スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

大阪都構想のメリットとデメリット 



大阪都構想のメリットとデメリット  MBS公式より(動画)

http://www.mbs.jp/voice/special/archive/20141022/

以下、http://mjdsk.jp/1430 より

はじめに、大阪都構想のメリットを箇条書きにしてみます。


○現状では大阪府知事と大阪市長の2人がそれぞれ広域行政を担当していて、長期的視野にたった広域行政・経済成長戦略の実行が困難だが、大阪都知事に権限を集中することで、長期的な成長戦略を立案し実行することが出来る。

二重行政が解消して、財政健全化が進む
 ←上の動画によると現在はさほど期待してない模様

特別区区長の権限を強化することで、行政が迅速化し住民サービスが向上する

東京一極集中が解消して、日本の経済に活気を与えることが出来る

その他、大阪都に権限を集中させることで、様々な政策を迅速に立案・実現していくことができる


このように、大阪都構想のメリットの根幹にあるのは、「二重行政の解消」と「大阪都知事の権限強化」です。

また、大阪都構想の特徴は、「大阪都知事への権限集中」と「特別区区長の権限強化」だと言えます。

身近な例であれば、これまでは大阪市民の要望を区長に伝えても、区長には決定権が無いので、区が大阪市・大阪府にお伺いを立て決定してもらい、それからやっとその要望が実現される、と言う風に行政サービスの遅滞化が問題になっていました。
大阪都構想が実現すれば、大阪市を5つの特別区に分けてそれぞれの特別区長の権限を強化するため、より迅速な住民サービスを提供することが可能になる、と考えられています。
この点については、こちらのWebマンガが分かりやすく、おもしろいのでおすすめです。
また、現状では、大阪府知事の権限・影響力と大阪市長の権限・影響力が拮抗していて、これまで大阪では事ある度に、両者が対立してきました。
そのため、大阪全体として長期的な視野に立った政策を立案・実行していくことが難しかった、という経緯があります。
現在は、松井大阪府知事と橋下大阪市長が共に日本維新の会ですから、当然、政策も一致していて行政や改革をしやすい状態にあります。
しかし、別の府知事・市長に今後なった場合に、大阪の政治が遅滞するという事態になることが考えられます。

大阪都構想が実現されれば、大阪都知事に権限が集中するため、このような対立が生じ得ず、大阪の政治が円滑に進んでいくと考えられています。これも大阪都構想の大きなメリットの1つです。
また、大阪都知事に権限が集中することで、大阪の成長戦略を立案・実行を大々的に行う事ができるため、次のような政策を実現できると橋下氏は考えています。
大阪を国際エンターテイメント都市にする大阪万博の実施カジノ誘致フォーミュラE誘致・・・・etc,

などなど、強化された権限を持った大阪都知事の下、トップダウンで大阪の成長・発展をしていくことが出来る、と日本維新の会は主張しています。これも、大阪都構想のメリットと言えるかもしれません。以上、大阪都構想のメリットをまとめれば、「二重行政を解消することで財政難の解消、行政サービスの改善・迅速化を達成し、大阪都知事に権限を集中することで、大阪をさらに成長させていく」というふうになるかと思います。

このように、大阪都構想のメリットだけに着目すると、大阪都構想、ええやんけ!となりますが、物事にはオモテウラがあるので、デメリットもたくさんあるようです。
大阪都構想のデメリットと反対派の意見

大阪都構想推進派の日本維新の会に対して、自民党大阪府支部連合は徹底的に反対の姿勢です。様々なデメリットを示し、大阪都構想に真っ向から反対しています。まず、大阪都構想のデメリットを箇条書きにしてみます。


●「大阪都構想実現で二重行政が解消することによって、年間4,000億円の支出節約になる」との主張があるが、実際には検証したところ支出節約効果は30億円程度と、効果は限定的。

