拡散希望】 世界ウイグル会議からの依頼

【拡散希望】 世界ウイグル会議からの依頼。サーバーがDDos攻撃によりダウンしているので、7月5日ウルムチ虐殺事件について&カシュガルの写真が新たに出たことの記事を、自分で管理しているサイトやブログにアップしてください! この内容です → http://t.co/qFVRfHg

上記の拡散依頼があったので、転載します。
ロボット和訳なので、読みづらいかもしれません。
原文も載せましたので、読める方はそちらをどうぞ。



2009年7月5日の抗議と不処罰の2年間を思い出して:新しい写真素材は、カシュガルでデモへの弾圧を明らかにする


http://worlduyghurcongress.blog.com/2011/07/05/remembering-the-protests-of-5-july-2009/
プレスリリース-即時リリースのため
2011年7月5日
お問い合わせ:世界ウイグル会議www.uyghurcongress.org
電話。0049(0)89 5432 1999または電子メールcontact@uyghurcongress.org

2009年7月5日、ウルムチでウイグル、東トルキスタンの首都は、残酷な中国の治安部隊によって抑制され、その後死んだ何百人もの人々を残したこと、市内の民族不安に導かれた平和的な抗議を上演した。これらのイベントの2周年、および国際通話にもかかわらず、事件には独立した調査は、中国当局によって許可されないと、殺さ拘留、投獄、実行され、姿を消した人々の数は不明のままされています。世界ウイグル会議(WUC)は、中国当局の不作為と可能な限り強い言葉でこれらの悲劇的な出来事の本当の状況を明らかにするために拒否を非難。アムネスティインターナショナルなどの人権団体によって収集された目撃証言は、イベントの公式バージ​​ョンに深刻な疑問を投げかける。

長年にわたり、中国政府は、文化とアイデンティティーとして"ウイグル希釈しようとすると、平和、政治的、社会的、宗教活動と民族の独立した式"をウイグル人の取り締まり、ウイグルの反対意見のすべてのフォームを抑制するために激しいし、しばしば残忍なキャンペーンを繰り広げている異なる人々、そしてウイグル語の生存を脅かして。しかし、2009年7月のイベント以来、東トルキスタンのウイグル人の弾圧が激化しており、ウイグル人に対するひどい人権侵害は、これらに限定されない:質量と任意の拘留とウイグル人の強制失踪を(未成年者を含む)、任意の強烈な政治化と適正手続の侵害に悩まされ裁判後の死亡、生命、そして様々な刑期にウイグル人の判決、任意の処刑、そしてウイグルのウェブマスター、ブロガー、ジャーナリストの拘留と判決を含め、表現の自由の弾圧を強化した。さらに、中国政府はウイグル人で、その弾圧を続けるために、特に上海協力機構(SCO)を介して、近隣諸国に対​​する影響力を拡大しています。2011年5月30日に、ウイグル難民Ershidinイスラエルは、強制的に北京からの圧力に続く中国にカザフスタンから返されました。2009年12月に、カンボジアは、その所在して以来、未知の残っていた中国から20ウイグル人を引き渡した。

2009年7月5日と発表された前後の日で、新材料は、最近のイベントに新たな光を当てる。中国の治安部隊との党幹部は、地域での民族間の緊張を燃え上がるで重要な役割を果たしていることWUCの信念は、積極的な役割を中国の国家の証拠を示す2011年6月9日にイタリアのメディアTiempiによって放出さとしてはまだ未知のビデオで、受けて誕生しました当局は、無実のウイグル人を攻撃するために漢中国人を扇動で遊んだ。2011年7月14日にYouTubeに登場した別のビデオでは、中国の治安部隊は、2009年7月5日余波で体系的にウルムチで男性のウイグル人を検索し、任意にそれらの多くが逮捕された方法を示しています。

