極悪VS怒羅権

新宿歌舞伎町 マフィアの棲む街
                 赤松浩司
0はじめに

わずか五百メートル四方の歌舞伎町には、アジア各国、南米のマフィア組織が集まり、蠢き、警察もうかつに介入できないほど恐ろしい黒社会が築き上げられている。前期報告では歌舞伎町の実態とその原因について考え、夏季報告ではどのような組織が暗躍しているか、中国人密入国者が増加している原因として中国の貧民層の実態を取り上げ、マフィアとヤクザの違いと関係、警察の対応などについて調べた。最終となる今レポートでは、歌舞伎町の戦後から現在にいたるまでの様子と、不況下での歌舞伎町の姿について調べを進め、警察などの公共機関が今後とるべき対応について意見をのべた。

 1戦後→現在 黒社会の広がり

戦後の混乱が落ち着いてまもない歌舞伎町では、〇〇会の“シマ”といわれたように、比較的縄張りがハッキリしていた。 だが、まもなく博徒系とテキヤ系の区別が薄まるなどして縄張り争いが激化。関西系組織の関東進出もあり、「今の歌舞伎町にはヤクザ事務所だけでも1000近くある」(鴻池氏)という無秩序状態になる。このため、昔は通りやブロック単位だった“シマ”も次第に細分化され、ビルやテナント単位となった。

この街で台湾黒社会が暗躍を始めたのは89年半ばから。90年代に入ると、今度は東南アジアの中国系と大陸出身の中国マフィアが台頭。現在、街娼まで含めればコロンビア、ルーマニア、ナイジェリア…と国籍は全世界に及び、それぞれが複雑に絡み合う。
日本で最も早く海外勢力の侵食を受けた街だけに、外国人による犯罪は頻発し、日本各地で起きた外国人犯罪の実行犯のほとんどもその足跡を残す。警視庁もこの点に注目し、3年前に専従の特別捜査隊を発足させ、界隈の外国人マフィア狩りに着手しているが、絡み合った人と人、民族と民族の糸を解きほぐすことは容易ではない。
中でも群を抜いて厄介なのが中国人犯罪だ。
コマ劇場の北側に広がる歌舞伎町2丁目。この一帯には中国クラブが集中。歌舞伎町のド真ん中にありながら、知られざる世界を構築している。
中国クラブの特徴は午後7時から午前零時までの早番、深夜1時から朝5時までの遅番があること。店名はそのままだが、経営者は別人だ。遅番だと中国人客は日本人客の半額の5000円で飲み放題になる。このため、ボックス席は中国人にほぼ独占され、全国各地で多発しているピッキング、組織窃盗、押し込み強盗、高級車窃盗などにかかわる黒社会の中国人が数多くグラスを傾ける。
「店で中国人が話すことは、日本で儲けた金で中国で大きな家を建てる、ビルを建てる、食品会社を始める…そんな夢ばかり。彼らは大金が入るなら、人殺しを頼まれてもやります」
ある店の遅番ホステスの話である。彼女が日本に来て購入した品で、正規に買ったものは下着ぐらい。高級腕時計、ネックレスなどの装飾品や衣服類、家電製品は盗品と知ったうえで中国人の男から市価の半値で手に入れたとのことだ。
北京、上海、福建…と出身地ごとに勢力が色分けされ、歌舞伎町は日本人には見えないほど深い部分で“ブラック・チャイナタウン”として成熟しつつある。黒社会の構成員は、密入国者だけに指紋登録がなく、警視庁必死の捜査もいわば実体のない“幽霊”を追っているに等しいのだ。
また当初は、青龍刀で対立相手の首を落とすような凄惨な手口を毛嫌いし、距離を置いていた日本の地元暴力団も最近、個人レベルで中国マフィアと密接に連携を開始。携帯電話の普及が組織のつながりを越えた個々の関係を生み出し、そこにさまざまな代紋の利害、思惑が絡みつく。
歌舞伎町は、裏側が混沌状態だけでなく、そこで商売をする経営者も海千山千のツワモノ揃いだ。
新宿区保健所が現場の歌舞伎町1、2丁目の飲食店について実態調査をしたところ、調査した約3400店のうち、台帳と一致していていたのは約2300店だけ。約1100店は廃業したり、店名や経営者が変わるなど、届け出のない店だった。
「雑居ビルのテナントは、また貸しや、そのまた貸しなどゴチャゴチャで、正式な貸主や借り主が分かりにくい。風営法違反など届け出ができない店も多い」(飲食店経営者)
さらに、高い家賃を払うため、1日のうちで昼間と深夜では、別の経営者が営業しているケースさえ珍しくはない。裏も表も実態把握が難しいカオス状態であることが、“魔都”とも呼ばれるワケなのだろう。
享楽、退廃、野望、失意…人種のさまざまな感情が渦巻くカオスの街、新宿・歌舞伎町。もはや一般人の常識で、この街の出来事を読み解くことは難しい。