一方、都構想実現にかかる費用は800億円と莫大な金額。

二重行政は、大阪都にしなくても解消する。府知事と市長が連携すればよい。

都構想の実現であらたに5つの特別区が作られ、それぞれに議会・教育委員会等を作る必要があり、議員の数も増えてしまう。

住所が変わるため、企業・住民に負担になる。

財政難は都にしなくても解消可能

特別区ごとに住民サービスの格差が出るし、手続きが煩雑化する。


などなど、デメリットを挙げ出したらキリがありませんよ!というのが、自民党大阪府支部連合のスタンスです。
反対派の主張の根幹にあるのは、今のままの制度でも、大阪の改革は出来る
という考え方です。徐々に改善していけばいいじゃないですか、というものですね。
確かに、住民サービスの向上・迅速化は、別に都構想を実現しなくても、コツコツとやっていけそうですし、二重行政の解消によって本当に年間4,000億円の支出が節約できるの?という疑問はもっともです。

いままで4,000億円も無駄なものに使っていたの?本当に?という話になるからです。さすがに政治家・公務員もそこまでバカではないのでは?と思うからです。

ただ、「二重行政は、大阪都にしなくても解消する。府知事と市長が連携すればよい。」という反対意見の、「府知事と市長が連携すれば良い」というのは理想論であり、実際これまで対立があったことを鑑みると、難しいのかな、と考えます。
と、ここまで大阪都構想のメリット・デメリットを整理してきましたが、ここで、橋下徹氏が大阪都構想になぜココまで拘るのか?という点について分析してみます。

大阪都構想の本当の目的
大阪都構想についてメリット・デメリットをまとめてきましたが、印象としてはデメリットの方が大きいのでは?と私は考えます。それ、都にしなくても改善できるんじゃないの?
というポイントが結構あるからです。

ですが、橋下氏は大阪都構想に向けて猛烈に進み、異常なまでにこだわっています。その理由は何でしょうか?

その理由は、橋下氏は、大阪都知事としての強権を発動して大阪を大変革したいからというものだと私は考えます。

橋下氏が大阪府知事になった際、当時の大阪市と対立したという経緯があります。その経験から、「このままじゃ大阪に変革は起こせない」と考えたのではないでしょうか。大阪市長という府知事(都知事)に匹敵する力を持つ存在を消し、大阪都知事に権力を集中させる。
そして、自分が大阪都知事になって、大阪をドラスティックに変革しまくる。橋下氏は、コレがしたいのだと思います。
また、大阪「都」構想には、東京に対するライバル心も見え隠れします。
いつまでも、大阪が東京に次ぐ2番手の都市でいる、ということに我慢できないのではないでしょうか。
だから、大阪府ではなく大阪「都」にして、日本にはトップの大都市が2つあるという認識を持たれたいのでは?と考えます。

さらに言えば、大阪都構想を実現し、自ら大阪都知事として改革の手腕を振るって成果・実績を出したあとは、国政でも同じようなことをするのではないか?と予想します。つまり、内閣総理大臣の座を淡々と狙っているのです。大阪都構想の実現とその後の改革の実行は、内閣総理大臣に向けた布石となるわけです。

そして、大阪の次は、日本を改革していく。
橋下氏は、ここまでイメージが出来ているのではないでしょうか?橋下氏が大阪維新の会を立ち上げ、国政に参戦した当初、
橋下氏への国民の期待は相当なものでした。
大阪都構想を実現し、実際に大阪を成長・発展させることに成功した場合、再び、橋下氏への期待は急激に高まることになります。
そうすれば、国政選挙での過半数での勝利も見えてきます。
橋下氏は、政治家としてはまだまだ年齢が若いですから、これくらいの長期的なビジョンを持っていてもおかしくありません。
大阪都構想の住民投票(5月17日)が近づくにつれ、橋下氏のメディアへの露出も増えてくると思いますから、橋下氏の動向に注目したいです。

個人的には、大阪都構想という大実験を見てみたい、その後に橋下氏が大阪をどうやって大躍進させるのか?を見てみたい気がします。
あなたはどう思われますか?



