoor.com/article/detail/9252661/


11: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:01:04.03 ID:KORfTPwu0.net
中国じゃマンションがまったく売れなくて困ってるのに日本は売れるんだな


33: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:04:37.25 ID:Y9snUf/j0.net
>>11
ある程度金のある中国人は中国から逃げ出したがってるけど、さすがに東京で一軒家買えるレベルの中国人は極小ってことでね?


275: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:30:20.37 ID:IsCKa5CP0.net
>>33
そんな希少種が無マナーなんて、さすが土人の大陸


12: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:01:23.01 ID:49C/zEKE0.net
うちの隣に中国人が住んでるんだが、会話が尋常じゃないくらい煩い。
大家はバカだ。もし、何かあったら大家を絶対許さない。


322: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:33:56.11 ID:/3OtvXhTO.net
>>12
狭い道挟んだ真向かいに中国人が住んでて、ある日物凄い絶叫が聞こえてきたから何事!?と外を見てしまい、リアルタイムで殺人事件を目撃した人を知ってる。


14: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:02:00.03 ID:QfXi/hSF0.net
高額なマンションでもドーベルマン飼う基地外とか
いくら注意しても駐車場で猛スピードで走って人轢き殺す基地外とかと一緒になるリスクがある


20: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:02:54.92 ID:aRgf7zMt0.net
高級が最下級マンションに


75: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:11:24.15 ID:+QOFWYpy0.net
>>20
勝手に増改築して九龍城みたいになったりしてな。


170: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:21:53.56 ID:zFPJrRwUO.net
>>75
その程度じゃ収まらんよ
チャンチョンは親類を呼び寄せるからな
いつの間にか周辺にチャイナショップが増殖してチャイナタウンが出来上がるぞ


22: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:03:02.97 ID:UUkifdUF0.net
高い金出してマンション購入してこれだったら悲惨だな


94: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:13:46.65 ID:+QOFWYpy0.net
>>22
中国人は管理費払わないからな。


39: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:05:54.17 ID:DcDsiwP00.net
知人の住んでいたマンションは同じフロアに韓国人が住んでいて、日中扉開けっ放しでキムチ臭がフロアに充満していたらしい


45: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:06:35.70 ID:9k6BdOHG0.net
ルールを守る奴は馬鹿、 ルールを守らずに出し抜くのが賢いとか考えてる連中だしな・・・。
これはチョンにも言えるけど。


50: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:07:51.73 ID:2QKU6W0G0.net
カナダで中国系の移民が政治的な力を持つようになって、やっと慌てた政府が制限始めたから、インフラ整備されていて国が安定していて教育水準が高くビジネスもしやすい水と空気の良い都市圏ていうんで富裕層がどんどん入ってきてるんだろう

本国の大都市圏と違ってリーマンショック後の不動産価格も妥当か買い時であるし、地震はあるが建築は強固で転売用の資産にもなるから、これからさらに札幌あたりまで広がるよな
日本だけじゃなくて、世界中のめぼしい都市は全部侵略される



63: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:09:38.13 ID:n5o+3HqP0.net
>>50
カナダは飲食店で働く外国人のビザ発給を止めるらしい
ターゲットは当然中国人下層階級



64: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:09:58.61 ID:rBnGUuwA0.net
やだやだ
中国、韓国なんかとはなるべく関わりを持たないように、細心の注意を払わないと
つか、やつらが買えないように制限しろよ
マンションもそうだが、自衛隊基地を見張れる場所だの、水源だの国家安全上の由々しき問題



80: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:12:09.05 ID:wUJp0wzW0.net
家を選ぶな、隣人を選べと言う言葉を知らないのか


81: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:12:12.57 ID:TBLe/0Fb0.net
確かに高い場所なのに周りの住民のマナーが悪いとか最悪だね


86: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:12:40.75 ID:wRPu9Epz0.net
アメリカの大都市のコンドーみたいに入居・購買するときに、元の住民の管理委員会みたいなのが面接して、適格でないと落とすことを合法化すればいい