2不況下の歌舞伎町
新宿・歌舞伎町はここ数年、表も裏も急速にボーダーレス化が進行中だ。この界隈に縄張りを持つヤクザ組織も同様で、ひしめき合う代紋数は12、根城にするヤクザは2000人を超える。こうした闇組織は街の隅々に既得権を張り巡らしている。
道端で韓国人青年が靴やバッグ類を売る露店を開いていた。と、まもなくテキヤ系ヤクザがショバ(場所)代の徴収に現れた。
「兵役で格闘訓練を受けているから、喧嘩をやればヤクザなんて一発で倒せる。でもね、後で大勢で来て、店を壊されるから…」 結局、韓国人青年は月に3~5万円をヤクザに支払うことになった。
日本人経営の店舗でも同様だ。この“商取引”は「みかじめ料」といわれ、歌舞伎町ヤクザのシノギ(稼ぎ)の中心をなす。面積はわずか500メートル四方ながら、5000軒以上の飲食店と風俗店がひしめき、モグリ営業も約200軒あるとされる。すべてのアガリを合計すれば、かなり大きなマーケットなのだ。
みかじめ料は「トラブルなどの面倒をみる」というケツ持ち(用心棒)の対価という性格がある。ビール1本で5万円も請求するボッタクリ店は、当然、客とのトラブルが絶えない。こうした店ほどコワモテの後ろ盾が必要になり、月に30万円を出しているところもあるという。
ところで、歌舞伎町が他の歓楽街と異なるのは、一定の区域や通り、ビルに対し縄張りが明確になっているわけではないことだ。5階建てのビルに5軒の店があっても、それぞれケツ持ちの代紋が異なることも珍しくはない。
通常は早い者勝ちでケツモチが決まるため、新装開店を狙った代紋の“商取引”は、情報の早さが勝負を分ける。出向くのが1分でも遅れ、「うちは××組の○○さんにお付き合いさせてもらっています」と言われれば後の祭りなのだ。
「明星56ビル」の火災でも、この歌舞伎町の特殊事情が、放火を想定した捜査を難しくしている。関係するヤクザの数が多ければ多いほど、調べるべきトラブルも多くなるのだ。
ただ、水面下でこれだけのヤクザがはびこっていても、歌舞伎町の既存勢力は抗争で互いに首を締め合うことを嫌い、基本的には共存共栄路線。仮に、もめ事から殺害に至っても、裏で金銭で和解を図る傾向にある。殺された者の組内の地位、喧嘩の発端などで、一方が出す見舞金の額は変わるが、平組員で1000~3000万円で和解するといわれる。もちろん、裏社会を混沌とさせる要因がないわけではない。バブル期から進出を始めた山口組企業舎弟の存在だ。
「山口組側が事務所を構えても、金融、不動産業の看板で経済活動をするだけなら、口出しはできん」と指定暴力団の某組長は語るが、最近は山口組系組員が店から、みかじめ料を集める動きがあるなど、既存勢力の米びつに手を突っ込む事態が起きている。
この不況下にあっても、人並みが途絶えない不夜城。こんな時だからこそ、ヤクザたちはシノギを求め歌舞伎町に群がる。

3歌舞伎町は無政府状態 石原知事がゲットーと呼んだのは、この歌舞伎町や新大久保付近を指してのことだと思う。それはこういうことなのだろう。仮に表社会と裏社会の2つの社会がこの世に存在しているとすれば、前者は表の取締まり、後者は裏の取締りをしていた、と言えたのではないか。その2つが暗黙の了解のもと協力することがあったからこそ、世界でも有数の安全都市として、一般市民はその平穏無事な毎日を享有していた。
 警察は24時間交代制ではあるものの、それはあくまでも労働基準法に基づく仕事でしかない。それに比べ暴力団、マフィア側は24時間、文字通り、体を張って頑張る自営業者なのである。
 結果、ある種の情報収集は警察の何倍も暴力団、マフィアの方が優れ、この裏社会から表社会への情報提供が事件の早期解決に寄与していた、とは考えられないか。
 言うまでもないことだが、裏社会がその名の下に行なってきた無法行為を認めろというのではない。  行為に照らし合わせてその行為者が法の下裁かれるのは当然のことである。それと同じように、表社会の警察の不法行為に対しても裁くのはまたフェアな関係であると思う
。  警察と暴力団が持ちつ持たれつの関係であることは誰もが知っている事実だ。両者の貸し借りはまた、日常茶飯事のことである。裏社会のみを厳しく取締まり、表社会の不正を放置したことが、今日の現況につながる。 改めて述べることではないが、暴力行為、恐喝行為、ノミ行為、麻薬・覚せい剤売買行為などを見逃せといっているのでは絶対にない。当然、不正行為の当事者や組織に社会的制裁を加えることは当たり前のことだ。だがそれは具体的不正行為や暴力行為に対してペナルティーを科すものであって、防止措置として あらかじめ暴力団新法のような制裁を加えるのが妥当なことかどうか、という点が疑問なのである。  最近はこの防止措置としての新法が増えてきているように思われる。確かに暴力団やマフィアは怖いし、悪いことも一杯している。だが、防止措置としての新法の乱造はそれ以上の社会的恐怖を我々に与える可能性がある。

歌舞伎町・外国人マフィア裏面史
  歌舞伎町は外国人たちが作り上げた街という裏の顔を持つ。
戦後、開放国民となった台湾華僑や半島出身者たちが土地を手に入れビルを建てた。
彼らや街の有志たちが大同団結し荒地であったこの街を一大娯楽街にと映画館・劇場などの娯楽施設を作り歌舞伎劇場を誘致しようとした。
その際に歌舞伎町と言う町名が誕生した。
そうした歴史を持つ街の自国出身成功者を頼って外国人が集まるのも、ネオンの輝く歓楽街に集まるのも当然の事であった。
家賃も安く再開発の遅れた住宅地を周辺に抱えていたことも好条件だった。
少し大きい文字 この街で初めて外国マフィアという名称が与えられたのは韓国・台湾ヤクザたちだ。 戦後、ともに自由主義国家の道を歩んだ韓国・台湾のヤクザは日本のヤクザと精神性に共通点が見られ、ヤクザの権益を荒らすことなく闇の奥深くで彼らは増殖していった。
韓国ヤクザは次第に事業化していき、のちに歌舞伎町にコリアンゾーンを作り上げた。
知られざる韓国組織暴力(ヤクザ)事情とその歴史

