AIIB(アジアインチキイカサマぼったくり銀行)の正体とシナの戦略と実情


http://www.e-themis.net/new/index.php より

月刊THEMIS5月号1

【国 際】
【スクープ】中国投資銀行が隠す「大欠陥」を暴く

中国が主導するアジアインフラ投資銀行をメディアは礼讃するが、実はその裏で、中国の巨大海外インフラ事業のキャンセルが相次いでいることは、あまり知られていない。中国が融資する建設資金の金利を、当初の提示額より引き上げていることがその理由だが、背景には、不動産バブルが崩壊した中国の逼迫した経済と雇用事情があるのだ。

以下記事の内容を纏めると下記のようになる
↓    ↓    ↓
  
ある財務省の元幹部は、AIIB(アジアインチキイカサマぼったくり銀行)に対する日本のメディアのシナヨイショのインチキイカサマ提灯記事に辟易する。

【日本のメディアがほとんど報じないシナの実情】
タイは、昨年12月に国内の鉄道路線建設(推定総工費約1兆5千億円)をシナから費用を借り入れることで、共同で進める事に合意したが、シナの資金がひっ迫している事を理由に、当初提示されていた金利がシナにより「4%踏みあげられた」事で、タイ経済がシナの高金利政策の搾取対象になった事に気づき、事業中止を要請した。(タイは現在水面下で、日本主導のアジア開発銀行に新規融資を打診中)

米国の裏庭、中南米のメキシコでもシナは資金をシナが丸ごと負担する条件で、シナの高速鉄道を走らせる計画を進めていたが、突然メキシコ政府がキャンセル。
理由は、シナとメキシコのペーニャ・ニエト大統領の賄賂疑惑とシナの高金利政策に対する野党や国民からの強い批判を浴びたため。

怒ったシナは両国に対し圧力を掛け、メキシコに対しては補償金請求をチラつかせて恫喝したがメキシコもタイも動かず。

シナの鉄道事業は相次ぐ大型事故のもみ消し工作が、世界中にばれてシナに対する不信感が増大中。

そして更には、世界でも有数の親シナ国スリランカでもシナ企業が進めるコロンボ沖での港湾埋め立て建設事業にストップがかかった。
これは、シナがインド洋から中東に進む(戦略的に)重要な海上ルート沿いにある。

集金屁ーにとっては、メンツをかけて進めていたものだったので、自ら乗り出してシナ離れを阻止しようと懸命に説得したが不発。

実は、シナ経済の経済成長率は公式発表(7%)は嘘で、李首相が信用する電力使用量から見れば3.6%。
国内の不動産バブルも崩壊して、国内雇用を支えた国有インフラ産業は壊滅状態。

そのため海外インフラ事業を高金利政策とセットで進めて受注し、シナ人の雇用をそちらで補おうと進めていたのだが、それが今頓挫しようとしている状態なのだ。

そこで計画を継続させるための障壁となるのが、日米主体で運営しているアジア開発銀行であり、これを潰す(特に日本に打撃を与えるのが最大目的)為に創設したのがAIIB。


しかしAIIBが文字通りアジア(特亜)インチキイカサマぼったくり銀行だと見抜いた日米が揃って参加を見合わせた為、シナが日本で配下の工作員を総動員してカスゴミやメディア、反日議員を使って「バスに乗り遅れる」「世界から孤立する」の大合唱を連呼して安倍政権に圧力を掛けようと企んだがこれも失敗。

シナは今、実は対外債務1兆ドルを抱えており、表面上は外貨準備高3兆9千億ドルを持つとふんぞり返っているが、実態はシナの崩壊を恐れた外資による外貨流出が増加中で、ここにFRBが金利引き上げをすると膨大な対外債務も更に増え続け、とてもAIIBに出資するどころではなくなるのが現状。

そしてここが重要なのだが、AIIBの融資外貨は米ドルであって人民元ではない。
国際的に三流通貨の人民元は、国際通貨ではないのだ。(円は国際通貨である)


つまり国際通貨を持たない借金国が自由にできる国際金融機関を持つという事自体が全くの常識外れ、非現実的と言える。

ここにきて焦った集金屁ーは、工作員には「日本孤立論」を日本国内で流させる一方で、日本政府に対し「AIIBの副本部を東京に置き、日本人の副総裁を出して欲しい」と密かに打診してきている。

