スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

「のりこえねっと」とは正に「人権擁護法案(人権侵害救済法案)」そのものだ。

こちらもどうぞ~
   ↓    ↓    ↓

じゃあのwww氏のビックリΣ(゚д゚lll) 情報48
http://hayabusa3.doorblog.jp/archives/33492848.html

-------------------------------------------------


目覚めた日本人による「日本を日本人の手に取り戻す」機運が高まり、在日朝鮮人のエリア等で手続き(法律)に乗っ取った正当なデモが各地で行われている。

それを危険視した在日団体関係者が、「差別」「レイシスト」「ヘイトスピーチ」なる言葉を武器にまたしても、「ジャップ黙れ!」「悪人であるジャップは何も反論するな!」
とばかりに、日本人の正当な抗議活動、デモ活動を封じ込めようとしている。


戦後半世紀にわたっては、「敗戦国」「戦争責任」「アジアに多大の迷惑と苦痛を与えた侵略者」「軍国主義」「平和の敵」etc.の非難轟々の犯罪者呼ばわりして、日本人の声、主張を封じ込め、在日特権等の日本人逆差別の甘い汁を吸ってきた汚い在日朝鮮人たち。


しかし、長きにわたって日本人を苦しめ縛り続けてきた日教組等による反日教育、自虐史観の呪縛がようやく解けて、日本人の誇りと当たり前の権利を主張し始めた目覚めた日本人たちが急速に増えている昨今、それを力づくで押さえつけようとまたしても在日たちとその仲間(帰化人や本国からの工作員、アカい日本人たち他)が、立ちふさがろうとしている。


当初は、戦争加害者、戦争犯罪者の声を上げれば単純に鎮火すると甘く見ていた様だが、鎮火どころか火は瞬く間に拡大し、勢いを増している。


走狗たるマスゴミ、マスメディアが躍起になってデモ参加者を「ヘイトスピーチするレイシスト」に仕立てて悪者にしようとしたが、ネットが普及した今、「日本のマスゴミは日本人の敵」とみなす者がどんどん増え、マスゴミの言う事は、自分たちに都合のいいよう編集、ねつ造されて信用に値しないモノとばれてしまい効果が薄れてしまった。


そこで、次なる手段として国会議員のヨシフやその仲間の自称有識者なる連中が、その権力と影響力を武器に立ち回り、その配下の「しばき隊」なる暴力集団で、デモ参加者を恫喝、嫌がらせ、暴力で封じ込めようとするがこれまた失敗。


そこで、これはまずいと更に無い知恵を絞って誕生させたのが、「のりこえねっと」なる日本人逆差別の反日実働部隊である。

これは、以前にもましてデモを「差別」「ヘイトスピーチ」「レイシスト」呼ばわりして、在日朝鮮人を善良なる被害者とし、デモを法律で禁止もしくは規制し「在日朝鮮人に対する非難は許さない」と一方的に有無を言わさず日本人の言論を封じ込めようとする悪しきものである。




「のりこえねっと」とは正に「人権擁護法案(人権侵害救済法案)」そのものだ。
















jinkensingaihouan3.jpg
jinkensingaihouan1.jpg
jinkensingaihouan2.jpg





以下、http://p.tl/WH1T より転載


102 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 19:52:14.15 ID:9qf4PUva0
団体名称

「のりこえねっと」

-ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク-

活動内容「日本の公民権運動」共生社会を目指して

ヘイトデモ対策

日本国内におけるレイシズムの実態の把握
情報の共有化及び、カウンター活動、 現場サポート
国内外の関係団体との連携

ヘイトスピーチ対策

情報収集、サイト管理者への警告、告訴
差別禁止法の立法化活動

エンパワーメント

全国学習会「グループ学習/e-ラーニング/遠隔学習(スカイプ使用)」
「ホームステイ、交流の場の設定」など。
マイノリティカウンセラー・リーダーの育成など。

104 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 19:53:06.73 ID:9qf4PUva0
広報告知

反レイシズムの番組制作と放送
反レイシズムのポータルサイトとしてのWEBサイト運営
「反レイシズム宣言」(著名人も含む)メッセージのCM制作と拡散

事務局体制

・事務局長1名 副事務局長2名、経理1名、司法担当2名、番組制作1名、WEB管理1名、学習会1名、
 渉外などの担当2名、国際連帯などの部門ごとに担当。

・司法サポート

 有志の弁護団 (現在、約100名)← 在日弁護士多数参加(日本の弁護士は在日朝鮮人でもなれる!)