週刊アサヒ芸能

よりの、記事をまとめると
現在、大阪都構想のアキレス腱になりかねないと懸念されているのは西成区の編入先。
同区には、かの有名な「あいりん地区」と「飛田新地」がある。

現在の区割り案では、大阪市5つの特別区に再編されるのだが、西成区は中央区、天王寺区、西区、浪速区と共に新・中央区に決まっている。

これに対してそれぞれの区の住民から反対の怒号が飛び交った。
「西成区とは、【一緒になりたくない】」と言う声が多かった。
あいりん地区=西成区のイメージが定着しているため隣接する区民が拒否反応を示した。
特に高級住宅街がある阿倍野区の拒絶は激しく、同区選出の現職府議は落選し、市議も4人区の4番目にギイリギリで当選だった。


大阪市阿倍野区府議選
大阪市阿倍野区市議選



一方、西成区の住民は都構想に賛成だが、同区に会社がある経営者は反対したという。

何故か?

「下水工事を例にとると、今までは、仮復旧と完全復旧と大阪市と府でそれぞれ別々の(地元の中小)企業に振り分けが出来ていたが、都構想では都の一括発注になるから(他所の)大企業が参入してくる。西成区には建設会社が多いからそれは困る。


更に今の時代、どこの建設業者も自前で寝泊まりできる宿を作って、良い人材を住まわせるから基本的に人手に不自由はせえへん。だから手配師を使って西成の日雇い労働者を集めるのは、余程の大工事の時だけだろうて。西成の労働者は高年齢のモンが多くて、重いものは持てんし現場では使いものにならん。仕事をする気も無いからサボってばかり。」


また、あいりん地区の貧困ビジネスに携わるモノにとっても死活問題となる。
「西成には、昔から仕事にアブレタ時に支払われる通称【アブレ手当】と呼ばれる『印紙』=金がある。貧困ビジネスでは、労働者を自分のボロ宿で生活させてアブレ手当を抜くわけだが、労働者にしてもそこで寝泊まりして飯も食えるから週に2、3日働くだけで生活していける。都構想になると、日雇い労働者は一掃されるから労働者も貧困ビジネス関係者も反対する」

【藤井聡】大阪都構想:知っていてほしい7つの事実

http://www.mitsuhashitakaaki.net/2015/01/27/fijii/

今年平成27年の1月,「大阪都構想」を実現するかどうかを決める,「住民投票」を行うことが決まりました.住民投票の対象者は,現在の「大阪市民」です.
そこで,過半数が大阪都構想に対して「Yes」の意思表示をすれば,投票から約2年後の平成二十九年の四月から,いわゆる「大阪都構想」が実現することになります.
──しかし,大阪市民は一体,「何に」投票すべきなのでしょうか?
実は,そもそもこの点からして,大阪市民を含めた多くの方々が,ご存じないように思います.

ついては,ここでは,「大阪都構想」についての賛否はさておき,その判断に向けて大切な,いくつかの「事実」の情報を提供したいとお思います.



【事実1】今回の住民投票で決まっても,「大阪都」にはなりません.

実は,今度のいわゆる「大阪都構想の住民投票」で問われているのは,法律的に定められた,ある協定書に対する賛否なのですが,この協定書の中には,「大阪都」という言葉は一回も出てきません.
そこに出てくるのは,「大阪府」という言葉だけです.
これはなぜかというと,今の法律の中には,東京都以外の道府県を「都」に名称変更するということは定められていないからなのです.
したがって,住民投票でこの協定書が認められたとしても大阪都は実現しません.大阪府は大阪府のままなのです.



【事実2】今の「都構想」は,要するに「大阪市を解体して五つの特別区に分割する」ことです.