さらに、2011年7月3日WUCに流出した未発表の写真が(写真のためのPDF添付ファイルをご覧いただくか、ここをクリック)ウルムチのイベントに対して、その7月7日の2009年の抗議を明らかにする(写真1参照)カシュガルの街で開催された。外国人特派員が北京で地域に招待される前に彼らが起こったので、今まで、何も情報がこれらのイベントで入手できなかった。抗議行動が始まった時に地域に既にあっただけフォトジャーナリスト"エンジェル"は、、それらを記録することができたが、セキュリティ上の目的のために今までの写真の秘密を維持しなければならなかった。中国の治安部隊はその後、残酷に50以上のウイグル人を暴行して拘束、抗議を抑制する前のデモでは、Id賈のモスクの前の広場カシュガルの人民に行われました。天使の証人の報告書によると、警察は、プロパガンダのメッセージをブロードキャストして、彼らは正方形のままにしていない場合は抗議で逮捕しても火災を脅かすためにスピーカーを使用していました。デモ隊はその後逮捕が行われた側の街に行きました。

写真のいくつかは、明らかに警察と軍隊がこの平和的なウイグル人抗議によって取り締まりを過度な暴力を使用することを証明し、漢のmobが(ない例の写真のために5参照)カシュガルでウイグル人抗議者を攻撃し、拘束する中国の警察と軍隊と一緒に到着したことを示しているそしてその抗議を示すウルムチから目撃者の報告を下線は、警察と武装勢力が入って動いたときに一方カシュガルにおける漢民族ギャングの存在が中国の治安部隊がウイグル人を攻撃するためにそれらを煽動という主張をサポートする唯一の暴力になって平和的にそこから始まった。

に中国政府を促すため、特にEUと国連でのこれらの新しい重要な証拠、国際社会でWUC呼び出し、、に基づいて:

これらのイベントの本当の状況を明確にするために、2009年7月のイベントに意味のある独立した調査を行う。

直ちに、無条件に証拠もなしに開催されており、それらは国際と国内法の下で裁判権内にある犯罪で起訴されたことを確認するために7月5日かに平和的に抗議したすべての人を解放虐待の拷問または他の形態を経ていない、デュープロセスに与えている、しようとしたオープンで公正な法廷で、自分の好きな法的な表現へのアクセス権が与えられ。

東トルキスタンでの臨床試験は、被告が自分自身の選択の弁護士を雇うことができます、彼らの家族や弁護士へのアクセスを許可、および拘留、費用と試験のタイムリーに家族に通知するなどの国際基準に従って行われたことを証明せよ。

深刻な政治的、宗教的抑圧と経済的差別ウイグル人がさらされると、ウイグル人の言語や文化の希釈を含む7月5日の抗議と民族不安の根本原因に対応する。


写真の著作権に注意してください:あなたが絵を再現することに興味があれば、その後彼の許可を得るために写真家との接触に入るのでWUCにお問い合わせください。


写真1:2009年7月7日にウルムチでのイベントに対するカシュガル抗議のウイグル人
$はやぶさのブログ-ウィグル1

写真2:中国の警察は、カシュガルでウイグル人抗議者を拘束され
$はやぶさのブログ-ウィグル2

写真3:ウイグル人抗議者の拘禁
$はやぶさのブログ-ウィグル3

写真4:ウイグル人抗議者の拘禁
$はやぶさのブログ-ウィグル4

写真5:漢のmobがカシュガルでウイグルデモ隊を攻撃し、拘束する中国の警察と軍隊と一緒に到着。

$はやぶさのブログ-ウィグル5

WUCのウェブサイト上の注:秒2009年7月5日記念日の前の時代には、WUCのウェブサイトwww.uyghurcongress.orgは中国から、"分散型サービス拒否"(DDoS)攻撃を使って無効にされました。これにより、不要なトラフィックと、それを沈めることによって、アウトオブサービスのサイトを置くことを目的としたサイバー攻撃の一種です。そこで、一時的なウェブサイトの作成​​http://worlduyghurcongress.blog.comをし、また、FacebookやTwitter上のすべての重要な情報を公開しています!ソーシャルメディアを通して私たちのニュースや活動を広めるために私たちを助けて!