・ボランティア体制

 司法ボランティア:各弁護士と連携
 その他:有志の方々

113 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 20:05:55.69 ID:9qf4PUva0
設立宣言文

設立宣言
 
 いま、在日韓国・朝鮮人を標的とするヘイトスピーチが、各地で凄まじい勢いで拡大している。 多文化のもとで共生する人びとの
平穏な生活を切り裂き、民族差別や人種偏見に満ちた、侮辱的、脅迫的言動が繰り返されている。

 ヘイトスピーチは、街頭だけでなく、ネットやさまざまなメディアでも繰り広げられ、差別、偏見、攻撃の言説を執拗に展開している。
なかでも日本軍性奴隷被害者(いわゆる「従軍慰安婦」)とされた女性たちに向けられる侮辱と憎悪の表現は、人権の価値を根こそぎ破壊するレベルにさえ達している。

 ナチス時代のユダヤ人などへの迫害、かつての南アフリカでのアパルトヘイトやアメリカ南部におけるKKK団のリンチを想起させるよう
な激しい侮辱と憎悪表現に対して、日本社会からの反応は、いまだあまりに鈍い。

 在日韓国・朝鮮人は、日本による侵略と植民地支配によって生み出された。その存在の歴史性に対する決定的な無知と、「言論の自由」
の尊重という口実のもとで、この社会の多数派は、この卑劣で暴力的なヘイトスピーチを黙認し続けている。

 ヘイトスピーチは、当面の標的とする在日韓国・朝鮮人だけではなく、女性を敵視し、ウチナーンチュ、被差別部落の出身者、婚外子、社
会が障害となっている人たち(いわゆる「障がい者」)、性的少数者などの、社会的少数者にも攻撃を加えてきた。 彼らが攻撃する人々は、
日本の戦後体制の中で、人格権や生存権を政策的に奪われたり無視されたりしてきた人々と、みごとに重なっている。この意味において、日
本におけるヘイトスピーチは、戦後体制が政策的に作り出してきた差別そのものなのだ。


114 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 20:06:32.62 ID:9qf4PUva0
本質に立ち返って考えたい。
 ヘイトスピーチが傷つけるものとは何なのか、ということを。
 それは、在日韓国・朝鮮人だけではない。社会的少数派だけでもない。
 ヘイトスピーチは、良心を持つあらゆる人々を傷つけるのだ。国籍も、民族も、性別も、出自も関係なく、すべての人間には普遍的
な尊厳と人権があると考える人々の信念、そして、なによりも平和に生きようとする人々の精神に対して、言葉と物理的な暴力で憎悪
を投げつけ、侮辱し、傷を負わせる。国際社会がこれまで長い苦しみの歴史の中で築いてきた、世界人権宣言にも謳われる普遍的な人
権概念を攻撃し、その価値をあざ笑い、踏みにじる。
 これが、ヘイトスピーチの本質なのだ。

 だから、この暴力に対峙し、決然と対決することは、単なるマイノリティ集団の利益のための行動ではない。また、一国の国内問題
を解決するためのものでもない。民族や国境の壁を超えて、人権の普遍的価値を擁護し、防衛する行動でもあるのだ。
 それは、この日本社会にあっては、戦後体制によって市民的権利を剥奪されてきた人々の「市民として生きる権利」を希求する行動
以外の何ものでもない。

 ここであらためて確認し、明記しておく。
 人間の涙の歴史を無に帰そうとする挑戦に、私たちは、決して屈しない。  


ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク
「のりこえねっと」共同代表 一同

136 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 20:34:35.64 ID:9qf4PUva0
のりこえねっと共同代表(敬称略・五十音順)