282: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:30:41.20 ID:rTuezzVi0.net
>>86
サヨク人権屋が煩い日本じゃ無理だなw


88: 名無しさん@0新周年@\(^o^)/ 2014/09/15(月) 14:12:55.12 ID:953uCZt20.net
そうやって嫌がらせをして現地の人を追い出し、そこにまた中国人を呼んで住まわせる
そういう事が何百年も前から世界中で行われチャイナタウンを形成してきたんだよね…
そしていつしか、もうずっと中国の領土であったかのように言い出す…


AIIBの野望も崩壊寸前 習政権、危険な“狂乱介入” 上海株ショック
http://news.livedoor.com/article/detail/10337056/

上海株式市場は10日午前も前日に続き大幅高となったが、強権的な株価維持策で中国市場のゆがんだ実態が白日の下にさらされ、習近平政権が失った信頼は計り知れない。取引停止中の銘柄が“時限爆弾”となり、暴落モードが長期化するとの見方もあるなか、アジアインフラ投資銀行(AIIB)で存在感を高め、人民元を国際通貨化として認めさせようという習政権の野望も、株バブルとともに崩壊寸前だ。

 上海総合指数は9日に5・8%高の上昇となり、10日午前も一時6%を超える大幅高で推移した。

上昇の背景には当局の介入があった。9日には公安当局の幹部が証券当局に乗り込んだ。 新華社電によると、中国公安省の孟慶豊(もう・けいほう)次官が調査チームを率いて中国証券監督管理委員会に出向き、同委員会と合同で「悪意のある」空売りに関して捜査することを決定。違法行為に対して厳罰で臨む姿勢を示した。

 当局のコワモテもあってか、市場は反発したが、実際には上海証券取引所のショートポジション(売り持ち)はごくわずかで、ブルームバーグは「間違った犯人捜しに当局躍起か」と冷ややかだ。
 国有資産監督管理委員会は9日、地方当局に対し、管轄の国有企業が上場企業の株式を買い増した状況を毎日報告するよう求める通達を出した。株を買わない国有企業を浮き彫りにする狙いで、事実上国有企業に買い増しを迫った。

 当局は株価維持になりふり構わないが、市場に下げ止まり感はみられない。9日には上海と深センの両市場で全体の半数を超える約1600銘柄が取引を停止、「潜在的な売り圧力を抱えており、取引が再開されれば売り浴びせを受ける」(銀行系証券)と警戒する。

 共産党中央宣伝部は国内の報道機関に「株式市場の問題が政治化するのを回避し、(批判の)矛先が共産党や政府に向かうのを防げ」と指示する緊急通達を出した。

 通達は(1)株式市場と政治を関連付けるな(2)株価の上昇や下落を冷静に、客観的に報道せよ(3)株価の動向を投資家が理性的に受け止めるよう世論を導け(4)誇張せず、評論記事は慎重に発表せよ(5)経済政策の成果を宣伝し、中国経済の先行きを前向きに伝えよ-などと指示している。
 ただ、投資家が冷静さを失うほど投機をあおったのは習政権自身だ。
 週刊東洋経済元編集長の勝又壽良氏は「不動産バブル崩壊を受けて、人民日報などが株式投資をあおった責任が重い。中国政府は間違った政策を、別の間違った政策でカバーしようとしているが、中国経済の基盤が変わらないので、政策失敗による損失は拡大していく」とみる。

 損失を被った個人投資家の政府への不信感がくすぶるなか、社会秩序の動揺が現実味を帯びてきた。証券監督管理委員会前では8日、株取引で数千万円を失った投資家らが特定の企業の名前を書いた紙を掲げ、株価暴落への不満を口々に訴えた。150万元(約3000万円)損したという女性(53)は「私たちの損害の責任追及を政府にしてもらいたい」と訴えた。インターネット上では「(政府に)だまされた」との書き込みも相次いだ。

