スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

菅の言い訳演説&ミンス党の面々の過去の仕事っぷりを省みる





unzari.jpg




「民主党、次の選挙では死んでも落とすリスト」 完成させたったwww 【政治】

http://touaseikei.matomesakura.com/?eid=694

1 :コム ◆OIM7o.FTIXuX :2012/11/14(水) 18:47:00.01 ID:CmVF+Qih



鳩山由紀夫「脱税」「沖縄基地問題を煽る」「日米関係破壊」

     「IPS細胞の研究費100億円削減」など



江田五月「復興予算流用」



城島光力「朝鮮ヤクザ稲川会から支援を受ける」



筒井信隆「機密というはんこ押していない文書は渡しただろうが、ちょっと覚えてない」



吉良州司「日本が国家主権を主張するのは50年早い」と発言。「TPP推進」



土肥隆一「竹島は韓国の領土に署名」



鷲尾英一郎「尖閣諸島は中国が管理してもいい」と発言



松本龍「被災者を侮辱」



中井洽「秋篠宮様に「さっさとしろ」と侮辱」



石井一「公務中に税金でゴルフ」



仙谷「セクハラ」「全共闘の左翼」「尖閣諸島上陸の暴力中国人を処罰せず返還」



岡田克也「尖閣諸島での灯台開発を阻止」



田中慶秋「中国と韓国から不正献金」「ヤクザの媒酌人」



岡崎トミ子「反日デモに参加」



小宮山洋子「反日デモに参加」



白眞勲「朝鮮人の為に日本の議員をやってる発言」



野田佳彦「増税」「都の尖閣諸島船溜まり建設を阻止」「韓国民団からの不正献金」



菅直人「拉致容疑者辛光洙死刑囚の釈放に尽力」「全共闘の左翼」「原発での失策」

   「ハニートラップで在日韓国人の女との間に隠し子」



千葉景子「拉致容疑者辛光洙死刑囚の釈放嘆願書に尽力」



田中真紀子「金正男を返還」「アメリカの機密を漏洩」



蓮舫「浮気」「マジコン」



細野豪志「浮気」「路上チュー」「原発事故を出馬取りやめの言い訳に使う」







2 :コム ◆OIM7o.FTIXuX :2012/11/14(水) 18:48:09.83 ID:CmVF+Qih



【その2】



輿石東 「日教組の親玉」「不正選挙疑惑」



小沢一郎「不正政治献金」「外国人参政権を推進」



前原誠一「在日韓国人から献金」「TPP推進」



三宅雪子「国会でわざとこけて国民を欺く」



赤松広隆「口蹄疫の最中に外遊で被害甚大」



原口一博「在日の自主密航を強制連行と表現」

     「総務省の報道管制を緩和しマスコミに利益供与」



横峯良郎「浮気」「賭けゴルフを実施」「恐喝事件に関与」「脇見運転で接触事故」

     「住所を偽り航空券を不正受給」「政党交付金を不正に支出」

     「在日韓国人参政権推進」



辻元清美「税金を秘書給与事件で横領」



山岡賢次「マルチ商法に参画」



姫井由美子「有印私文書偽造」「浮気」「選挙費用の水増し詐欺」







3 :コム ◆OIM7o.FTIXuX :2012/11/14(水) 18:49:22.35 ID:CmVF+Qih



【夢のネクスト韓国民主党内閣】



総理大臣 鳩山由紀夫(沖縄で基地問題を再燃させ、日米関係を破壊、日本を分断、

朝令暮改の態度で国政を混乱させる)



官房長官 田中真紀子(暴言が多く、金正男釈放、米国機密情報の漏洩のテロリスト。

協調性がなく官僚と敵対し国政を崩壊させる)



外務大臣 岡田克也(尖閣諸島での灯台建設を阻止、東京都の尖閣購入も阻止、

在日韓国人の参政権推進)



法務大臣 田中慶秋(法務大臣がヤクザのフロントでしかも不正献金の犯罪者)