石井ポンペ(原住アイヌ民族の権利を取り戻すウコチャランケの会代表)
1945年生まれ。アイヌ協会札幌支部の結成に参加。北海道アイヌ協会札幌支部長、支部役員を歴任。石狩カムイノム実行委
員会代表。インカルシペ・ヌプリ・カムイノミ実行委員会祭司。ムックリ、トンコリの演奏、木工などのアイヌ民族の文化の担
い手。1992年にサハリンを訪問し、サハリンアイヌ、北方諸民族とも交流。原住・アイヌ民族の権利を取り戻すウコチャラ
ンケの会代表。

上野千鶴子(東京大学名誉教授)
1948年富山県生まれ。京都大学大学院社会学博士課程修了、平安女学院短期大学助教授、シカゴ大学人類学部客員研究員、京都
精華大学助教授、国際日本文化研究センター客員助教授、ボン大学客員教授、コロンビア大学客員教授、メキシコ大学院大学客
員教授等を経る。1993年東京大学文学部助教授(社会学)、1995年から2011年3月まで、東京大学大学院人文社会系 研究科教授。
2011年4月からNPO法人ウィメンズアクションネットワーク(WAN)理事長。専門は女性学、ジェンダー研究。この分野のパイオニ
アであり、指導的な理論家のひとり。近年は高齢者の介護問題に関わっている。
WAN URL http://wan.or.jp/ Twitter @ueno_wan

宇都宮健児(前日弁連会長)
地下鉄サリン事件被害対策弁護団団長、年越し派遣村名誉村長、日本弁護士連合会会長などを歴任。
弁護士として、クレジット・サラ金問題に早くから取り組み、多重債務に苦しむ多くの人を助けてきている。 現在、全国クレジ
ット・サラ金問題対策協議会副代表幹事、全国ヤミ金融対策会議代表幹事などをつとめる。また「反貧困ネットワーク」代表
「人間らしい労働と生活を求める連絡会議(生活底上げ会議)」代表世話人として、 格差・貧困問題の解決に向けた運動の先頭に立つ。


137 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 20:35:19.50 ID:9qf4PUva0
雁屋哲(漫画原作者・エッセイスト)
1972年から漫画の原作・著作を始める。
代表作:「男組」「野望の王国」「美味しんぼ」
漫画以外:「日本人の誇り」「日本人と天皇」「シドニー子育て記」

北原みのり(コラムニスト・ラブピースクラブ(大人のおもちゃ屋)代表・靖国神社でヌードになった人
kitaharaminori2.jpg


1970年生まれ。1993年津田塾大学国際関係学科卒業。
1996年、日本で初めてフェミニズムの視線で女性だけで経営するセックスグッズショップ「ラブピースクラブ」を始める。著書に「はちみつ
バイブレーション」(河出書房新社1998年)・「男はときどきいればいい」(祥伝社1999年)・「フェミの嫌われ方」(新水社2000 年)・
「アンアンのセックスできれいになれた?」(朝日新聞出版)・「毒婦。木嶋佳 苗100日裁判傍聴記」(朝日新聞出版)「さよなら、韓流」
(河出書房新社)など。






河野義行(松本サリン事件被害者)
昭和25年愛知県生まれ、名城大学理工学部卒業。長野県松本市に在住中、「松本サリン事件」に巻き込まれ、被害者なのに被疑者扱いを受け、
市民社会からは激しい差別と排除が繰り 返されたが、オウム真理教の事件関与が明らかになり容疑者からはずれる。その後、犯罪被害者 支援
や警察を民主的に管理する長野県公安委員会の委員を務める。平成22年に鹿児島市に転居 し講演活動する傍ら、宗教団体「ひかりの輪」の外
部監査委員を受任。

佐高信(評論家)
1945年山形県酒田市生まれ。慶應義塾大学法学部卒業後、郷里の高校教師、経済誌の編集長を経て、評論家となる。憲法行脚の会呼びかけ人。
主な著書に『魯迅烈読』『逆命利君』(以上、岩波現代文庫)、『友好の井戸を掘った人たち』(岩波書店)、『いま日本はタカ派ばかり』『原
田正純の道』(以上、毎日新聞社)、『西郷隆盛伝説』(角川文庫)、『現代を読み解く200冊』『飲水思源』(以上、金曜日)、『抵抗人名録』
『佐高信のお墓紀行』『この国はどこで間違えたのか』(寺島実郎との共著)(以上、光文社知恵の森文庫)、『増補版 日本の権力人脈』『竹中
平蔵こそ証人喚問を』『自分を売る男、猪瀬直樹』『自分を売らない思想』『自民党首相の大罪』(以上、七つ森書館)ほか多数。