歌舞伎町に近いマンション「O」で台湾マフィア同士が激しい銃撃戦を繰り広げ全員が死亡するまで殺し合った。 その後、警戒に当たっていた職質警官をいきなり射殺するという事件が続いた。犯人は「殺手」と呼ばれ台湾で十数人を殺し海外逃亡中の凶悪手配犯であった。
警察の摘発にヤクザの排除という表裏一体の攻撃を受けた彼らは衰退していった。
その後、イラン人が台頭してきたが、彼らもヤクザたちに駆逐され消えていった。
空白を埋めたのは中国人マフィアたちであった。彼らは上海、北京、福建という三大グループを中心に出身地ごとにグループ化していた。 「看板」を出している日本人ヤクザと違い、彼らは簡単には実態を見せなかった。
地元の日本人組織も最初は自国人のみを相手にしたシノギに関しては黙認していた。

しかし暴対法で日本人ヤクザの行動が制限されると彼らは一気に力を付けた。そして事件は起きた。
九十四年八月十日、歌舞伎町の裏面史に残る残忍な殺人事件であった。快活林事件、俗にいう青竜刀事件である。
この事件で中国マフィア・黒社会というものが衝撃的にクローズアップされた
。 一般的には彼らのシノギである弁当販売の利権争いが原因と発表されているが、それは単なるきっかけであり、実際には中国マフィアの「北京」と「上海」の抗争の一部であった。

快活林事件の前に福建出身のヒットマンが別グループから殺人を依頼され対立グループと繋がった中国系マレーシア人やクラブ経営者を殺害するという事件が連続していた。
これらは自国人就労者を客にした賭博利権などの奪い合いであった。
彼らは自国人専用のサロンという名の非合法の賭場を開いていた。

そこでは就職・不動産・偽装結婚・保証人の斡旋、犯罪情報の交換、盗品マーケットや地下銀行業務も行われていた。
その奪い合いに加えて売春利権や金銭問題などが蓄積され一気に爆発した抗争であった
さらに売春、薬物をシノギとする東北マフィアという新勢力も台頭。 歌舞伎町で地元組織のひとつが主催して親睦交流会が秘密裏に開催された。集まった中国人幹部は三百人であった。 そうした彼らの実態を把握できずに一斉摘発という社会的弱者までをも巻き込む大動員作戦を取るしかなかった当局の苦肉の対策とヤクザという自浄抗体を骨抜きにした施法は、彼らを完全な犯罪者集団に変え各地に四散させて日本を犯罪天国にしてしまった。 ピッキング、スキミング、旅券・金券・カードなどの偽造技術のほとんどは彼らが持ち込んだものだ。 ちなみにこの街の歌舞伎という言葉は中国では「舞伎館」という遊郭・娼館に勤める歌妓・舞妓や娼婦のことである。 有名な看板アーチである歌舞伎町一番街・・・、 一番の売春婦街と書いてあることにもなる。 街の名前に誘われて彼らが集まるのも無理からぬ話である。  ※・・・、 最近、「青竜刀事件」のキーワードや某サイト質問コーナー(笑)などで このページを訪問される方が多いようですが、 念のために申し添えれば、あの事件、現在は「快活林事件」となっている。 …どうして??? 実は凶器は青竜刀にあらず、刺身包丁だからです。 中国マフィア、長い刃物、=イコール=青竜刀? 短絡的です。 いまだに、凶器は…、と、そう書く裏系同業者も多いようですが、 実は大恥をかいています。↑私も「俗に言う」と書いているはずです。 で、発生場所も誤解されているようです。 事件現場近辺の路地にある中華料理店じゃありませんから。 …念のために。 (関係者はこぼしていました) まぁ、事件名のインパクト強烈ですからね。 ~歌舞伎町外国マフィア年表~ 1987年2月 歌舞伎町近隣のマンションで台湾マフィア同士の銃撃戦。3名死亡。 1987年12月 大久保のマンションで台湾マフィア幹部2名が射殺される。犯人は前科16犯の「ピストル楊」こと楊双力(五)であった。 1988年1月 四谷で台湾マフィア二名を恐喝で逮捕。台湾で十六名を殺して国際手配中だったことが判明。 1992年9月 職質警官が台湾マフィアにいきなり射殺される。これを機に台湾マフィア衰退。        1993年 イラン人の台頭。 1994年 中国マフィアの三大グループ「上海」「北京」「福建」勢力拡大。 1994年2月 中国人クラブ「Y」殺人事件。上海人経営のクラブに福建人が襲撃。 1994年6月 中国人クラブ「C」で客の福建人が上海人を刺殺逃亡。 1994年7月 カラオケスナック「K」に青竜刀を持った中国人が襲撃。 1994年8月 快活林青竜刀事件。 1994年 歌舞伎町で働く不法滞在中国人女性が逮捕。入管警備局で暴行を受ける。これに抗議した在日中国人は「入管暴力抗議実行委員会」を結成。              1995年9月 警視庁は「新宿地区環境浄化総合対策本部」を設置。「環境浄化作戦」を展開。正業を持つ中国人らが「新宿華人商業相互組合」を結成。 1998年 警視庁は歌舞伎町「国際組織犯罪特別捜査隊」を結成。 1998年8月  銀座宝飾店強盗事件、旅券偽造で歌舞伎町上海マフィアのボスD逮捕。   1999年 韓国カジノとクラブの経営者が射殺される 2000年 貸し金庫の管理をしていた女性が中国人に殺害される 2000年2月 改正入管法」施行。不法滞在の時効を廃止。摘発・強制送還の簡素化。 2000年4月 中国政府が観光ビザ発行開始。日本への観光ブーム到来。 2001年8月 福建マフィアによる中国クラブ「V」強盗殺人事件。日本人店長が殺害される。 2001年11月 中国クラブ「R」ママ強盗殺人事件 2002年2月 歌舞伎町監視カメラ運用開始 2002年9月 喫茶「P」にて東北マフィアが住吉会幸平一家組員を射殺    2002年10月 その報復といわれる中国クラブを狙った歌舞伎町異臭事件 2002年10月、喫茶「P」の報復で住吉会幸平一家は、中国側運転手を刺殺。死体を新宿区上落合に遺棄。 2003年1月 中国女子留学生のマンションに4人組の中国人強盗 2003年3月  大久保のマンションで中国人殺害される 2003年4月 「東京入国管理局新宿出張所」「警視庁組織犯罪対策課」が歌舞伎町に新設され、外国人一斉摘発。福建マフィア壊滅?東北マフィアが勢力を増す。 2004年6月 「歌舞伎町刷新プラン」発動 歌舞伎町浄化大摘発スタート 2005年1月  「歌舞伎町ルネッサンス協議会」   2005年3月  東北グループ、残留孤児二世「怒羅権」のボス「大偉」逮捕される。   2006年1月  2001年8月のクラブ強盗殺人事件の国際手配していた中国人の男3人に中国の裁判所が死刑・懲役刑の判決。 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ※ 東北グループ(東北幇 ) 中国東北地方(旧満洲=遼寧、吉林、黒竜江3省)出身者または日本に帰国した中国残留孤児の二世からなる中国マフィア。 中国東北3省は貧しいが、歴史上、日本と関わりが深く高校でも日本語を教えている。
歌舞伎町・外国人マフィア裏面史
 