拉致担当 菅直人(拉致容疑者辛光洙死刑囚の釈放に尽力、しかも韓国に隠し子が

いるのでやる気なし)



財務大臣 安住淳(財務官僚のいいなり、増税推進、被災地無視&援助を流用、

国益にそぐわぬ韓国への5兆円スワップ決定)



宮内長官 中井洽(秋篠宮さまに「さっさとしろ」と侮辱)



国家公安 白眞勲(在日韓国人の利益に為に議員をやると宣言、日本の国家機密を

漏洩させる恐れアリ)



文部科学 輿石東(日教組の親玉、日本の自虐教育や捏造史観で日本国の教育根幹を破壊)



総務大臣 原口一博(総務省の制度を改悪、いざという時にトンズラする)



消費者担当大臣 山岡賢次(消費者相なのにマルチ商法のビデオに出演)







4 :コム ◆OIM7o.FTIXuX :2012/11/14(水) 18:52:01.64 ID:CmVF+Qih



※あくまで上記は私的なリストです







過去のミンス議員の仕事っぷりを省みる

まずは松本龍(福岡1区)



福岡県福岡市出身。>部落解放の父と呼ばれた松本治一郎の養孫。実家は養祖父の代からのゼネコン・松本組。自身も顧問を務める。



1990年の第39回衆議院議員総選挙に日本社会党から出馬して初当選し、以後7回連続当選。1996年、社民党を離党して旧民主党結党に参加。>部落解放同盟副委員長であり、人権擁護法案の推進派である。日韓議員連盟常任幹事。国鉄労働組合のJR採用差別闘争に連帯している。



一日も早く退陣した方がよい

2011年6月3日、内閣総理大臣菅直人が退陣する意向を表明するとともに、衆議院本会議で内閣不信任決議案が否決された。その翌日、焦点に浮上した菅の退陣時期について、松本は「復旧復興を急がないといけないということから言えば、一日も早く退陣した方がよいとの文脈になると思う」[11]と発言した。さらに「6月いっぱいというのが私の中にはある。復興基本法案や二次補正予算案の編成あたりがめどだ」と述べ、現職閣僚でありながら菅に早期退陣を迫る異例の展開となった。

しかし、菅は自らの退陣時期について明言しない状態が続いている。2011年6月27日、菅は退陣する条件について「2011年度第2次補正予算案、再生可能エネルギー促進法案、(赤字国債発行に必要な)特例公債法案の成立が一つのめど」と初めて明言したものの、退陣する時期については言及しないままとなっている。

「東北太平洋沖地震」、「東日本大震災」、および「菅おろし」も参照

民主も自民も公明も嫌いだ

2011年6月28日、復興相就任会見の席上で「3月11日以来、私は民主も自民も公明も嫌いだ」と発言。このことが自民党や公明党から「復旧・復興の中心に立つべき人が与野党の協力が必要ないと考えているならば任に当たる資格無しだ」(逢沢一郎)、「信じられない言葉だ。松本氏はどうかしてしまったのか」(漆原良夫)との猛反発を呼び、7月1日、謝罪に追い込まれた。