138 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 20:36:16.28 ID:9qf4PUva0
辛淑玉(人材育成コンサルタント)
1959年東京生まれ。在日三世。人材育成コンサルタント。TRAI(Trans-pacific
Research and Action Institute for the hisabetu-nikkei)東京代表。人材育成技術研究所所長。 企業内研修、インストラクタ
ーの養成 などを行うかたわら、テレビ出演、執筆、 講演も多数こなす。2003年に第15回多 田謡子反権力人権賞受賞。著書に、
『怒 りの方法』『悪あがきのすすめ』(とも に岩波新書)、『差別と日本人』(角 川テーマ21)、『大人の女の流儀』
(PHP研究所)など多数。

鈴木邦男(一水会顧問)
政治活動家、新右翼団体「一水会」顧問。格闘家、予備校講師。
著書に『愛国と米国-日本人はアメリカを愛せるのか』( 平凡社新書)、『右 翼は言論の敵か』(ちくま新書)、『遺魂』
(無双社)などがある。月刊『創』 にコラム「言論の覚悟」を連載中。

高里鈴代(平和市民連絡会共同世話人)
強姦救援センター・沖縄(REICO)代表。東京都女性相談センター電話相談員、那覇市婦人相談員を経て、那覇市議会議員4期
15年を務める。北京会議、国連女性の地位向上委員会、ハーグ世界平和会議などの国際舞台で日本からの発信を続け、沖縄では、1995年10月「強姦救援センター・沖縄レイコ」を、1995年11月「基地・軍隊を許さない行動する女たちの会」を設立し共同代表を
務める。また、1997年には「軍事基地に反対する東アジア・アメリカ・女性ネットワーク」を設立し、ネットワークを広げている。


141 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 20:37:57.96 ID:9qf4PUva0
田中宏(一橋大学名誉教授)
一橋大学名誉教授、龍谷大学客員研究員。公益財団法人朝鮮奨学会評議員。専門は日本アジア関係史、ポスト植民地問題、在日外国人問題、日本の戦争賠償と戦後補償等。2004年3月18日、日立就職差別裁判、国民年金法の国籍条項撤廃
指紋押捺制度の撤廃、旧戦傷軍属への戦後補償、公立学校への教員採用などの活動を認められ、東京弁護士会人権賞を
受賞。

田中優子(法政大学教授)
法政大学社会学部長、国際日本学インスティテュート(大学院)教授。専門は日本近世文化・アジア比較文化。 研究領域は、江戸時代の文学、美術、生活文化。『江戸の想像力』で芸術 選奨文部大臣新人賞、『江戸百夢』で芸術選奨文部科学大臣賞・サントリー学芸賞。その他 多数の著書がある。江戸時代の観点から、現代の問題に言及することも
多い。著書に『カム イ伝講義』『未来のための江戸学』『布のちから』『グローバリゼーションの中の江戸』など。

参考:関口宏の雇われマダム





知花昌一(真宗大谷派僧侶)
沖縄県在住の平和運動家。反戦地主。元読谷村議会議員。
沖縄県中頭郡読谷村生まれ。沖縄大学中退。
学生時代に自治会委員長として復帰闘争に参加。
その後スーパーマーケットや民宿を経営しながら沖縄戦の集団自決の調査などさまざまな平和運動を行う。

中沢けい(作家)
小説家・法政大学教授。
1959年横浜市生まれ。
明治大学政治経済学部卒業。
第21回群像新人賞を「海を感じる時」で受賞。
第7回野間文芸新人賞を「水平線上にて」で受賞。
韓国文学振興委員会委員長


142 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 20:38:15.19 ID:T8iC8h9/0
ケータイから書き込めないウェイッ
ニュースも集められない
きょうはパソコンから書き込みウェイッ