*********************************************

WUCについて

世界ウイグル会議(WUC)は、東トルキスタン国内外でウイグルの人々の集団的利益を表すと東アジアにおける紛争のためにウイグル人権と法の支配に基づく平和と非暴力的なソリューションを推進する国際統括団体です。トルキスタン。



WUCの月刊ニュースレターはウイグル関連の問題に関する最新の情報を提供し、WUCとWUCの電子メールサービス用の関連会社members.To購読の作品や活動についての通知は、このフォームにご記入ください。あなたが世界ウイグル会議から電子メールの受信を中止したい場合は、対象に"購読中止"という電子メールを送信してくださいcontact@uyghurcongress.org。ニュースレターの古い版を閲覧してWebからPDF形式でダウンロードすることができます。



でTwitterでフォローhttp://twitter.com/UyghurCongress!

でFacebookサイトをご覧くださいhttp://www.facebook.com/uyghurcongress!



世界ウイグル会議
私書箱310312
80103ミュンヘン、ドイツ
電話:0049(0)89 5432 1999
ファックス:0049(0)89 5434 9789 contact@uyghurcongress.org www.uyghurcongress.org

(以下原文)
Remembering the Protests of 5 July 2009 and Two Years of Impunity: New Photo Material Reveals Crackdown on Demonstrations in Kashgar


http://worlduyghurcongress.blog.com/2011/07/05/remembering-the-protests-of-5-july-2009/
Press release – For immediate release
5 July 2011
Contact: World Uyghur Congress www.uyghurcongress.org
Tel. 0049 (0) 89 5432 1999 or e-mail contact@uyghurcongress.org

On 5 July 2009, Uyghurs in Urumqi, East Turkestan´s capital, staged a peaceful protest which was brutally suppressed by Chinese security forces and subsequently led to ethnic unrest in the city that left hundreds of people dead. On the second anniversary of these events, and despite international calls, no independent investigation into the incident has been allowed by the Chinese authorities and the number of people killed, detained, imprisoned, executed and disappeared remains unclear. The World Uyghur Congress (WUC) condemns the Chinese authorities´ inaction and refusal to reveal the real circumstances of these tragic events in the strongest possible terms. Eyewitness accounts gathered by Amnesty International and other human rights organizations cast serious doubt on the official version of events.

For many years, the Chinese government has waged an intense and often brutal campaign to repress all forms of Uyghur dissent, cracking down on Uyghurs’ peaceful political, social and religious activities and independent expressions of ethnicity, attempting to dilute Uyghurs’ culture and identity as a distinct people, and threatening the survival of the Uyghur language. However, since the July 2009 events, the oppression of the Uyghur people in East Turkestan has intensified and egregious human rights violations against the Uyghurs include but are not limited to: mass and arbitrary detentions and enforced disappearances of Uyghurs (including of minors); arbitrary sentencing of Uyghurs to death, life, and various jail terms after trials plagued by intense politicization and infringements of due process; arbitrary executions, and intensified repression of freedom of expression, including the detention and sentencing of Uyghur webmasters, bloggers, and journalists. In addition, the Chinese government is extending its influence over neighbouring countries, especially through the Shanghai Cooperation Organization (SCO), to continue its crackdown on Uyghurs. On 30 May 2011, the Uyghur refugee Ershidin Israel was forcibly returned from Kazakhstan to China following pressure from Beijing. In December 2009, Cambodia extradited 20 Uyghurs to China whose whereabouts since then have remained unknown.

New materials on 5 July 2009 and the surrounding days published recently shed new light into the events. The WUC’s belief that Chinese security forces and party officials played a significant role in inflaming ethnic tension in the region has been born-out by an as yet unknown video released by Italian media Tiempi on 9 June 2011 that shows evidence of the active role Chinese state officials played in inciting Han-Chinese people to attack innocent Uyghurs. Another video that appeared on Youtube on 14 July 2011, shows how in the aftermath of 5 July 2009 Chinese security forces systematically searched for male Uyghurs in Urumqi and arbitrarily arrested many of them.