 標準的な市場経済と大きくかけ離れた中国当局の姿勢が明るみに出たことは、アジアインフラ投資銀行(AIIB)設立や現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」などの政策を打ち出し、国際金融の世界で存在感を示そうとしている習政権にとって大きな痛手だ。

 人民元をドル、ユーロに続く国際通貨にするという野望の実現も遠のきそうだ。ブルームバーグによると、野村ホールディングスの中国担当チーフエコノミストは、株価暴落を受けて、政策当局者が海外への市場開放に及び腰になる公算が大きいと指摘した。株価急落に見舞われている中国が資本自由化のペースを緩めれば、国際通貨基金(IMF)が今年行う特別引き出し権(SDR=IMF加盟国が資金を引き出す権利)の通貨バスケット見直しで人民元が採用される可能性が低下するという。

 前出の勝又氏は警鐘を鳴らす。

 「“社会主義市場経済”なるものを掲げて、国家があらゆる面で経済活動へ干渉する中国のやり方は、世界共通のルールから著しく逸脱している。世界の金融市場関係者は習政権の政策マネジメント能力に疑問を持っており、市場リスクの主役はギリシャから完全に中国に移っている」



中国人が爆買いするタワーマンション 資産価値下がるリスク            2015.05.05 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20150505_318932.html

(略)
特に、都心の一等地にそびえ立つタワーマンション6 件の価格は高騰を続け、「バブル」の様相を呈している。

 そんな中、中国人をはじめとする外国人が上層階の部屋を買い漁っているとの噂も多いが、現状はどうなっているのか。『やってはいけないマンション選び』(青春出版社)の著者である住宅ジャーナリストの榊淳司氏が報告する。

 * * *
 いま、東京都心エリアでは坪単価(3.3平方メートル)の相場観が400万円を超え、年収1000万円以下のサラリーマンには到底手が出ない新築のタワーマンション6 件がたくさんあります。

 高額マンションの需要を下支えているのは、中国など東アジア系の外国人です。大手デベロッパー関係者から、「あのマンションは3割が外国人だ」といった話を聞くこともよくあります。また一部の新聞報道によると、大手業者が全住戸の半分以上を中国人に売ってしまった大型タワーマンションの存在を指摘しています。

 外国人が購入していると思われるマンションは、新宿や池袋、六本木といった外国人にも有名なエリアや、東京オリンピックが開催される湾岸エリアが多く、広尾や代々木上原といった静かな住宅地は好まれていません。また、建物の外観が派手なタワーマンションに多く入居する傾向があります。

(略)
 もちろん、日本の不動産を所有する外国人にも、国籍にかかわらず「私有財産権」が適用されます。管理費や固定資産税などをしっかり払えば東京のマンションを買ったり売ったりするのは自由です。最近では中国人の富裕層が自ら住んだり、家族や知人などに貸したりするケースも多くなりました。

そこで問題になっているのが、中国人のマナーの悪さです。
あるタワーマンションでは、住民同士の憩いの場「パーティールーム」で、どう見ても住人ではない中国人も多数詰めかけて夜な夜な宴会が開かれ、会費を徴収するような光景が見られるといいます。
 また、住民の家族や知人が宿泊できる「ゲストルーム」の予約を中国人入居者が独占し、数万円で転貸していたという話も聞きました。マンションの規約を無視して営利目的で共用スペースを使用する中国人に対し、管理会社や管理組合は頭を悩ませているのです。


 財閥系の大手デベロッパーの中には、外国人の購入比率を全体戸数の20%以下に抑える“自主規制”を敷いた会社があるとの噂まで広まっています。業界内では暗黙の了解として「3割未満」という水準も指摘されています。
(略)
 中国人の入居者が多いマンションのリスクはそれだけではありません。彼らは飛びつくのも早い代わりに“逃げ足”も速いからです。
 投資目的で日本の不動産を購入している中国人は、バブルが弾けてマンション価格が下落傾向にブレればすぐに「投げ売り」するでしょう。もともと価格の高い上層階の価格暴落が始まれば、あっという間にマンション全体の資産価値が下がっていくことになります。