143 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 20:38:54.29 ID:9qf4PUva0
西田一美(労働組合役員)
奈良県生まれ。
1970年代後半から被差別部落解放運動にかかわる。
1980年頃より女性差別撤廃運動、男女平等運動にかかわる。
同年頃より現在まで、労働組合役員として活動。
2013年まで自治労中央本部執行委員

前田朗(東京造形大学教授)
大和民族、札幌生まれ。アイヌ民族に対する侵略者であった「屯田兵」5代目。東京造形大学教授。日本民主法律家協会理事。
主著に『戦争犯罪論』『ジェノサイド論』『侵略と抵抗』『人道に対する罪』『9条を生きる』(以上青木書店)、『軍隊のない国家』
(日本評論社)、
『非国民がやってきた!』(耕作社)、『増補新版ヘイト・クライム』(三一書房)、近刊に『いま、なぜヘイト・スピーチか』(三一書房)。

松岡徹部落解放同盟中央本部書記長)
1951年 大阪市西成区に生まれる
1970年 初芝(現・初芝立命館)高等学校卒業
1988年 部落解放同盟大阪府連合会 執行委員
1990年 部落解放同盟中央委員
1991年~2003年 大阪市会議員(3期)
1994年 中央執行委員・部落解放同盟大阪府連合会書記長
    部落解放同盟大阪府連合会西成支部支部長
1998年 部落解放同盟大阪府連合会執行委員長
2000年 ニューメディア人権機構理事
2002年 部落解放同盟中央書記長 反差別国際運動日本委員会 専務理事
    (財)アジア・太平洋人権情報センター理事
2004年~2010年 参議院議員(1期) 部落解放同盟大阪府連合会西成支部顧問
2008年 部落解放同盟大阪府連合会特別執行委員
現在に至る


144 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 20:39:41.63 ID:9qf4PUva0
村山富市(社会民主党名誉党首・第81代内閣総理大臣)
1924年大分県生まれ。
大分県大分市議会議員(2期)、大分県議会議員(3期)、
衆議院議員(8期)、衆議院物価問題等に関する特別委員長、
日本社会党委員長(第13代)、
内閣総理大臣(第81代:任期1994年6月30日-1996年1月11日)、
社会民主党党首(初代)、社会民主党特別代表(初代)などを歴任。
社会民主党名誉党首、学校法人明治大学顧問。
2006年桐花大綬章受章。

リリアン・テルミ・ハタノ Lilian Terumi HATANO(近畿大学准教授)
ブラジルのリオ・デ・ ジャネイロ連邦大学卒業後来日。大阪大学大学院言語文 化研究科博士課程終了。
在日ブラジル人をはじめとするニューカマーの諸問 題、教育問題を中心に取り組む。『マイノリティの名前はどのように扱われているの
かー日本の公立学校における ニューカマーの場合―』ひつじ書房、2009、「在日ブラジル学校の現状からみる課題」『研究紀要』世界人
権問 題研究センター13:117-149、2008、「在日ブラジル人を取り巻く「多文化共生」の諸問題」『「共生」の内実』(三元社、2006)など。
関西地域内で多様な 背景の子どもたちの自立への支援、母語(継承語)教育を中心に活動している。

若森資朗(一般社団法人 協同センター・東京)
1949年富山県高岡市生まれ。
1970年前後の数年、学生運動、全共闘運動に参加。それに区切りをつけ、その後は生協活動一筋に取り組む。現在は生協活動
に根を置きつつもその範囲に留まらず、今までとは違った形での市民活動への参画を心がけています。とは言っても生協しか知ら
ないので、市民活動を行ってきているみなさんの邪魔にならないよう心がけ、学びながら、 自分にとっては新たな領域での活動で
すが、自らの経験を生かせたらと考えています。

和田春樹(歴史家・東京大学名誉教授)
1938年生まれ、静岡県清水出身。1960年大学卒業後東京大学社会科学研究所に勤める。1998年教授、所長で退職。
専門ロシア近現代史、現代朝鮮研究。著書『日露戦争 起源と開戦』『東北アジア共同の家』『朝鮮戦争全史』、『北朝鮮現代史』
『領土問題をどう解決するか』など。1995年アジア女性