歌舞伎町は外国人たちが作り上げた街という裏の顔を持つ。
戦後、開放国民となった台湾華僑や半島出身者たちが土地を手に入れビルを建てた。
彼らや街の有志たちが大同団結し荒地であったこの街を一大娯楽街にと映画館・劇場などの娯楽施設を作り歌舞伎劇場を誘致しようとした。
その際に歌舞伎町と言う町名が誕生した。

そうした歴史を持つ街の自国出身成功者を頼って外国人が集まるのも、ネオンの輝く歓楽街に集まるのも当然の事であった。 家賃も安く再開発の遅れた住宅地を周辺に抱えていたことも好条件だった。
この街で初めて外国マフィアという名称が与えられたのは韓国・台湾ヤクザたちだ。
戦後、ともに自由主義国家の道を歩んだ韓国・台湾のヤクザは日本のヤクザと精神性に共通点が見られ、ヤクザの権益を荒らすことなく闇の奥深くで彼らは増殖していった。
韓国ヤクザは次第に事業化していき、のちに歌舞伎町にコリアンゾーンを作り上げた。
知られざる韓国組織暴力(ヤクザ)事情とその歴史
問題は台湾ヤクザであった。「竹連幇」「四海幇」「天道盟」という黒社会の人間が身分詐称して入国した。流と呼ばれる彼らは凶暴であった。
歌舞伎町に近いマンション「O」で台湾マフィア同士が激しい銃撃戦を繰り広げ全員が死亡するまで殺し合った。 その後、警戒に当たっていた職質警官をいきなり射殺するという事件が続いた。犯人は「殺手」と呼ばれ台湾で十数人を殺し海外逃亡中の凶悪手配犯であった。 警察の摘発にヤクザの排除という表裏一体の攻撃を受けた彼らは衰退していった。
その後、イラン人が台頭してきたが、彼らもヤクザたちに駆逐され消えていった。
空白を埋めたのは中国人マフィアたちであった。彼らは上海、北京、福建という三大グループを中心に出身地ごとにグループ化していた。 「看板」を出している日本人ヤクザと違い、彼らは簡単には実態を見せなかった。 地元の日本人組織も最初は自国人のみを相手にしたシノギに関しては黙認していた。
しかし暴対法で日本人ヤクザの行動が制限されると彼らは一気に力を付けた。そして事件は起きた。
九十四年八月十日、歌舞伎町の裏面史に残る残忍な殺人事件であった。快活林事件、俗にいう青竜刀事件である。
この事件で中国マフィア・黒社会というものが衝撃的にクローズアップされた。
一般的には彼らのシノギである弁当販売の利権争いが原因と発表されているが、それは単なるきっかけであり、実際には中国マフィアの「北京」と「上海」の抗争の一部であった。


快活林事件の前に福建出身のヒットマンが別グループから殺人を依頼され対立グループと繋がった中国系マレーシア人やクラブ経営者を殺害するという事件が連続していた。
これらは自国人就労者を客にした賭博利権などの奪い合いであった。
彼らは自国人専用のサロンという名の非合法の賭場を開いていた。
そこでは就職・不動産・偽装結婚・保証人の斡旋、犯罪情報の交換、盗品マーケットや地下銀行業務も行われていた。
その奪い合いに加えて売春利権や金銭問題などが蓄積され一気に爆発した抗争であった。
さらに売春、薬物をシノギとする東北マフィアという新勢力も台頭。
歌舞伎町で地元組織のひとつが主催して親睦交流会が秘密裏に開催された。集まった中国人幹部は三百人であった。

そうした彼らの実態を把握できずに一斉摘発という社会的弱者までをも巻き込む大動員作戦を取るしかなかった当局の苦肉の対策とヤクザという自浄抗体を骨抜きにした施法は、彼らを完全な犯罪者集団に変え各地に四散させて日本を犯罪天国にしてしまった。

ピッキング、スキミング、旅券・金券・カードなどの偽造技術のほとんどは彼らが持ち込んだものだ。
ちなみにこの街の歌舞伎という言葉は中国では「舞伎館」という遊郭・娼館に勤める歌妓・舞妓や娼婦のことである。 有名な看板アーチである歌舞伎町一番街・・・、 一番の売春婦街と書いてあることにもなる。 街の名前に誘われて彼らが集まるのも無理からぬ話である。 


※・・・、 最近、「青竜刀事件」のキーワードや某サイト質問コーナー(笑)などで このページを訪問される方が多いようですが、 念のために申し添えれば、あの事件、現在は「快活林事件」となっている。 …どうして??? 実は凶器は青竜刀にあらず、刺身包丁だからです。 中国マフィア、長い刃物、=イコール=青竜刀? 短絡的です。 いまだに、凶器は…、と、そう書く裏系同業者も多いようですが、 実は大恥をかいています。↑私も「俗に言う」と書いているはずです。 で、発生場所も誤解されているようです。 事件現場近辺の路地にある中華料理店じゃありませんから。 …念のために。 (関係者はこぼしていました) まぁ、事件名のインパクト強烈ですからね。
~歌舞伎町外国マフィア年表~