さて,その協定書には,様々なことが書かれていますが,その中の最大のポイントが,この点です.
かつては,堺市や周辺の自治体も「特別区」にすることが構想されていたのですが,一昨年の堺市長選で,この都構想が堺市民から事実上「否決」されましたので,その構想それ自体が,「大阪市を解体する」ということだけになったのです.

つまり,今度の住民投票で問われているのは,この「大阪市を5つの特別区に分割すること」についての賛否,というわけです.



【事実3】年間2200億円の大阪市民の税金が市外に「流出」します.

さて,大阪市は今,数ある自治体の中でもトップランクに権限を持っている「政令指定都市」です.
ところで,政令指定都市,というのは,要するに,事業所税をはじめとした他の自治体にはない財源をつかいつつ,強力な都市計画=まちづくりの権限でもって,様々な取り組みを進める力をもった自治体です.
この強力な力こそが,大阪が関西,西日本の中心都市として発展してきた,決定的理由です.
大阪,関西の都心である大阪に手厚い権限を与え,キタやミナミ等に集中投資を行い,これをエンジンとして発展してきたのが,大阪という街であり,関西の活力の源泉だったのです.
ところが,都構想が実現してできあがる特別区には,この強力な権限がありません.
したがって,大阪市内で集められた大量の税金が,大阪市「外」に流出することになるのです.
その総額は,実に2200億円!
(※ 正確には2240億円.これは法定協議会の資料から,この数字が明確に試算できます).
もちろん,これは今,大阪市が担当している事業の一部が大阪府に引き継がれることになるので,その事業のための資金だと解釈できるのですが,2200億円の予算が大阪市外に流出し,それを現大阪市民の自治でその使い道を,現在の様に「管理」出来なくなるのは事実です.
これは大阪市民一人あたりにすると,年間約8万円.つまり,都構想が実現すると,現在の大阪市民は,一人あたり年間8万円ものおカネの使い道を,自分で決められなくなってしまうのです.
そしてそれを通して,大阪はキタやミナミをはじめとした都心の核への投資が細り,徐々に大阪の「核」が衰弱して行くことが深刻に危惧されるのです──.


【事実4】流出した2200億円の多くが,大阪市「外」に使われます.
とはいえ,大阪市から流出する2200億円を管理する「大阪府」が,そのおカネをフルに活用して大阪市(特別区)にとって良いことをしてくれるのなら,現大阪市民は,都構想によって不利益を被ることも,大阪の中心核が衰弱していくことも無い,ということになります(行政的にはもちろん,そのように説明されています).

しかし残念ながら,都道府県の財政運営の「法的常識」から考えて,そういうことは起こりそうにありません──.

そもそも,「府」が,府内の核自治体から税金を一旦吸い上げ,その後に配分するのは,「所得の再分配」といって,自治体間の貧富の格差を埋めるために行われるものです.
だから,その2200億円が,これから(千早赤阪村や四條畷市等を含めた府内の)他の自治体に回されたり,あるいは,昨今財政が厳しくなった大阪府の財政のために活用されるようになる可能性も,十二分以上に考えられるわけです.


【事実5】特別区の人口比は東京は「7割」,でも大阪では「たった3割」
とは言えもちろん,もしも大阪市の人口が大阪府全体の多くの部分を占めているのだとすれば,大阪府が大阪市(特別区)のために,手厚い行政を展開することも考えられます.
しかし残念ながら──やはりそうはならないのです.
そもそも大阪の場合は,23区民が全人口の7割を占める東京都とは真逆に,特別区民となる現大阪市民の割合は,全体のたった3割にしか過ぎません.
だから,大阪知事は,東京都知事のように,特別区の住民の意向に特に手厚く配慮しながら行政を進めていくことは,そもそも不可能なのです.
そして大阪府議会においても,大阪市(特別五区)選出議員の数は全体の約3割で,残りの7割が大阪市以外の市町村からの選出なのです.したがって府議会の議論は,東京都の様に,特別区の住民の意向を特に重点的に配慮したものとは,ならないのです.
つまり,「数の論理」から考えれば,東京都の様な,都心を特に重視した「大都市行政」は大阪においては期待できない,ということになるのです.
先ほど,大阪市から流出した2200億円のおカネは,大阪の中心核である大阪市のために使われる傾向は低いだろう,ということを申し上げましたが,こうした「数の論理」から考えても,そうなることは明白だと考えられるわけです(なお,この2200億円も,現時点での協議会資料ではそうなっている,というだけで,これからさらに拡大していくことも,十二分以上に想定されます).