おれ、九州の人間だから、東北の何市がどこの県とか、わからんのよ

知恵を出したところは助けるけれど、知恵を出さないところは助けない





お客さんが来る時は、自分が入ってから呼べ。しっかりやれよ

午後に訪問した宮城県庁では、数分遅れて応接室に後から入ってきた村井嘉浩知事に語った。

被災した漁港を集約するという県独自の計画に対しては

県でコンセンサスをとれよ。そうしないと、我々は何もしないぞ

また、以上の発言をまとめて、

今の最後の言葉はオフレコです。みなさん、いいですか、絶対書いたらその社はもう終わりだから

などと厳しい口調で注文をつけた。






2011年3月11日の東北地方太平洋沖地震ならびに福島第一原子力発電所事故に際しては、防災担当相を拝命しているにもかかわらず「官邸に引きこもって閣議後の定例会見すら開かない。取材対応も記者との立ち話程度で、原発のことを聞くと『私は担当じゃないから』と逃げる。何をやってるのかさっぱり分からない」(匿名の全国紙政治部記者)「ボンボン育ちで、修羅場をとても仕切れない。地震発生時にはパニックに陥り、以来、会見もできない」(匿名の全国紙編集幹部)「官邸の危機管理センターに詰めていた松本氏がまったくの役立たずで、自衛隊の初動が遅れた」(匿名の全国紙政治部デスク)などと批判されている。「震災が発生した3月11日から数日間、被災地救援や物資輸送が滞り、その後の活動に多大な悪影響を及ぼしたが、松本氏はその"元凶"と目されている」(匿名の「週刊現代」記者)ともいわれる。「防災担当相として松本がやるべき仕事はほとんど仙谷由人が行っており、松本は単なるお飾りと化している」(匿名の官邸スタッフ)との指摘もある。





要するに、土建屋のボンボンの馬鹿息子で役たたず。

土建屋と部落解放のナントカと日韓議員連盟と国鉄労働組合のJR採用差別闘争をやってる

ごね得を得意としている田舎オヤジというわけか。

だから、口の聞き方も上から目線で態度が悪い訳ね。

ミンスがいかに人材が居ないか録なのしかいないか良くわかる典型的な人間というわけだ。





次は、菊田真紀子(新潟4区)

菊田外務政務官 ジャカルタでエステに買い物三昧(日刊ゲンダイ2011/3/17)


kikuta.jpg




ASEAN地域フォーラムの会議出席のため、14日にインドネシアへと向かった外務政務官の菊田真紀子衆院議員(41)に批判が集まっている。



「出発前日、秘書官に『インドネシアではエステと買い物を楽しみたい。ステキなお店を調べて予約して』と命じたそうです。政府を代表しての大事な出張なのに、遊びのことしか頭になかったのでしょう。



しかもその日は大震災発生から3日目。懸命の救助活動が行われているというのに信じられません。秘書官は、現地の日本大使館に電話をかけ、エステ店の予約と観光スケジュールの作成をさせたようです」(政界関係者)



菊田は15日に公務が終わると、16日はジャカルタに移動。デパートで化粧品コーナーを念入りに見て回った。夜は5つ星ホテルのスパで、お目当てのエステを思いっきり堪能したという。


「17日は午前中で会議が終わり、午後からまた、お買い物ツアーを2時間。豚脂の入っていないイスラムのコラーゲン化粧品に興味があり、効果についていろいろ店員に聞いていたようです」(前出の関係者)



危機に瀕する日本のことなどどこへやら。リラックスモード全開だ。


「菊田は新潟県選出で現在3期目。仕分け人をやったあと、仙谷さんの寵(ちよう)愛(あい)を受け、昨年9月に外務政務官に就任しました。中国語が堪能で、気さくな性格ですが、軽い面も。


パプアニューギニアに行く前は『水着持っていって泳ごうかなあ』と口にしていた」(外務省担当記者)


菊田の帰国は18日。



きっとツヤツヤの肌に、大きな買い物袋を抱えてくるだろう。



ソース(特定しますた):

http://tokuteisuta.blog24.fc2.com/blog-entry-4324.html








三宅雪子(北関東比例区)

【地震】民主党・三宅雪子が空気読めない発言で炎上「アロマの香りを楽しんだ」

miyake2.jpg







東北地方太平洋沖地震で日本列島が混乱しているなか、民主党所属の衆議院議員・三宅雪子さんが公式ブログに空気を読めないコメントを書いてしまい、インターネット上で炎上状態となっている。三宅さんは以前から何かと話題になることが多い議員だったが、いったいどんなコメントを掲載したのか?