1987年2月 歌舞伎町近隣のマンションで台湾マフィア同士の銃撃戦。3名死亡。
1987年12月 大久保のマンションで台湾マフィア幹部2名が射殺される。犯人は前科16犯の「ピストル楊」こと楊双力(五)であった。
1988年1月 四谷で台湾マフィア二名を恐喝で逮捕。台湾で十六名を殺して国際手配中だったことが判明。
1992年9月 職質警官が台湾マフィアにいきなり射殺される。これを機に台湾マフィア衰退。  
      1993年 イラン人の台頭。
1994年 中国マフィアの三大グループ「上海」「北京」「福建」勢力拡大。
1994年2月 中国人クラブ「Y」殺人事件。上海人経営のクラブに福建人が襲撃。
1994年6月 中国人クラブ「C」で客の福建人が上海人を刺殺逃亡。
1994年7月 カラオケスナック「K」に青竜刀を持った中国人が襲撃。
1994年8月 快活林青竜刀事件。
1994年 歌舞伎町で働く不法滞在中国人女性が逮捕。入管警備局で暴行を受ける。これに抗議した在日中国人は「入管暴力抗議実行委員会」を結成。 
            1995年9月 警視庁は「新宿地区環境浄化総合対策本部」を設置。「環境浄化作戦」を展開。正業を持つ中国人らが「新宿華人商業相互組合」を結成。
1998年 警視庁は歌舞伎町「国際組織犯罪特別捜査隊」を結成。
1998年8月  銀座宝飾店強盗事件、旅券偽造で歌舞伎町上海マフィアのボスD逮捕。
1999年 韓国カジノとクラブの経営者が射殺される
2000年 貸し金庫の管理をしていた女性が中国人に殺害される
2000年2月 改正入管法」施行。不法滞在の時効を廃止。摘発・強制送還の簡素化。
2000年4月 中国政府が観光ビザ発行開始。日本への観光ブーム到来。
2001年8月 福建マフィアによる中国クラブ「V」強盗殺人事件。日本人店長が殺害される。
2001年11月 中国クラブ「R」ママ強盗殺人事件
2002年2月 歌舞伎町監視カメラ運用開始
2002年9月 喫茶「P」にて東北マフィアが住吉会幸平一家組員を射殺
  2002年10月 その報復といわれる中国クラブを狙った歌舞伎町異臭事件
2002年10月、喫茶「P」の報復で住吉会幸平一家は、中国側運転手を刺殺。死体を新宿区上落合に遺棄。
2003年1月 中国女子留学生のマンションに4人組の中国人強盗
2003年3月  大久保のマンションで中国人殺害される
2003年4月 「東京入国管理局新宿出張所」「警視庁組織犯罪対策課」が歌舞伎町に新設され、外国人一斉摘発。福建マフィア壊滅?東北マフィアが勢力を増す。
2004年6月 「歌舞伎町刷新プラン」発動 歌舞伎町浄化大摘発スタート
2005年1月  「歌舞伎町ルネッサンス協議会」  
2005年3月  東北グループ、残留孤児二世「怒羅権」のボス「大偉」逮捕される。  
2006年1月  2001年8月のクラブ強盗殺人事件の国際手配していた中国人の男3人に中国の裁判所が死刑・懲役刑の判決。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
※ 東北グループ(東北幇 )

中国東北地方(旧満洲=遼寧、吉林、黒竜江3省)出身者または日本に帰国した中国残留孤児の二世からなる中国マフィア。 中国東北3省は貧しいが、歴史上、日本と関わりが深く高校でも日本語を教えている。
※「パリジェンヌ」事件
2002年9月、新宿歌舞伎町風林会館1階のグリル「パリジェンヌ」で中国マフィア(東北幇)がヤクザ(住吉会系幸平一家)2人を殺傷。 銃撃犯、金石(日本名、村上)は黒龍江省出身で、事件後、中国に逃亡。
2002年10月、住吉会幸平一家は、中国側運転手、張立濤を刺殺。死体を新宿区上落合に遺棄。この事件で住吉会幸平一家組員5人が警視庁の指名手配を受け、数人が逮捕される
2003年3月、金石(日本名、村上)、澳門に入ろうとして中国公安局に拘束され黒龍江省に移送される。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 暗黒街の一大勢力、「怒羅権」。
闇に包まれたその素顔に肉薄する
『怒羅権 Dragon ―新宿歌舞伎町マフィア最新ファイル』 (小野登志郎 著)   http://hon.bunshun.jp/articles/-/863

 

とてつもなく強くて悪くて恐ろしい集団。ぼくが怒羅権について抱いていたイメージだ。はじめてその名を聞いたのは何年前になるだろう。暴走族を取材している編集者が興奮気味に教えてくれたのを覚えている。

 編集者がある暴走族を取材していると、彼らが妙にそわそわしはじめたのだという。理由を聞くと、「今夜は怒羅権が来るかもしれない」とメンバーのひとりがつぶやいた。名前を口に出すだけで呪いがかかるような、そんな怯えかただったそうだ。怒羅権につかまると、男は半殺しにされ、女は輪姦され、アキレス腱を切られて全裸で山の中に捨てられる、なんていう噂もあるのだと編集者はいっていた。

 やがて怒羅権は伝説のようになっていった。理由は彼らがほかの暴走族と違っていたからだ。たいていの暴走族は暴力団と関係がある。自分たちでは収拾できないトラブルを起こしたとき暴力団に頼ることがあるし、暴走族を卒業して暴力団員になるメンバーもいる。だから暴走族ともめ事を起こしたら、そのバックの暴力団と話をつければいい(あとあとたかられたり、面倒なことになるけど)。ところが怒羅権にはそういうバックがない。