【事実6】東京23区の人々は,「東京市」が無いせいで「損」をしています.
ところで,都構想について,次のような漠然としたイメージをお持ちかの方もおられるかも知れません.
(1)大阪市は今,疲弊している.
(2)東京23区は羽振りが良い.
(3)だから,大阪でも東京と同じような「特別区」にすれば,羽振りがよくなる.

しかしこれは,大きな勘違いです.それは例えば「今,一番モテている奴は,いつも髪の毛がくしゃくしゃだ.だから自分も髪の毛をくしゃくしゃにすれば,それでモテるようになる!」なんて考える様な愚かな話です.
そもそも,東京23区がもしも「東京市」だとしたら,東京都心はもっとさらに強烈な集中投資が進んでいるだろうことが明らかなのです.
もしも東京23区に「東京市」という,今の大阪市のような一つの「政令市」があったとしましょう.政令市というシステムは,その内側の都市行政を保護する「保護システム」です.したがって,政令市という保護システムさえあれば,その東京市には,今,「東京都」に召し上げられている,莫大な税金がそのまま残され,その結果,より豊富なおカネを自由に使うことが可能となります.
つまり,東京23区の住民は,政令市という保護システムがないせいで随分と「損」をしているのです .大阪都構想の賛否を考える際,この東京23区の真実も,重要な意味を持つでしょう.


【事実7】東京の繁栄は「都」という仕組みのせいでなく,「一極集中」の賜(たまもの)です.
ではなぜ,現在の「大阪市」は疲弊しているのに,現在の東京23区が豊かなのかと言えば───それは行政の仕組みの問題ではなく,そもそもの経済規模が全く違うのからなのです.

人口についても経済規模(GDP)についても,大阪市と東京23区との間には,実に四倍前後のもの巨大な格差があるのです.これは,首都東京に,あらゆるモノが一極集中していることを示しています. これが,東京23区の豊かさの秘密です.

その豊かさは,「都と特別区」という制度によってもたらされたものなのではなく,「首都」という特殊な事情がもたらしたものだったのです.さらに言うならその豊かさは,「東京市」という政令市の保護システムがないせいで,自主財源が流出し,23区民が「損」をしたとしても余りあるほどの豊かさだった,という訳です.

ところが──大阪市はそもそも,23区とは比べものにならない位の「少ない」人口と,「少ない」GDPしかありません.その結果,23区とは比べものにならないくらいの「少ない」自主財源しかもっていないのです.にも関わらず,大阪市という,政令市の「保護システム」を解体すれば,大量の自主財源が流出し,大阪市民は,さらなる疲弊に苛まれるようになることは,決定的なのです.


・・・・(以下、略)


【政治】大阪都構想への布石「西成区あいりん地区を官庁街化」に地元大揺れ
http://daily.2ch.net/test/read.cgi/newsplus/1405909542/l50

1 :幽斎 ★:2014/07/21(月) 11:25:42.09 ID:???0大阪都構想への布石「西成区あいりん地区を官庁街化」に地元大揺れ http://wjn.jp/article/detail/4689932/ 

 日雇い労働者の街、大阪西成区のあいりん地区を官庁街に--。 先ごろ、橋下徹大阪市長率いる大阪維新の会が「大阪都構想」に絡みブチ上げた仰天プランで、地元が揺れている。
  「大阪都構想による市再編で新設する5特別区のうち、新“中央区”の庁舎に西成区役所を充て、あいりん地区を官庁街にする計画を明らかにしたのです。大阪市が昨年度から取り組んでいる