In addition, unpublished pictures leaked to the WUC on 3 July 2011 (see pdf attachment for more the pictures or click here) reveal that on 7 July 2009 protests against the Urumqi events took place in the city of Kashgar (see photo no. 1). Until now, no information was available on these events because they happened before foreign correspondents were invited to the region by Beijing. Only the photojournalist ‘Angel’, who was already in the region when the protests started, was able to record them but had to keep the pictures secret until now for security purposes. The demonstration took place on the Kashi´s Peoples Square in front of Id Kah Mosque before Chinese security forces then brutally suppressed the protest, beating and detaining more than 50 Uyghurs. According to Angel’s witness report, police used loudspeakers to broadcast propaganda messages and then threaten to arrest and even fire on protesters if they did not leave the square. The protesters then went to the side streets were arrests took place.

Some of the pictures clearly show that Han mobs arrived together with Chinese police and army to attack and detain Uyghur protesters in Kashgar (see for example photo no. 5), proving that police and army used excessive violence to crack down upon this peaceful Uyghur protest and underlining eyewitness reports from Urumqi stating that protests there began peacefully only becoming violent when police and armed forces moved in. Meanwhile the presence of Han Chinese mobsters in Kashgar supports the argument that Chinese security forces incited them to attack Uyghurs.

Based on these new important evidences, the WUC calls on the international community, especially on the EU and the UN, to urge the Chinese government to:

Conduct an meaningful independent investigation into the events of July 2009 to clarify the the real circumstances of these events.

Immediately and unconditionally release all those who protested peacefully on July 5th or who have been held without evidence and to ensure that those accused of cognizable crimes under international and domestic law are afforded due process, not subjected to torture or other forms of ill treatment, tried in an open and fair court, and given access to legal representation of their choice.

Prove that trials in East Turkestan were conducted according to international standards, including allowing defendants to hire lawyers of their own choosing, allowing them access to their family and lawyers, and informing family members in a timely fashion of detentions, charges and trials.

To address the root causes of the July 5th protest and the ethnic unrest, including the severe political and religious repression and economic discrimination to which Uyghurs are subjected and the dilution of Uyghurs’ language and culture.


Note on copyright of the photos: If you are interested in reproducing the pictures, please contact the WUC which will then put you in contact with the photographer to get his permission.


Photo 1: Uyghurs in Kashgar protest against the events in Urumqi on 7 July 2009
Photo 2: Chinese police is detaining Uyghur protestors in Kashgar
Photo 3: Detention of Uyghur protestors
Photo 4: Detention of Uyghur protestors
Photo 5: Han mobs arriving together with Chinese police and army to attack and detain the Uyghur protestors in Kashgar.

Note on WUC´s website: In the days preceding the second 5 July 2009 anniversary, WUC´s website www.uyghurcongress.org was disabled through a “Distributed Denial-of-Service” (DDoS) attacks from China. This is a type of cyberattack aimed at putting a site out-of-service, by submerging it with unnecessary traffic. We therefore created the temporary website http://worlduyghurcongress.blog.com and are also publishing all important information on Facebook and Twitter! Help us to spread our news and activities through social media!



*********************************************

About the WUC

The World Uyghur Congress (WUC) is an international umbrella organization that represents the collective interest of the Uyghur people both in East Turkestan and abroad and promotes Uyghur human rights and a peaceful and non-violent solution based on rule of law for the conflict in East Turkestan.



WUC´s monthly newsletter provides the latest information on Uyghur related issues and informs about the work and activities of the WUC and its affiliate members.To subscribe for WUC´s e-mail service, please fill in this form. If you wish to stop receiving e-mails from the World Uyghur Congress, please send an e- mail with “unsubscribe” in the subject to contact@uyghurcongress.org. Older editions of the newsletter can be viewed and downloaded in pdf format from the web.



Follow us on Twitter at http://twitter.com/UyghurCongress !

Visit us on Facebook at http://www.facebook.com/uyghurcongress !



World Uyghur Congress
P.O. Box 310312
80103 Munich, Germany
Tel: 0049 (0) 89 5432 1999
Fax: 0049 (0) 89 5434 9789
contact@uyghurcongress.org
www.uyghurcongress.org

http://www20.atwiki.jp/uyghurissue/pages/35.html
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する