 また、目立ちたがりやが多い暴走族が雑誌の取材などを喜んで受けるのに対し、怒羅権はメディアに出ようとしない。秘密主義だからではなく、メディアに出ることで虚栄心を満たすような性向がないのだ。だから実態がわからない。わからないから怖い。

 そして、これらの異質性は、怒羅権のメンバーが中国残留孤児の二世、三世らによって占められていることによると解釈されていた。実態がわからないまま、ますます彼らの凶悪なイメージはふくらんでいった。

 やがて怒羅権はたんなる暴走族のひとつから、チャイニーズ・マフィアなどと結びつき、日本の暗黒街での一大勢力と目されるようになっていった。敗戦直後の愚連隊のように。相変わらず怒羅権についての情報は乏しく、悪い神話ばかりが拡大していった。

 2009年に刊行された小野登志郎の『龍宮城』(太田出版)は、取材不可能といわれていた怒羅権の内側を描いたノンフィクションである。舞台は新宿、歌舞伎町。この街に生きる、怒羅権とつながりのある人びとを、著者自身がこの街に棲みつくようにして取材した傑作だ。それが今度、『怒羅権』と改題されて文春文庫に入った。

 この本で小野は自分を「迷いイヌ」にたとえている。犬、つまりその目の高さは健全なる一般市民よりもはるかに低く、せいぜい地上50センチぐらいのところにある。この姿勢に感動する。小野は取材相手を見下ろすのではなく、同じか、あるいは少し低いところから見つめているのだ。ときには畏怖と共感さえ込めて。取材対象につながりそうな店を選んで夜ごと飲み歩き食べ歩く。ほとんど歌舞伎町にとけこんでしまっている。頑丈な胃腸と肝臓がちょっとうらやましい。

 小野が取材する人びとは、ぼくならあまりお近づきにはなりたくない男女ばかりである。彼らは突然、激昂して暴力をふるったり、売春や薬物のビジネスに手を染めていたりもする。小野は相手をなだめ、一緒に酔うことで信頼を得て、少しずつ話を聞き出していく。油断は禁物だ。敵は隙あらば小野を自分たちの仲間に引き入れようとしている。たとえば非合法な薬物を一緒に楽しまないかと誘ったりして。怒羅権たちをたんに“戦争の犠牲になったかわいそうな人”なんて見おろしていては食い物にされる。小野は地上50センチの目で冷静に見ている。

 この本で怒羅権の実態は見えてきた。だが、彼らを怒羅権と呼ぶか、中国マフィアと呼ぶか、あるいは本書文庫版あとがきで紹介されるように「チャイニーズドラゴン」(警視庁による最近の呼称だそうだ)と呼ぶかはともかく、その輪郭は、取材をすればするほど曖昧になっていく。メンバーかメンバーでないか、日本人なのか中国人なのか、彼らにとって戻る場所はどこなのか。それはたんに国籍や民族のことではない。自分は何なのかと、彼らは問い続けている。「組」だの「親分」だのという幻想を信じるふりができる暴力団や暴走族は幸いだ。怒羅権たちは底なしの闇を抱えている。

 怒羅権の一人が小野に「世界のマフィアって知っていますか?」と問い、語るシーンがある。「その辺で普通に働いている人間が、組織の成員になったりしているんです。皆、普通の人間なんです。日本ぐらいじゃないですか、ヤクザなんて」と男はいう。そして、日本もやがて普通のサラリーマンや大企業の社長がヤクザやマフィアの構成員であるような時代になるかもしれない、と予言するのだ。予言なんて当たりっこないさ、と笑えるか?


怒羅権
 http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%80%92%E7%BE%85%E6%A8%A9

怒羅権(「ドラゴン」)は、東京都江東区港区台場江戸川区[1]を拠点とする暴走族中国残留孤児の2、3世を中心とした違法グループである。構成員は成人すると、中国国籍の朝鮮族を主体とする東北チャイニーズマフィア(東北幇)と連携して裏社会にも進出している。

「怒羅権」とは「日本人に対する怒り、団結、権利」を意味する[2]。中国残留孤児帰国者の一時入所施設「常盤寮」があった東京都江戸川区葛西で1988年に結成された[2]

設立当初の構成員らの言によれば、中国残留孤児帰国者らは日本語が不自由なため授業に付いてゆくことが困難であり、また学校で差別イジメを受けていた。そして自身らが日本人なのか中国人なのか分からなくなり、同じ境遇にあった中国残留孤児の2、3世で自然と集合化していった。[3]

暴走族

東京都江東区、江戸川区[1]を縄張りとし、葛西怒羅権、深川怒羅権、府中怒羅権、王子華魂、赤羽華龍のようにいくつかのグループに分かれている。1990年代に凶悪な事件を起こしたことから、1990年代以降の関東では最大の暴走族と言われている。

構成員は包丁ナイフ鈍器で武装し[4]、敵対する暴走族への襲撃や恫喝を繰り返すなどして、関東一円で日本人の非行少年グループを圧倒した。それだけではなく、警察(交番パトカー[5]を襲撃する事件を繰り返している。脱退しようとした構成員[6]や暴力団員[7]、通行中の一般市民を殺害する事件なども起こしており2011年11月28日現在、1999年6月4日に発生した殺人事件で、怒羅権のメンバー1人が全国公開指名手配されている。[8]

このうち葛西怒羅権は2006年に一度解散したが、2008年に16代の構成員から指示を受け、少年17人で17代目が再結成。その後事件を起こすなどしている[9][1]

この他に東京の別地域や横浜、大阪、福井、福岡にもグループが存在する[10]

マフィア

暴走族グループは成人となるとマフィア的性格を帯び、東北グループ(東北幇)を形成する。通称、大偉(ター・ウェイ)・小偉(シアオ・ウェイ)の兄弟を中心にいくつかのグループに分かれている。大偉グループ(約200人)や金山(キンザン)グループ(約130人)[11]などがある。彼らは日本国籍や一般永住者のため、逮捕されても強制送還されない。