西成区の活性化を目指した『西成特区構想』に沿ったもので、この動きに、労働者や地元関係者が困惑しきりです」(地元記者) 
 同地区で活動するボランティアはこう語る。  「あいりん地区の新今宮などは交通の便がよく、最近は関空からの“大阪市の南玄関”としても注目されています。そのため、ここに行政機能を置けば街が活性化し労働問題の改善にもつながるという発想なのでしょう。ただ、それにはもっと現地の実態を見てもらいたいものです」 

 昨年、大阪市は「課題解決は、地域が主体的に取り組み、それを行政が後押しする形で進める」ことを打ち出しているが、今回の案について「どう考えても地域より行政が主体」との声が多く聞こえてくるのだ。  同地区『ふるさとの家』で労働者の生活支援に取り組む本田哲郎神父の話。  「いかにも“あいりんのために”という感じですが、実現するわけがない。笑うしかないですよ。 橋下さんは、あいりんをいかに住みやすくするかというより、いかに綺麗に見せるかを優先している。 つまり阿倍野の再開発と同じことをやろうとしているわけですが、阿倍野も街自体は綺麗になったが、それが活性化につながったとは言えない。話は地元の声を反映できる仕組みを作ってからです」 

 この時期、ことさら同地区の問題を持ちだしたのは、「来春の統一地方選挙がらみ」との見方も少なくない。  「橋下さんは公明党と大げんかしたでしょ。だから社会的弱者の方を向いて理解のあるとこを見せとかんと選挙で戦えない。それだけの話」(ある大阪市会議員) 

 橋下市長の本音はどこにある? 


21 :名無しさん@0新周年:2014/07/21(月) 11:37:08.05 ID:xjT0xfgL0
現状のあいりん地区はなくした方がいいに決まってる 反対してるのは貧困ビジネスに関わるヤクザか共産党 


34 :名無しさん@0新周年:2014/07/21(月) 11:43:00.14 ID:bxTxyxRo0
あいりんは左翼の聖地だからなくなるわけないでしょ 


42 :名無しさん@0新周年:2014/07/21(月) 11:44:32.31 ID:THwz8Ru90
カジノ推進者たちのトンデモ思考 
橋下大阪市長(カジノ推進) 「子供の頃からギャンブルに触れさせ、勝負師を育てる。」 大阪カジノ構想の背後にパチンコ業界 



橋下氏 大阪府知事時代の発言 「こんな猥雑(わいざつ)な街、いやらしい街はない。(大阪のこと)  ここにカジノを持ってきてどんどんバクチ打ちを集めたらいい。  風俗街やホテル街、全部引き受ける」と述べた。 ※風俗、ラブホも在日業界と言われている。 http://anchorage.2ch.net/test/read.cgi/bizplus/1256831885/ (読売ソースは削除済) 
橋下・大阪維新の会 大口後援者にマルハン、ソフトバンク、パソナ http://www.news-postseven.com/archives/20120827_139334.html



50 :名無しさん@0新周年:2014/07/21(月) 11:46:52.53 ID:9QgzeRCp0
ボランティアやらやってる奴らなんてプロ市民左翼で 助成金にたかるハエみたいなもんだから 西成が今の西成じゃなくなったら困るんやろ 


79 :名無しさん@0新周年:2014/07/21(月) 12:00:48.22 ID:/DXjwhJJ0
土地の買い上げで在日に金を回す橋下の戦略ですかね 


103 :名無しさん@0新周年:2014/07/21(月) 12:06:54.86 ID:gZEAKUSW0
じゃりん子チエの舞台が官庁街か。 


114 :名無しさん@0新周年:2014/07/21(月) 12:11:17.79 ID:v68aCKwJ0>>103 
チエちゃんとこは愛隣からすこーしずれた天下茶屋界隈の話。 亀田の地元 


128 :名無しさん@0新周年:2014/07/21(月) 12:17:59.19 ID:tG5sCFu90
暴力団の話をする あいりん地区には複数の暴力団がいて、非合法なモノを供給してる なぜならそこに需要者が集中してるからだ 仮にその需要者があいりん地区から追い出されるとしよう 暴力団はどうするかね? 