東北地方太平洋沖地震で日本列島が混乱しているなか、「頂いたアロマオイルの香りを楽しみながら、英語の勉強をしていた」などの書き込みをし、日常を楽しんでいるかのようなコメントをしたのである。「大地震は他人事なのか?」と感じたインターネットユーザーが多くいたようなのだ。以下は、問題となっている三宅議員のブログ記事である。



・静岡で震度6強


おはようございます。昨日も揺れましたね。自宅に戻り、頂いたアロマオイルの香りを楽しみながら、英語の勉強をしていたら、ぐらっと。震源地は静岡。震度6強。『え?今度は静岡?』思わず、ネットニュースを食い入るように見ましたが、被害が少ないことを祈るばかりです。静岡県民の方はもちろん、細野補佐官や田村謙治議員、小林正枝議員らの顔が目に浮かび、心配になりました。今日は10時から打ち合わせ。それでは、そろそろ着替えます(引用ここまで)




・インターネットユーザーの声

「アロマオイル笑った」

「ま、おまえらせいぜいがんばれや。って内容」


「こいつなんとか収監できんもんじゃろか。国賊級だろ」

「なんで余計な一言は書かない方が良いって思考にならないんだろうか」


「ほんとにアロマオイルか? 怪しい草でも炊いてたんじゃねーの」

「危機感なさすぎる」

「スぺランカー三宅は地震ではダメージないんだな」


「うわー。議員としての自覚がまるでないじゃないか」

「今の状況でブログにアロマオイルの香りを楽しみとか書いたら絶対に叩かれる」


「さりげなく英語の勉強アピールをしているところがGood」

「なんだかんだ言って、目の前で着替えられたら一眼レフで撮っちゃうんでしょ?」


「こんなときでも国会議員って暇なんだな」

「どれだけの非常事態かってことと、自分が与党議員だってことを理解してねーな」


「この日記で一番伝えたかったのはアロマオイルと英語の勉強なんだろうな」

「平常運転ですね」




なかには、「議員全員が不眠不休で昼夜問わず災害復旧に向けて頑張っているって設定なんだから、これまずいだろ。まあ閣僚や総理以外は実際こんなもんだと思うけど」と、怒りのコメントを書き込みしている人もいた。どうやら、民主党の議員はこんな有事でもアロマや英会話学習ができる余裕があるようだ。




http://blog.livedoor.jp/himasoku123/archives/51609007.html




一瞬なんともないように見えるが、今、現在進行形で東北で自衛隊や警察や消防が瓦礫を除去し、行方不明者を捜索し、避難所で寒い夜を過ごしている人が何千人と存在し、原子力発電所が爆発している。そんな時に国会議員である三宅議員が、「アロマオイルの香りを楽しみながら、英語の勉強」なんかしている場合だろうか。支援のためのシステムを考えたり、原発の構造などについて勉強するべきなのではないだろうか。「プライベートの時間なんだから何をしてもいいだろう」、という意見もあるかもしれない。たしかにそうともいえる。だが、普通ブログに書くか? こんなこと書いたら非難を浴びることくらいわからないのだろうか。実際、エントリーを削除したのだから、相当数の苦情が寄せられたのだろう。


■とにかくこれをご覧ください



三宅議員は誰にも押されていないのに国会で転倒した時は、ツイッター(Twitter)を「目が通せない」という理由で休止宣言したが、1時間後には再開してみたり、自らへのセクハラコメントをツイッターで引用してマジギレし、「無視したほうが良い」というアドバイスを送ったユーザーを片っぱしからブロック(三宅議員のツイッターに返信などができなくなること)したりと、ちょっとインターネットを使うのは無理なタイプなのではないだろうか。酔っ払ってマンションから転落したこともある。インターネットがどうしたというよりも、たぶん国会議員に向いていない。


まあ、あのフジテレビの社員だったのだから、無理もないかもしれないが。

http://popup777.net/archives/17672/


miyake4.jpgmiyake5.jpg
miyake3.jpg



え?・・・怪我してるんじゃないの? 痛くないの? (^_^;)



 



姫井 由美子(参院議員)

地震被害拡大するなか非常食を手にニコリ~参院議員ブログに非難の声

himei.jpg
himei2.jpg

東北地方太平洋沖地震2011年3月12日 12:22
 11日に発生した観測史上最大となるマグニチュード8.8の東北地方太平洋沖地震に関して、民主党の姫井由美子参院議員のブログがネット上で物議をかもした。