つまり日本の持つ外貨を大量に懐に入れようと、恥も外聞も捨てて(でも対外的には勿論秘密)日本に泣きついている状態。


果たして、売国奴たちがこれからどう取り繕って(どうせシナが懐の深い姿勢を見せて日本に歩み寄ってきたとでも報道するのだろうが)、世論工作の為の声を上げるかが見ものである。

(ここまで)

金融後進国・中国主導の“三流”国際金融機関AIIB、日本は急いで参加する必要はない
http://biz-journal.jp/2015/04/post_9592.html
シナ人民大会堂
アジア地域でインフラ整備を支援するために中国が主導して設立を目指しているアジアインフラ投資銀行(AIIB:Asian Infrastructure Investment Bank)。その創設メンバーになるための申請期限を3月末に迎え、東南アジア諸国連合(ASEAN)10カ国や先進7カ国(G7)では英国、ドイツ、フランス、イタリアを含む54カ国・地域(11日現在)が参加を表明している。
 日本は現時点で参加に後ろ向きな姿勢をみせているが、このAIIBをめぐる財務省や外務省を含めた日本政府の対応の遅さに(シナの提灯記事を連発するマスゴミや野党から)批判が集まっている。

 筆者の見解としては、日本は参加を焦る必要はない。日本の対応の遅さを指摘する声も多いが、実は政府内では数年前からAIIB参加をめぐる検討が進んでいたことはあまり知られていない。
 前述の通りAIIBは中国主導の国際金融機関である。国際金融機関は、海外での活動において相手国政府との関係などで民間金融機関では情報収集がやりにくい分野で存在意義がある。また、単純に公的な金融活動であるとともに、一国の外交戦略の一環でもある。その意味で、各国の国益がぶつかり合う場でもある。

 AIIBは、昨年BRICS5カ国(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ共和国)が新興国などへのインフラ開発支援を目的として設立した新開発銀行と並んで、欧米主導のIMF(国際通貨基金)・世界銀行体制への挑戦と受け止められている。AIIB、新開発銀行はともに中国が主導しているが、特にAIIBは中国だけで出資の半分を占める予定であり、ガバナンスの点で大いに問題がある。

 具体的にいえば、AIIBは本部に各国の政府代表者を理事のような形式で常駐させることはしない。融資計画の方針は先決されて、一定期間の後にその成否が各国代表によって審査される。つまり、AIIBの融資について理事会の関与がほとんどないのである。極端な話であるが、中国政府がある国へのインフラ投資を政治判断したら、AIIBはプロジェクトの採算性などを度外視して融資することも十分に考えられる。例えば、北朝鮮に融資された場合、日本の経済制裁が尻抜けになり、日本の国益を損なう可能性もある。


 にもかかわらず、G7加盟国でもある欧州諸国が参加するのは、あからさまな現実主義にほかならない。目先の中国の成長は魅力的であり、中国との関係で実利をあげようとしている。
 
 中国がしたたかだったのは、アメリカのオバマ政権がレームダックになって一番弱体化している時を見計らい、かつアメリカと微妙な関係になっているイギリスの取り込みにも成功した点だ。オバマ大統領はイギリスのチャーチル元首相の植民地政策を批判していたので、イギリスとの関係は従来ほど強固ではないのも見透かしていた。イギリスを落とせば、他のヨーロッパ諸国や英連邦諸国を芋づる式に取り込める。イギリスのウィリアム王子が3月に訪中した段階で勝負があった。アメリカは外交政策で失敗したのだ。

●日本の取るべき選択肢
 たしかに、そうした外国事情はあまり首相官邸に上がっていなかったもようだ。この点は、財務省の落ち度だが、今焦ってAIIBに参加するのは、もっと日本の国益に反することになる。長い目でみれば、AIIBに一定の関与をするのは外交戦略上当然であるが、現時点では焦る必要はないというのが重要なポイントだ。
 中国の金融システムは金利の自由化すら終了していない途上国並みの未熟なもので、国際金融業務のノウハウもない。いずれアジアで実績のある日本に水面下では協力を求めてくるはずだ。その時点で理事会が実質的に関与できるかどうかを見極めてから参加しても、遅くはない。