(略)

 せっかく資産価値が高い都心部のタワーマンションを無理に購入しても、投資目的の外国人によって荒らされ、しまいには大幅に安くしなければ売りにも出せない状況に追い込まれたら最後です。

 そうならないためにも、慎重なマンション選びはもちろん、契約の商談中に隣で中国語が飛び交うような物件は気をつけたほうがいいかもしれません。


全国民必読 中国人に全部買われるニッポンついに、この国はまるごとチャイナタウンになった
http://gendai.ismedia.jp/articles/-/913

 猛烈な勢いで流れ込むチャイナマネーに日本中が呑み込まれている。観光客で賑わう家電量販店や買収された企業だけでなく、その対象は不動産や株式にも及ぶ。日本は中国人に支配されるのか。

次々買われる一等地

 東京都心の一等地にある超高級マンション。ここの住人がこんな話をする。

「先日、管理人からびっくりするような話を聞きました。新棟の建築予定地とショールームの見学会に、中国人資産家の一行から『団体バスで乗り付けたい』という要望があったそうです。

 最も安い部屋で2億円、最高で5億円台というステータスの高いマンションですから、さすがに団体バスは断り、『個々の見学なら』という話になったそうです。都心のこういう立地のマンションは今後もう出ないから、投資用として買っても値下がりはないと踏んでいるのだと思います」

 上海で商社を経営する40代の中国人男性は中国にマンションと一戸建てを持っているが、日本の不動産にも目をつける。

「今回は投資目的で東京都内のマンションを買うつもりです。中国は不動産バブルで、上海にある3LDKのマンションは、6000万~8000万円と東京のマンション価格と変わらないし、環境や管理態勢は東京のほうがはるかに上。今年中に箱根に別荘も買おうと思っています」

 私たちの知らないところで、日本は確実にチャイナタウン化している。猛烈な勢いでチャイナマネーが流れ込んでいるのだ。

「池袋の8000万~1億円のタワーマンションでは中国語が飛び交っています。他では上野、葛西や大島の物件に中国の方が多いですね。一方、日本の方から『ウチの家を中国人に売ってくれ』という問い合わせも増えています」((株)ユーエスマネジメンツ代表・上島透氏)

 昨年大手不動産会社によって売り出された港区内の高級マンションの最終購入者の名簿は、中国人の名前が約2割を占めたという。担当者によれば、高層階は中国人購入者が半数近く。最も高い2億円近くの物件から順に売れたそうだ。

 いまや富裕層といえば中国人のことになった。不況に喘ぎ、資産を減らし続ける日本人に代わって、日本の土地、マンション、ブランド品などを中国人が買いまくっている。ビジネス・ブレークスルー大学・田代秀敏教授が話す。

「池袋や新宿から最近では銀座、赤坂、六本木でも相当に中国人が不動産を買い漁っています。具体的な数字はわかりませんが、私が聞いた限りでは、山手線沿線の駅周辺で中国人が不動産を手に入れていないところはないとのことです」

 都内の不動産業者によれば、中国の富裕層にはこんな買い方をする人物までいる。

「先月、六本木のビル1棟、西麻布のマンション1棟を一人の方がキャッシュで買われました。すべて合わせれば20億円以上。日本人が住居用として購入する場合は、値切ることが暗黙の了解になっていますが、彼らはそれすらしない。買い方が違うんです」

 さらにこんな事情もある。深せんで貿易業を営む50代の中国人男性が話す。

「中国では価格高騰を抑えるために3軒目の住宅購入が禁止されたんです。いつ乱高下するかわからない株式に投資するのは馬鹿らしいですから、私も西麻布のマンションを1億円で購入することにしました」