 問題となっているのは、見出しは「東北地方太平洋沖地震発生」、テーマが「姫井由美子速報!!」とされた記事で、地震発生のため参議院会館に泊り込みとなった姫井議員の様子をつづられた内容。そのなかに配給された非常食や非常用毛布を笑顔とともに紹介する記事があった。

 簡易ブログ「ツイッター」では、問題記事のアドレスとともに「めまいがした」とのコメント。およそ国政に携わる国会議員のひとりでありながら「危機感ゼロ」と言われてもおかしくない振る舞いである。

 しかも、問題記事は、地震が発生した11日の夜22時頃に更新されており、すでにテレビなどで、地震被害が拡大する様子が次々に報じられていた。国会にいた同議員が事態をまったく把握できていなかったとは思えない。
 なお現在、11日更新されたの一連の「姫井由美子速報!!」は削除されており、姫井議員のHPには「姫井由美子事務所では東北・太平洋沿岸地震の救援活動を行います」と、支援を呼びかける文章が記されている。真剣な態度で、政治家としてやるべきことを行なってほしい。
【山下 康太】

http://www.data-max.co.jp/2011/03/post_14041.html










在日韓国人をはじめとする
永住外国人住民の法的地位向上を推進する議員連盟
2008年1月に民主党内に設置された議員連盟である。
在日韓国・朝鮮人など「永住外国人に地方選挙権を付与する法案」を通常国会で提出し、
実現させることを目的としている。 会長は岡田克也。

民主党の衆参議員65人(衆院29人、参院36人)が参加している。発足後、
参加者の一部(藤末健三、前田武志ら)が外国人参政権反対に意見を変えた他、
数名の議員が落選・引退する等、人数は変動している。
またこの議連の会合や勉強会が継続して行われているのかも不明。

  衆議院議員
赤松広隆
泉健太
岩国哲人(2009年に引退)
岡田克也(会長)
奥村展三
小沢鋭仁
金田誠一(2009年に引退)
川端達夫
郡和子
小宮山洋子
近藤昭一
佐々木隆博
末松義規
仙谷由人
筒井信隆
津村啓介(呼びかけ人)
中川正春
西村智奈美
小沢一郎
鉢呂吉雄
鳩山由紀夫
平岡秀夫
藤井裕久
藤村修
細川律夫
前原誠司
三井辨雄
三日月大造
横光克彦
横路孝弘
  参議院議員
家西悟(2010年に落選)
犬塚直史(2010年に落選)
一川保夫
大島九州男
小川敏夫
岡崎トミ子
加賀谷健
神本美恵子
川上義博(呼びかけ人)
今野東
佐藤泰介(2010年に引退)
工藤堅太郎(2010年に落選)
武内則男
谷博之
谷岡郁子
津田弥太郎
ツルネン・マルテイ
千葉景子(呼びかけ人、2010年に落選)
轟木利治
友近聡朗
中村哲治
那谷屋正義
白真勲(幹事:呼びかけ人)
藤末健三(2010年に反対意見を表明)
藤谷光信
松岡徹(2010年に落選)
室井邦彦
藤田幸久
藤原良信
前田武志(後に反対意見を表明)
増子輝彦
松野信夫
水岡俊一
簗瀬進(2010年に落選)
山下八洲夫(2010年に落選)
横峯良郎


2008年5月、同議員連盟は「永住外国人への地方選挙権付与に関する提言」をまとめている
この中では、
(1)対象者を「特別永住者」のみならず「一般永住者」まで拡大すること(ただし国交のない北朝鮮国籍者を除く)、
(2)「相互主義」を前提とせずに外国人参政権を与えるつもりであること、
(3)対象選挙を「地方選挙権」に限ること(直接請求権・公務就任権は今後必要に応じて検討)、
(4)「申請主義」を採用し、要件として20歳以上で3ヶ月以上居住していること、等まとめている。
(この提言が現在の民主党案の草案として想定されているものである)
スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。