 さらにいえば、アメリカと日本が参加しないのは、AIIBにとって致命的な欠陥になる。
 
 なぜなら、AIIBは中国が後ろ盾になるわけだが、それはAIIBの格付けが中国と同等になるということを意味する。現在、中国の格付けは、トリプルAのアメリカ、ダブルAの日本より下のシングルAで、韓国より低い。つまりAIIBはせいぜいシングルAクラスであり、トリプルAである一般的な国際金融機関と比較して三流といってよい。

 これはAIIBの資金調達コストが高まることを意味し、AIIBの貸出金利が高くなり、日米が主導するアジア開発銀行(ADB)と競争しても分が悪くなる。このため、中国は必ず日米に参加を求めてくるはずだ。その機会を狙って、理事会が実質的に関与できることを確約できた時に初めて日本は参加すればよいというのが、国際金融の現場を踏まえれば日本の取るべき選択肢といえよう。
(文=高橋洋一/政策工房代表取締役会長、嘉悦大学教授)




中国の資源投資はすべて失敗 AIIBに借金を押し付け
http://thutmose.blog.jp/archives/27461897.html
アフリカでのシナの主な進出状況

中国は経済成長の波に乗って、世界各国に資源投資してきたが全てが失敗に終わっています。
資源価格が高騰した時に投資して、価格暴落で大損をしています。


中国の対外投資

中国が創設するアジア投資銀行を巡って、中国が『中華経済圏』
を作り経済覇権を握ると騒いでいます。

中国の国外投資と言えば10年ほど前から『資源投資』を世界
で行い、世界の資源を買い漁っていた。


だが、中国が今まで国外で行った大型資源投資はことごとく失敗している。

日本の経済解説者とマスコミは「中国は資源覇権を握った」
と大騒ぎしたが今は黙っている。

資源投資は全て失敗に終わったので、触れて欲しく無いのです。

そして今、日本のマスコミと経済学者は「中国はAIIBで金融覇権を握った」と同じように騒いでいます。

はっきり言ってテレビに出ている経済専門家は大嘘つきだし、
中国の『資源投資』をあれだけ褒め称えたのを隠している。

そんな中国が今度は欧州各国から金を集めて、アジアでインフラ
投資を始めるというから、もはや笑うしかない。

資源投資の失敗

2000年以降石油や鉱石などの資源価格が右肩上がりに上昇
し、留まる事がないように見えた。

資源価格上昇の原因は中国の経済成長だと説明された。

中国人の生活水準が先進国と同じになるので、資源需要は
10倍、100倍にもなるだろうと専門家は予測した。

中国は世界各地の油田や鉱山を買収に乗り出す”資源エネルギー
戦略”を推し進めた。

日本はアフリカや中東の買収合戦に出遅れて、『中国に覇権を握られた』とマスコミは大騒ぎをした。

今からつい数年前の事で、現在AIIB(アジアインチキイカサマぼったくり銀行)で
騒いでいるマスコミの言い方とそっくり同じです。

その後何が起きたのか、あらゆる資源価格が暴落し、中国が
買収や開発した資源開発は全て赤字を出している。

代表的な例がオーストラリアの鉱山で、資源暴落の結果、
国ぐるみ破産の危機に瀕している。




中国の対外投資は失敗の連続
2013年末の中国鉱業聯合会報告書によると、中国が外国で
行った鉱山投資の8割が失敗した。

また最近までアフリカ各国で資源投資を行ってきたが、全てが
失敗に終わりました。


中国の対アフリカ投資は『経済植民地政策』と呼ばれる独特の
スタイルで、相手国からの反発も大きかった。

資源価格が暴落したので投資した資金は回収できていません。

このように中国の海外投資は上手く行っていないのに、今度は
AIIBでアジア投資のリーダーになるという。

失敗のツケを参加国になすり付けようという意図が見える。

海外投資で最近中国を困らせている事がもう一つあり、肝心の
外貨が減ってきている。

中国への投資は近年激減していて、毎年2桁減少している。

何の努力もせずに外国からお金が入って来たので、それを
元手にドルを買って外貨を増やしていた。

金の成る木が枯れてしまい、外貨準備も減少している。

日本の外貨準備は正真正銘の資産だが、中国の外貨準備は対外
債務もあるので、現実には使えない、存在しないお金です。

中国の外貨準備は約450兆円で、300兆円に満たない
日本より断然多いが、現実には使えない。

中国の対外債務は約100兆円で、隠し債務が同じくらいある。(つまり実質200兆円の債務=世界一の借金大国)