歌舞伎町で新興の福建グループ(三弟グループ)[12]が上海グループと抗争し共倒れると、東北グループが勢力を拡大。住吉会と対立し、2002年(平成14年)には射殺事件を起こすが、後に和解し協力関係を築く[13][14]

中国人の経営する店に対する「みかじめ料」の徴収[11]、パチンコの裏ロム、ハイウェイカードやクレジットカードの偽造[15]振り込め詐欺[16]偽装結婚不法就労[17]覚せい剤の密売、窃盗(自動販売機、車上狙い、貴金属)などの犯罪行為を行っている[18][19]

また日中貿易など合法的なビジネスにも手を伸ばそうとしている[20]。大偉も現在は中国で合法的なビジネスをしている[10]。合法的な商売であっても客の取り合いなどで暴力を行使するという事例が確認されたことがある[21]

東京都区部を拠点とするが、多摩地域にも進出している[17][22]


事件
2007年、貴金属卸売店や貴金属加工会社など3軒が連続して襲撃され、約2億円相当の金品が奪われた連続強盗事件の容疑者の日本人と中国人4人が逮捕された。4人のうち2人は容疑を認め、2人は否定している。否定している1人は、怒羅権のリーダーと見られている[23]

  • 2009年、企業を恫喝する不当要求行為をした2名の構成員が、警察に検挙された。
  • 2010年6月から9月にかけて、競馬の勝ち馬情報を教えるという詐欺を働き、11人が逮捕された。うち、数人が怒羅権のメンバー。23件、約1300万円の被害が確認されている[24]
  • 2010年10月27日、怒羅権の幹部である中国人留学生が、偽造の身分証明書を用いて不正に携帯電話の利用契約をしたことが発覚したため、携帯電話販売店の経営者から契約の破棄と携帯電話機の返還を要求された。留学生は、携帯電話機の返還に応じるとして経営者を都内の路上に呼びつけた。経営者は従業員5名を伴い、ワンボックスカーに乗って待ち合わせ場所に赴いたところ、待ち構えていた留学生が鉄パイプでワンボックスカーを襲撃し、経営者と従業員を殴打して逃走した。翌年6月、逃走していた留学生は容疑者として警察に検挙された。
  • 2010年11月7日、後輩の男子生徒に「1時間以内に5万円を用意しろ」と脅し、目隠しして両手を縛り車に監禁し、暴行を加えて金を脅しとったとして、警察は怒羅権の元総長の少年たち4人を逮捕した[25]
  • 2011年4月1日、都内の路上で、男性が路上で通行人を殺害しようと刃物を振り回し、通行人2名を負傷させて逃走する事件が発生した。同年12月、怒羅権の最高幹部が当該事件の被疑者とされて警察に検挙された。
  • 2011年5月14日、怒羅権の構成員が、暴力団関係者に対して因縁をつけ、耳をそぎ落とすなど重症を負わせる事件を起こした。現場には複数の怒羅権構成員がおり、警察は他のメンバーも関与した疑いがあるとみて捜査[26]
  • 2012年1月11日、警官に対して拳銃を発砲した殺人未遂罪や窃盗罪など10の罪で広島刑務所に服役していた中国人が、管理の不備をついて脱走した。報道によると、この男は怒羅権のメンバーと見られており、脱走後は怒羅権の支援者らと接触している可能性がある[27]。凶悪犯ということもあり、広島を恐怖に陥れた[28]。1月12日には民家へ空き巣に入ったが、翌1月13日、広島市西区天満町で発見され、身柄を確保された[29]広島刑務所中国人受刑者脱獄事件)。なお、この容疑者に関しては中国人の犯罪者であって、怒羅権の構成員ではないとする見方もある[30]

    極悪

    1 :名無番長:2012/02/16(木) 16:14:23.14 0
    築地、月島、板橋、新宿、北千住
    南千住、三ノ輪、浅草、向島
    千駄木、町屋、竹ノ塚、西新井
    梅島、五反野、小岩、横浜、戸田、和光

    極悪 特攻隊

    637 :名無番長:2012/08/28(火) 03:51:00.05 O
    ■極悪初代■
    ■築地月島総本部■

    638 :名無番長:2012/08/28(火) 03:55:28.59 O
    ■築地極悪■
    ■初代総長 山本氏■

    ■板橋極悪■
    ■初代総長 二渡氏■

    ■北千極悪■
    ■初代総長 森氏■

    ■西新井極悪■
    ■初代総長 池畑氏■

    ■深川極悪■
    ■初代総長 藤本氏■

    ■練馬極悪■
    ■初代総長 恩慈氏■

    ■町屋極悪■
    ■初代総長 酒場氏■

    639 :名無番長:2012/08/28(火) 03:56:29.24 O
    ■新宿極悪■
    ■初代総長 遠藤氏■

    640 :s38 猛者:2012/08/28(火) 04:00:47.87 O
    川島氏■北池袋金鹿
    吉岡氏■池袋群龍會
    簗瀬氏■大塚群龍會
    原島氏■小岩荒武者
    篠木氏■藁人形
    神田氏■一寸法師
    三文氏■本木連合
    村越氏■三ノ輪極悪

    641 :s36 猛者:2012/08/28(火) 04:03:40.47 O
    新井氏■板橋極悪
    和久井氏■板橋極悪
    高島氏■滝野川金鹿
    木下氏■板橋極悪
    善林氏■十条金鹿
    和光氏■環六特攻隊
    中川氏■赤羽桐
    益子氏■赤羽桐

    642 :名無番長:2012/08/28(火) 04:13:49.29 O
    これが 板橋極悪の
    精神 これに嘘は無し
    男の道を 一筋に
    胸の 日の丸
    血に 染める

    押忍!