254 :名無しさん@0新周年:2014/07/21(月) 13:20:00.74 ID:UqBB3Tkk0
左翼暴力団と在日ヤクザの集合地域 パチンコ屋と覚醒剤と売春婦の住むアパート群 上級暴力団は他地域へ、底辺ヤクザを働かせてしのぎを削らせる町 ホームレスを金儲けに使う税金投入と税金吸血を当然のように行う民団総連ヤクザ 

西成は在日朝鮮半島の巨大利権地域でこれらを一掃するのが米国と政府の方針だから 橋下さんはその実行者なのよね 方針は決まり実行される、ホームレスを弱者に見立てた公明共産の金儲けは終わる 決まったことなんだよ 


280 :名無しさん@0新周年:2014/07/21(月) 13:34:53.14 ID:0D7zUHRj0

【民団】
「地方参政権、上程11年、もう待てぬ」…共生社会実現のために「われわれは必ず勝つ。勝たなければならない」 民主党に政権を取ってもらい地方参政権を勝ち取ろう」

… 在日韓国人、魯漢圭(広島市)地方参政権があれば、実質日本国内に在日の独立国を建国することが可能。半島からのニューカマーを、引き入れて日本人を追い出せば誰も、手出しできない。 治外法権の在日独立国家を完成させることができる。 まずはカナダのケベック州の様な、特別州を作り出すのが在日の当面の目標で、そのための今最も力を入れてるのが、地方参政権獲得闘争の完全勝利。 それは確実に実現へと近づいている。

在日の地方参政権獲得で表社会を制圧。 既に裏社会は殆ど支配下に置き、その暴力と経済力を背景に日本の政官財界を侵略する。 60万在日の経済力は日本経済の2割に相当し、それは実に韓国の経済力の2倍という凄まじい物だ。 経済力に加え、地方参政権によって政治力も手に入れ。やがては軍事力も手にした日には完全に日本から独立した。世界で最も豊かな国家を手に入れることが出来る。

 もはや完全に在日の奴隷状態の日本人には、在日国家の軍門に下って貰うことになる。 



371 :名無しさん@0新周年:2014/07/21(月) 17:15:44.65 ID:SyctAQHA0>>367 645 無党派さん sage 2014/07/21(月) 12:38:34.52 ID:8nWruCM2 橋下徹市長調査報告書 http://jsdf.sitemix.jp/data/hasige1.pdf
 平成 22 年度橋下徹後援会収支報告書 http://www.pref.osaka.jp/attach/11318/00087902/231205ha0178.pdf

 ※こちらでも平成22年度収支報告書より確認済み 

>この「奥下素子」人物を調査 「奥下素子」人物を調査したところ、 >橋下徹市長(当時知事)に、多額の献金をしているのが判明した。 >平成 22 年度橋下徹後援会収支報告書 >寄付の内訳[ 7/32] >奥下幸義 750000 円 >奥下将規 750000 円 >奥下素子 750000 円 >計 3885000 円 

>平成 22 年度橋下徹後援会収支報告書 >政治資金パーティの対価に係る収入のうち対価のあっせんによるものの内訳 >(19/32) >奥下幸義 2250000 円 >奥下素子 4200000 円 >奥下剛光 3915000 円 >計 10365000 円 
>委員 奥下 剛光 新建産業(株) 建材業 >ここを調査したところ、大阪府における麻生ラファージュセメント株式会社の >生コン工場、販売店、コンクリート二次製品工場等販売店である事が判明した。 >http://www.aso-lafarge-cement.jp/products/map_wholesaler02.html(注記・リンク切れ) 
つまり、新庁舎建設でどこかの会社が始めれば 自動的に奥下一族は途方もないセメントの注文を貰えると言ううまいやり方 
奥下 素子 https://ja-jp.facebook.com/motoko.okushita
 奥下 剛光 https://ja-jp.facebook.com/takemitsu.okushita
 