外貨準備は外国資本の流出のため、今後5年間で(更に)200兆円
減少する可能性があると指摘されている。


現在でも実際の外貨準備は日本の方が多いし、
今後数年で外貨準備が底をつく可能性すら指摘されている。




参加料3600億円という中国「AIIB」に日本は敗北したのか!
http://blog.livedoor.jp/corez18c24-mili777/archives/43807091.html


1: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/
 国際機関の看板を掲げながら台湾を締め出すなど、さっそく「本性」を現し始めたAIIB。日本が参加しないのは失敗だったなどと批判もあるが、中国がやって来た援助は我田引水と環境破壊のオンパレードである。参加見送りはむしろ日本の「良識」か。

 「日本外交の敗北」「アジアで孤立」など、まるで太平洋戦争前夜のような騒ぎなのである。中国が提唱する「アジアインフラ投資銀行(AIIB)」の設立メンバーが、3月一杯で締め切られた。同行には50もの国が参加を表明したが、日本とアメリカは見送りを決めている。これに対して、朝日新聞や日経新聞、それに野党からも厳しい声があがっているのだ。それにしても、AIIBがこれほど注目されるのはなぜなのか。

 経済部記者が言う。 「同行は世界銀行やアジア開発銀行(ADB)と同様に、途上国のインフラに資金を提供するのが役目です。アジアでは、2011年から20年までに約8兆ドル(960兆円)の資金需要が発生するとされていますが、世界一の外貨準備高を持ちながら、中国は世銀や、日本の財務省がガッチリ押さえるADBで主導権を取れなかった。そこで、日米に挑戦する形で提案したのがAIIBというわけです」


 この銀行、名前こそ国際機関だが、まるで中国の銀行のようだ。「資本金は当初500億ドルですが、中国政府がAIIBの4割~5割の資金を出す予定で、本部は北京の金融街に建設している。初代の総裁も元財政次官の金立群氏が就任すると言われているのです」(同) 当初、日本政府はこれを脅威とは考えていなかったという。経営が不透明で参加する国は少ないと見ていたのだ。ところが3月12日、それまで不参加とみられていたイギリスが手を挙げるとフランスやドイツが雪崩を打って参加を表明する。

 政治部の記者が言う。「これは明らかに外務省と財務省の情報不足でした。習近平は2年前にAIIBの構想を明らかにしていますが、水面下でイギリスに周到な工作を仕掛けていたのです。ご存じのように、イギリスのキャメロン首相は13年12月に中国を公式訪問し、昨年3月にもハーグで習近平と会談をしている。ここで、イギリスを落とすために、中国は相当踏み込んだ交渉を持ち掛けていたのです」

 この問題を取材してきた産経新聞特別記者の田村秀男氏によると、「中国はAIIBへの参加と引き換えに、ロンドンの金融市場で人民元の決済センターを作ることを取引条件にしたといわれています。イギリスは人民元の決済機能を誘致することで国際金融センターを維持したい。そして、中国もいずれは人民元をドルのような国際決済通貨にしたいはず。両者の実利が合致したということでしょう」

 欧州の中でもイギリスを崩せば他の国もついてくるという習近平の読みは的中する。あとは、米国に近いアジアの主要国をどう籠絡するか。ターゲットは韓国だった。「中国は北朝鮮の参加を断っていますが、当初、韓国に対して北朝鮮への投資は大丈夫だと伝えていたのです。総会で追加承認されるだろうというメッセージを送っていますから。これは、北朝鮮のインフラビジネスをやりたい韓国にとって願ってもない話でした。そして、3月26日、韓国も駆け込みで参加を表明するのです」(同)


2: ロンメル銭湯兵 ★@\(^o^)/
(>>1の続き)