「庭にある木を売ってくれ」
 実は中国に「不動産」という言葉はない。『ソフトブレーン』マネージメント・アドバイザー・宋文洲氏が語る。

「日本の不動産は財産として保有できるから魅力的なんです。中国では個人で不動産を買っても、使用権が得られるだけ。使用権を転売することで利益を得ることはできますが、お金に余裕ができれば自ら不動産を所有したいという気持ちになるものです」

 マンションにせよ、株にせよ、中国相場は全体に過熱気味だ。バブルが崩壊する前に、価値の安定した日本の不動産に投資し、資産を分散させる狙いが背景にある。

 中国人の不動産熱は日本全国に広がっている。7月、家具販売の大手ニトリの子会社『ニトリパブリック』が、北海道千歳市に中国人富裕層向けの庭付き木造2階建て別荘地を造成した。一区画380㎡で、土地が1000万円、建物が2000万円弱、家具や電化製品が400万~500万円。合計で3400万~3500万円という豪華物件。ちなみに、すぐ裏手で分譲販売されている土地の価格は100坪で400万円だ。

「昨年7月ごろ、ニトリと繋がりのある中国の富裕層の方が北海道旅行に来られ、自然環境を非常に気に入られたんです。行動の拠点として別荘を持ちたいということで、早速、候補地の検討に入りました。宣伝は一切行っていませんが、事業を固めた今年2月の時点で全17戸が完売しました」(同社広報)


 購入者は商社や繊維関係の事業主など。上海や青島など本社所在地はさまざまだ。

 同社は第2期の売り出しも検討しており、注文がまとまれば、候補地を探し40、50という単位で建設していくという。

 こんな意外なものまで中国人に買われている。福岡県内の造園業者が話す。

「中国人の業者とは昨年だけで5000万円の商談がまとまりました。なかには1本500万円の松もあり、中国のエンドユーザーに販売されるときは5000万円になるそうです。樹齢の長い古木で枝振りのいいものが中国の富裕層に好まれることから、業者が買っていくんです。最近では、いきなり中国人が現金を持って現れ、『1500万円出すから庭にある木を売ってくれ』と言ってきた。中国の好景気は我々のような業者には追い風です」


ソニーも三菱も買っちゃう
 ラオックス、レナウン、本間ゴルフなど、企業自体もチャイナマネーのターゲットになっているのは報じられている通りだ。

 民間コンサルタント会社の集計では、'09年の中国企業の対日投資は前年の約4倍。今年はさらに数倍になると見られている。買収や提携は今後も増えていくだろう。前出の田代教授が話す。

「中国政府は、『日本経済のバブル形成とその崩壊』『日本企業の株の持ち合い』などのテーマについて研究を続けてきました。ですから、'80年代に日本がアメリカで土地やビルを買い漁ったことも、その結果、日本経済がどうなったのかも知っている。中国人はかつてアメリカで叩かれた日本のようにならないよう慎重に、日本から反感をもたれないよう資本を入れています」

 '07年に中国が設立した政府系投資ファンド『中国投資有限責任公司』の社長が一昨年に来日した際、こんな言葉を残している。

「頼まれれば投資します。頼まれなければしません」

 日本企業が経営難に陥り、頼ってくるなら買ってやるということだろう。

 事実、中国政府関係者は次のように話す。

「日本の中国への関心は非常に高いが、中国では日本への関心はない。GDPで日本を抜くといっても、話題にも上らない。我々にとって日本は資産の逃避先にすぎないんです」

 デフレで物価の低迷する日本は溜め込んだ外貨の運用先として「狙い目」だということだろう。中国ファンドによる日本の上場企業株式の保有も静かに進んでいる。3月期の有価証券報告書によると、巨大投資ファンドが、日本の大企業の株をそれぞれ1%前後に合わせて買っていることがわかった。