145 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 20:40:22.77 ID:6LZAbAw50
>>139
いたのかー

忙しいって言ってたから、無理すんなー

自分が理解してなくても貼る。
分かる人が居るだろうから抜粋して貼る。


146 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 20:42:07.59 ID:T8iC8h9/0
ウェイッ


147 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 20:43:03.69 ID:msJKgcaF0
のりこえねっと -ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク-
http://www.norikoenet.org/index.html

「共同代表」で分かる、北朝鮮と部落解放同盟による新たな偽装工作機関

まず北朝鮮グループ
・和田春樹  (歴史家・東京大学名誉教授)数十年前から有名な北朝鮮関係者
・鈴木邦男  (一水会顧問) 北朝鮮の赤軍派とも関係が深い、右翼を装った北朝鮮工作員
・辛淑玉  (人材育成コンサルタント) こいつに関しては、何も言う必要はないでしょう

そして、部落解放同盟!!!!!!
・松岡徹  (部落解放同盟中央本部書記長)

活動内容の中に、やっぱりこれがある

ヘイトスピーチ対策
情報収集、サイト管理者への警告、告訴
差別禁止法の立法化活動

「差別禁止法の立法化活動」「差別禁止法の立法化活動」「差別禁止法の立法化活動」

そう、部落解放同盟が同和対策事業の終了後、同和利権を恒久化し、
部落解放同盟と在日による日本支配を実現する
「人 権 擁 護 法 案」 だ ! ! ! 

朝鮮総連、北朝鮮と部落解放同盟の関係は非常に深く、長い。


148 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 20:43:51.79 ID:/SKXCS4a0
>>137
雁屋は支那生まれで漫画に関わる前は電通にいた


149 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 20:44:21.79 ID:IBt3T3n60
>>84
ロイターオンライン調査

延期すべき 57.13% (40,299 票)
延期すべきではない 37.33% (26,331 票)
どちらともいえない 6% (3,909 票)

合計投票数: 70,539
http://jp.reuters.com/#pd_a_7156750


150 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 20:44:38.70 ID:msJKgcaF0
井上太郎 ‏@kaminoishi 9月28日
のりこえねっとに資金集まり、これからデモ等にも参加費用が出て動員力増します。
金銭によるお抱えジャーナリストによる記事も盛んになります。
ネットで保守に対する攻撃も、例えば一ツイートにいくらとお金なので執着して激しくなります。
組織になったので取り締まれる法令も広がります。


井上太郎‏@kaminoishi
「ヘイトスピーチとレイシズムを乗り越える国際ネットワーク」(のりこえねっと)が結成されました。
おそらくまたあの私が何度もツイートしている西早稲田が住所でしょう。目的はお金です。
組織にしないと集金できません。どのように集めるかその手口全て暴き、どのように断るかブログにします。


197 :以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします:2013/09/30(月) 21:39:53.76 ID:TebhWsdZ0
>>143
のりこえネット呼びかけ人ひどいね~
NHKは、こういった偏った人選を、いかにも中立のように登場させてるわけだ
前田朗ね
公安からの監視対象の団体に所属

2073・ 名前: 日本を取り戻す神風さん :2013/06/01(土) 22:19:13
NHKの「おはよう日本」のヘイトスピーチ特集

識者として出た二人の大学教授も、かなりのもんだね~。なぁにが中立公平なんだよNHK

高千穂大学教授五野井郁夫
【朝日新聞】五野井郁夫氏「在日韓国・朝鮮人に対し、顔を隠して嫌韓デモを行う在特会は卑怯者だ」[04/28]
http://asia-matome.ldblog.jp/lite/archives/26223941.html
フジデモ批判もしている

東京造形大学前田朗教授
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21007752
「差別に関する法律に詳しい」との触れ込み
なんと!
朝鮮大学校政治経済学部法律学科非常勤講師という肩書きを持つ
在日朝鮮人人権セミナー事務局長
無防備地域宣言運動ネットワーク呼びかけ人





スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

鹿児島市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

大阪市西成区エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。