395 :名無しさん@0新周年:2014/07/21(月) 19:52:45.06 ID:Nw7d4jkd0
この貧困ホスピタル、どうやら関西、大阪に多くあるという。が、その勢力が東上し、首都にもぽつぽつと現れ始めている。かつて山口組のような関西の広域暴力団が、しきりと東上作戦などといっていたことを彷彿とさせる現象である。 

それもそのはず、この貧困ホスピタル、案の定、その深層には暴力団が糸を引いているのだ。 

その実例が、大阪西成区にある。この地域は誰もが知っている貧民層と呼ばれる人たちが多くたむろする地域である。 

そこに築40年を超す歴史的建造物のような古びたマンション(集合住宅)がある。そこは、生活保護受給者だけが入ることのできるマンションなのだ。 事実を正確に記すと、生活保護者を意図的にそのマンションに集めたのである。だからそこには生活保護者しかいないのだ。集めたのは、実は暴力団である。 http://www.shikoku-times.com/html/news/index.html#toku03
 

404 :名無しさん@0新周年:2014/07/21(月) 20:25:34.63 ID:1mdztrtJ0>>244 

【維新の朝鮮!】 
「永住外国人に参政権を」の文字を背景に祝辞を述べる橋下知事(当時)の勇姿 (民団大阪韓日交流マダンにて http://www.inbong.com/2008/mindan/)
ハシゲとチョン


民団幹部に同行してソウル市長を表敬訪問する、橋下知事(当時) 

ハシゲソウルに訪問


 橋下知事「韓国民団に破格の3億円 20年間無償 民団にだけ売却の覚書」 http://www.youtube.com/watch?v=6atagbf3lV4

 

橋下知事「在日韓国人には外国人参政権あげてもいい」 http://2chspa.com/thread/morningcoffee/1322818040

 「橋下徹氏、特別永住者(在日韓国朝鮮人)にのみ参政権を与えるべき、と語る」 http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid809.html
 
橋下徹‏@t_ishin http://bit*.ly/NMcPeIそれと僕は国政における外国人参政権は反対です。 ただ地方参政権、それも被選挙権や公権力の行使にかかわらない範囲で、 すなわちコミュニティーのルールを作る範囲でしかも特別永住外国人に限ってという条件なら 大阪では議論の余地があるのではと考えています 

橋下・大阪市長「特別永住者に地方選挙権を」2012年09月19日 http://web.archive.org/web/20120920063302/http://mainichi.jp/select/news/20120919mog00m010008000c.html 



2009年3月6日の橋下氏の発言 「大阪、関西は韓国と結びつきが深く、大阪、 関西と韓国がこれまで以上に仲良くなり、 もっともっと交流を深めれば、 世界の中のリーダーになれると私は確信しています。 また、 より多くの韓国の皆さんが大阪を訪れ、水都大阪の魅力を存分に楽しんでいただくよう、ご協力をお願いします。」 韓国人もっと来て発言 3月6日のところ http://www.pref.osaka.jp/j_message/oshigoto/file/0903.html


447 :名無しさん@0新周年:2014/07/22(火) 00:29:03.72 ID:XTU9Dzr10>>441 
在日信者が未だに媚韓売国奴のハシゲをマンセーする理由w 

「橋下徹氏、特別永住者(在日韓国朝鮮人)にのみ参政権を与えるべき、と語る」 http://kukkuri.jpn.org/boyakikukkuri2/log/eid809.html

橋下徹 「特別永住者の地方参政権は認めるべき」






スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。