 ソニー株の保有数を見ると、'08年3月時点で930万株、'09年3月で1000万株を超え、今年3月には1200万株(資産額約439億円)を超えている。通常、匿名ファンドであれば、自分たちが大株主だとわからないように小口に分けて買い進めるが、信託銀行『SSBT』を使った巨大ファンド名には、「China」という正体を堂々と見せている。

 全体の保有率を抑えながらも、「日本の株式市場を支えているのは中国だ」とアピールしているようだ。また、『SSBT』は三菱UFJFG(1.25%)、三井住友FG(1・28%)、みずほFG(1.04%)の3大メガバンクの大株主になっているところにも強かな計算が見える。

 では今後、どの業界が買収対象となるのか。中国人エコノミストが明かす。

「中国では2012年に自動車の生産を年間2500万台にする計画があるので、マツダや三菱自動車などはM&Aの対象として考えられる。また、大手ゼネコンが持っている高層ビル建築などの優れた技術は欲しいところです。鹿島や大林組など、創業者一族がある程度の株を保有していて、後継者の育成が進んでいない会社を買うつもりでしょう」

日本中が「中国人仕様」
 資本家だけでなく、中流層たちも日本の資産を買い漁り始めた。7月1日、中国人向け個人観光ビザの発給要件が大幅に緩和され、富裕層に限られていた発給が中間層にまで拡大された。昨年の中国人観光客は100万人以上。観光庁は、'13年390万人、'16年600万人の来日を目指している。

シナ人客で溢れる秋葉のラオックス
中国人観光客で溢れる東京・秋葉原のラオックス本店

 典型的な中国人の観光コースは、秋葉原と銀座と富士山を巡るバスツアーだ。いまやそのすべてが「中国人仕様」になっている。

 昨年6月、中国家電量販店最大手『蘇寧電器』の傘下に入ったラオックスの本店は、秋葉原のなかでももっとも多くの中国人観光客が来るエリアだ。
「小社のトップは『日本人も外国人も関係なく買い物ができる店を目指す』と話しています。中国人来客数は昨年比で約2・5倍です。スタッフの半数以上が中国人。

 日本人スタッフには希望者向けに週に2回、中国語研修を行っています」(広報・北沢陽一氏)

 彼ら中国人観光客の多くが買い物に利用しているのが「銀聯カード」。いわゆるデビットカードで、発行枚数は約21億枚。中国の人口は約13億人なので、ひとり2枚の銀聯カードを持っている計算になる。

「共産圏のため金貸しが存在せず、クレジットカードに必要な与信を判断する材料がなかった。ただ、最近では信用情報の整備が進み、銀聯のクレジットカードも富裕層を中心に普及しつつある。いまやVISAに匹敵する国際ブランド。『金儲けしたければ銀聯カード』と言われるほどです」(カード評論家・岩田昭男氏)

買い物に向かうシナ人観光客
観光バスから降り買い物へ向かう中国人の集団

 中国から日本のウェブサイトにアクセスし、銀聯カードでネットショッピングができるようになるのは時間の問題。そうなれば、ますます・日本買い・に拍車がかかるだろう。

 家電製品を手にした彼らは銀座へ向かう。カルティエやブルガリなどの高級店を覗くと、決して店の雰囲気に似つかわしいとはいえないラフな服装の中国人が、高価な商品を吟味している。

「ウチだけではなくどの店も中国人だらけ。英語が堪能な中国人は多く、『同じものを3つ買うから値引きしろ』と無茶な要求をする客も多い」(ブランドの店員)

 中国人観光客のなかには、傍若無人な行動に及ぶ者もいる。カジュアルファッションを取り扱う人気ブランド『アバクロンビー&フィッチ』は、アジア唯一の店舗だが、ここでは中国人の若者が店内のBGMに合わせて踊り、他の客の邪魔になっていた。

 また、昼時の交通量の多い時間に、道路の真ん中でカメラを構える中国人の姿も目立つ。このような光景に「銀座の格が損なわれる」と嘆く声もあるが、銀座に勤める多くの人は"上客"を歓迎している。