 締切日の31日、安倍首相は財務省の山崎達雄財務官と浅川雅嗣国際局長、そして外務省の長嶺安政審議官を官邸に呼びつけてこう叱責したという。「どうなっているんだ。君らの情報は間違っていたじゃないか!」出遅れた日本は、6月の日中財務対話の場で、追加の参加表明をする可能性が残されているが、そうなった場合は完全に中国のペースだ。

「ここで日本が参加すればGDPの規模からして3%の1800億円は出さなくてはなりません。しかも、資本金は2倍の1000億ドルに引き上げられますから3600億円の拠出を迫られることになる」(田村氏)今からでも遅くないから多額の参加料を払ってAIIBに参加するべきなのだろうか。

 ■日米を取り込みたい

 だが、押っ取り刀で参加するのは余計に危ないと指摘するのは先の田村氏だ。「中国がAIIB設立を急ぐのは、国内がバブル崩壊寸前になっているからです。巨額の外貨準備を保有しているといいますが、資本がどんどん逃げ出しており、昨年12月までの半年で外貨準備高が1500億ドルも減っている。これは大変なペースです。そのため、中国は借り入れを増やし、世界最大の借金国に陥っている。そこで、アジアのインフラ建設をぶちあげ、資金集めに乗り出したのがAIIBの正体です。そこに、国内に溢れる過剰設備、過剰人員をドーンとつぎ込みたいというわけです」

 ジャーナリストの青木直人氏も、AIIBは環境破壊を輸出しかねないと警戒する。「ADBは環境破壊につながる開発や独裁国家に対して融資を認めません。審査も厳格です。AIIBはそれを省いてしまおうと狙っているのです。90年代にADBの主導で始めたメコン川の流域開発では中国も参加したのですが、上流の中国国内でどんどんダムを作ったものだから環境破壊につながった苦い経験がある。それでなくとも中国のODAは数々の開発が問題になってきました。うっかり乱開発に巻き込まれたら日本まで批判の矢面に立たされる危険性があります」

 意思決定はメールのやりとりだけとするなど、共産党の決定を追認するだけの銀行になるという懸念も払拭されていない。それもあって日米が参加しなければトリプルAの格付けが取れないとも言われているのだ。

 だから、と拓殖大学教授の富坂聰氏が言う。「中国は債券の格付けを上げるために、今も日米を取り込みたいと考えています。これに対して、日本はAIIBが本当に利益になるのか、時間をかけて見極めてからゲームに参加できるようにしておいたらいい」 切り札となるスペードのジャックは、まだこちらの手にあるのだ。 (おしまい)

37: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>1
すでに、最初の会議で
メディアへの情報公開を中共が参加各国に
やるんじゃねぇーと
脅しをかけたからな。

39: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>1
それなら3600億円日本からのひも付きODAでインフラ支援やった方がマシだろう
今ならネパールでもいいけど

41: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>39
GJ!

まさにその通りだよな。
エタイの知れない闇金に3600億円のカネを投ずるぐらいなら、日本独自に融資展開に使えよ。

97: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>1
>「どうなっているんだ。君らの情報は間違っていたじゃないか!」

英国始めEU組の首脳も官僚におなじこと言っているんじゃないか?
「どうなっているんだ。日本は参加すると言っていたじゃないか!」

6: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
去年立ち上がるはずだった新開発銀行(旧BRICS銀行)は何処に消えたんだろう?
やりたい事が同じだよなwww

7: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
参加料って言うけど、日本が入札出来るのなんて0.05%以下だと思うぞ

10: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
だいたいADBがあるのに同じようなAIIBをつくったんだから疑ってかからないと

中国のドル集めの銀行なんでしょ

12: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
むしろイギリス、ドイツが判断間違ったんじゃね

14: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
入口ドアの開いたバスが逃げても逃げても追いかけてくるんだ

15: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
日本が参加したら 詐欺的な AIIB に信頼できる国際金融銀行というお墨付きをあたえてしまう

16: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
AIIB不参加は国民の意思

18: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
参加料は後々何兆だろ
自国の不良債権処理を日本にやらせようとしたんだろ
協力するのは構わないけど上からじゃ無く百回土下座してこい