 買い物を楽しんだ彼らは、富士山へ。周辺のホテルは中国人観光客だらけだ。

「富士山ガーデンホテルだけではお客様をすべて受け入れることができず、今年6月に新館を建てました。ちなみに富士山に登る方はほとんどいません」((株)シーエイチアイ東京ベイプラザホテル営業担当・和田誠氏)

 このホテルは収容客数400人。7月~9月までの予約状況は月に1万人ペースで、その約6割が中国人。ほかは台湾などアジア圏からの観光客が占めている。

 南の玄関口・福岡には中国人が船で多数訪れる。今年だけで66隻のクルーズ客船が博多港に寄港予定だ。福岡市にある百貨店『岩田屋』営業政策部営業企画担当・井上浩氏はこう話す。

シナ人の観光バスは銀座の風景
中央通りで列をなす観光バスはいまや銀座の風景として定着

「朝礼で『いらっしゃいませ』などの挨拶を中国語でも練習しています。百貨店で好まれるのは、資生堂の化粧品。衣料品では『バーバリーブルーレーベル』が人気です」

 不況に喘ぎ所得が減った日本人に代わり、"買い手"は中国人になった。膨れ上がった中国元が、日本を丸呑みにする日も近い。



外国人生活保護受給者 近年は年5000世帯のペースで急増

2014.05.31 07:00
http://www.news-postseven.com/archives/20140531_255504.html

 政府与党は来るべき人口減少化社会に備え、移民受け入れの本格的検討に入った。しかしすでに国内に多く住む在日外国人との間で、残念ながらトラブルが起きているのも事実。日常的なトラブルを克服して外国人との共生を模索する地域でも、世代の重なりと共に新たな課題が生じている。

 愛知県豊田市の保見団地は住民約7100人のうち、日系ブラジル人を中心とした外国人住民が約3200人。国内で外国人比率が最も高い地区の一つであり、1990年代には右翼の街宣車が押し寄せたこともある。日系人を支援する「保見ヶ丘ラテンアメリカセンター」代表で首都大学東京の野元弘幸准教授(多文化教育)は、「最近、表面上の摩擦は少ない」と言う。

「日本人住民が高齢化して自治会が機能しにくくなり、力関係が逆転して日本人がマイノリティになった。昔はゴミ出しや騒音などで自治会が改善を求めたが、今は文句を言うことも少ないので、住民同士の摩擦が表に出ません」

 その半面、水面下で様々な課題が生まれている。その一つが外国人住民の高齢化だ。グローバル人財サポート浜松の堀永乃代表が言う。
「高齢化で介護が必要となった親を心配し、働きに出られない世代が増えています。彼らが『楽だから』と頼るのが生活保護。堅実な日本人と違い、南米人は『今日のカネは今日使う』という価値観が主流で、人生設計を自分で立てられないタイプが多い

 厚労省によると、外国人の生活保護受給者は4万3479世帯(2011年)。1980年代以降に中国、ブラジル、フィリピンなどから来日した「ニューカマー」が中心となり、近年は年5000世帯のペースで急増している。

 日本生まれの外国人が増加し、「貧困の再生産」が生じていることも看過できない。

「日本語のできない親元で育った子供(二世)が中学卒業後、定時制高校などに進学しても勉強についていけず、結局、ドロップアウトして親と同じように工場などで単純労働に就く。彼らは日本語もポルトガル語も十分に読み書きできない『ダブルリミテッド』のため、若くして結婚して子供(三世)をもうけても勉強を教えられない。結果、学校に行かず、自宅に引きこもってうつ気味の三世が増えています」(野元氏)

 将来に希望を持てない一部の若い外国人は麻薬や非行に走ってしまう。

「このまま貧困問題を放置すると、将来的に住民や警察が手を出せない、無法地帯の『外国人スラム』が生じる可能性すらある」(野元氏)

※SAPIO2014年6月号
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する