19: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
参加しろって言ってるのは売国政党とマスゴミだけだろ

20: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
中韓だけは情をかけたらダメ。勘違いするから。

21: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
細かい話は抜きにしても仕切ってるのが中共ってだけで話しにすらならん(-ω-)中共が自国の為以外に色々ちゃんとやると思うか?正味話しにすらならん 

26: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
そもそもなんで中共は日本参加すると思ったん?
安倍×麻生なんて鬼門もいいとこじゃん

27: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
日本の常任理事国入りは反対する。尖閣には侵略の意図を明らかにさせている。
レアアースは禁輸措置で嫌がらせをする。反日やっといて経済が悪くなったら助けろとか
有り得んだろ普通。まずADBの借金返せよ。恥知らずにもほどがあるわ。
どうせ日本は出資率のわりに受注なんかできないに決まってる。入る必要がない。

28: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
経済界の中でもほぼマスゴミだけが参加を希望していると言う異様な状態。

35: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>28
ファンドで企業、個人も投資できるって記事が出たら静かになったよw

30: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
ADBも融資枠と融資基準を少し緩和するみたいだし、AIIBが扱うのはさらに危険なクズ案件ばっかになるなw

33: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
AIIB不参加は国民の意思

34: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
素人でも日本がAIIBに入るのは馬鹿だとわかる
参加を煽るマスコミはマスゴミとして認識されるw

42: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
敗北だとか勝利だとか言うには時期尚早
日本は米国と共にADBの機能強化と改革に力走すべき時

47: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
中国政権ひっくり返ったらどうなんの?
軍部クーデターなんて成ったら人民元なんぞ紙屑よ

50: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
早くバス出せw
出資額で必ずインドと揉めるところが見たいwwww

51: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
日本
「えっ?!参加するだけで、3600億円もいただけるんですかw(ゲス顔)」

54: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
万が一にアメリカが参加したとしても日本が参加するこたない
アメリカと違って日本は「アジア枠」での参加だからな
メインの搾取対象にしかならん

60: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
国家予算100兆円弱の国がたかだか3600億円でガタガタ騒ぐな!
バスは行かせておけばいい。行けるものなら。
乗る必要が出たら踏み潰して新しバスを仕立てればいいだけさ。

62: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
イギリスのHSBCは海外に逃げると政府を脅してるのに。

63: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
ドルへの挑戦とかっていう論調は最近すっかり影を潜めたね。

68: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
アフリカへの資源投資みれば中国のやりそうなことは想像つくよね。

69: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
>>68
支那の内需拡大に使うんでそ

72: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
3600億をネパールにくれてやった方がマシwww

75: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
イギリスはアメリカ寄りの外務省は反対したけど
中国寄りの財務大臣が強引に参加を決めた

77: 日本人@\(^o^)/
特亜3カ国が絡んだ時点でたっとうな組織にはなりえない
踏み倒されるか不良債権化か借金背負わされるかのどれか

80: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
金遣いの荒い劣等国家が57も集まって、どうするつもりなんだ?

81: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
参加すると天下り機関も増えるから
やりたがる奴等もいるんだろうな

82: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
AIIBはぼったくり銀行。不参加が正解。

83: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
参加料だけで3600億とか舐めすぎわ
年会費入れたら1兆じゃ効かないだろ

86: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
入らずにADBの対中融資および有償ODAの取り立てを粛々と進めるだけ

89: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
要するに無担保で投資しろって言われるてるようなもので、
鼻で笑って受け流す以外相手にする必要がない

90: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
罰ゲームやってやるから参加しろとか 場末のチンピラ芸人じゃないから ( ゚ω゚ ) お断りします

91: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
これほど簡単な賭けはないわ

92: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
消費税を上げてしまったし、日本の納税者が許さないだろ

95: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
大体が中韓だけ見てたら世界の流れを見うしなうぞ

98: (´・ω・`)(`ハ´  )さん@\(^o^)/
経済力こそパワーの源
ミサイルは使いにくいが経済力はいつでも有効
だからこそ中国も寄ってくる

経済力をうまく使わないとな日本は



A    アジア 

I     インチキ

I     イカサマ

B    ぼったくり銀行



スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する