    643 :名無番長:2012/08/28(火) 11:17:25.79 0
    【極●悪】


    ■昭和53年(1978).2.〔暴走族「極悪」グループ加入少年3人、輪姦〕
     暴走族「極悪」グループ加入少年3人、輪姦で補導。

    ■昭和53年(1978).7.14〔16歳7人組非行グループ極悪がレイプ未遂〕
     東京都足立区の無職ら16歳の7人組非行グループが捕った。
     暴走族極悪のメンバーで、自販機荒らしや強盗などを働いていた。
     女性(36)のハンドバッグをひったくり、転倒した女性をレイプしようともしていた。

    ■昭和54年(1979).7.〔不良グループを、強姦未遂事件で補導〕
     元暴走族「極悪」王子支部員をリーダーとする不良グループを、強姦未遂事件で補導。

    ■昭和54年(1979).9.〔暴走族「極悪」リーダーら16人を強姦事件で補導〕
     暴走族「極悪」リーダーら16人を強姦事件で補導解体。

    ■昭和54年(1979).10.〔元暴走族「極悪」グループ員、パーティー券を押売り補導〕
     元暴走族「極悪」グループ員で暴力団準構成員の無職少年を、後輩の高校生らに、
     パーティー券を押売り強要していた事件で補導。

     
     
    644 :名無番長:2012/08/30(木) 01:20:18.11 O

    極悪魂!死んじゃいない!

    突撃突進!国士舘!!

    648 :名無番長:2012/09/08(土) 23:34:57.81 0
    昨年12月25日未明に「クリスマス集会」と称しバイクで集団暴走したとして、県警交通捜査課は3日、道交法違反(共同危険行為)の疑いで、
    県内の少年ら25人(15~18歳)を逮捕し、12人(16~18歳)を補導するなどしたと発表した。

     同課によると、少年らは「印西愚連隊」「千葉極悪」「悪神」など印西市や八千代市、船橋市などを拠点とする五つの暴走族のメンバーや関係者。
    昨年12月25日午前1時15~20分ごろ、印西市の県道でオートバイ19台に分乗して約4・7キロにわたり集団暴走し、
    蛇行運転や信号無視などを繰り返したとしている。

     「印西愚連隊」のリーダーの建設作業員の少年(17)がSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービス、会員交流サイト)「ミクシィ」で、
    仲間たちに暴走行為を呼び掛けるなどし、5グループが集まったという。サンタクロース姿で暴走する少年もいたという。【松崎真理】

    ソース 毎日新聞
    http://mainichi.jp/area/chiba/news/20120904ddlk12040296000c.html

    千葉極悪って名前が一緒なだけか?
     




    653 :千葉極悪:2012/09/12(水) 07:02:57.98 O
    ちなみに千葉極悪は存在してるらしいよ もう解散したみたいだけど。

    657 :名無番長:2012/09/20(木) 11:28:20.04 O
    北千住極悪、梅島極悪出てるよ
    http://m.youtube.com/watch?gl=JP&hl=ja&client=mv-google&v=wK91n3kVqL0


    659 :名無番長:2012/09/23(日) 20:54:55.60 0
    梅島極悪は薬中多かったよな


    661 :名無番長:2012/09/24(月) 03:10:13.83 0

    関東連合と六本木コネクション64
    http://kohada.2ch.net/test/read.cgi/4649/1348422407/
     

    669 :名無番長:2012/09/26(水) 14:34:41.42 O
    >>659だから梅島はシャブイ奴だらけだった(笑)
    極悪の面汚しだな

    671 :名無番長:2012/09/28(金) 17:09:26.12 O
    >>669
    梅極だった渡辺さんは

    男の中の男ですよ!w

    672 :名無番長:2012/09/28(金) 19:50:54.08 0
    幻の極悪ステッカーhttp://page9.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/k156836013#enlargeimg


    673 :名無番長:2012/09/28(金) 19:59:02.01 O
    十 二 代 目

    梅 島 極 悪


    押 忍 !!

    674 :本流 極悪:2012/09/28(金) 20:00:55.38 O
    築地極悪
    月島極悪
    深川極悪
    板橋極悪
    千住極悪
    新宿極悪
    西新井極悪
    浅草極悪
    三ノ輪極悪

    675 :名無番長:2012/09/28(金) 20:02:03.52 O
    ■初代極悪■
    ■築地・月島総本部■

    676 :名無番長:2012/09/28(金) 22:08:16.49 O
    下北沢極悪
    三軒茶屋極悪
    小平極悪
    国立極悪

    677 :名無番長:2012/09/28(金) 22:10:40.06 O
    船場極悪
    市川極悪
    習志野極悪
    松戸極悪

    683 :名無番長:2012/10/01(月) 02:19:43.69 O
    松戸の小金極悪は北千極悪と繋がりあったからモグリではない

    松戸スペクター&柏アーリーキャッツと小金極悪の抗争に
    北千極悪が助っ人で来てたし






    極悪VS怒羅権

     

    3 :名無番長:2012/08/28(火) 14:45:22.86 0
    各地区の番長を集めた精鋭集団の極悪と
    中国人の苛められっ子が作ったドラゴン
    対照的だな
    極悪って武道の達人多いから、案外木刀でボコボコにしちゃうかもよ
    ナイフより木刀の方が長いから、使い慣れてれば有利だと思うよ
    青龍刀は知らんけどw、両者に持たせたら極悪の方が使えちゃうんだろうね

    4 :名無番長:2012/08/28(火) 14:51:23.51 O
    極悪ってなに?ヤクザ?組合員は何人?本部はどこ?

    5 :名無番長:2012/08/28(火) 14:56:07.49 O
    >>4
    バカかおめえ?
    極悪も知らねーなんて話しにもならねー!

    6 :名無番長:2012/08/28(火) 14:59:06.10 O
    そう言わずに教えてよ~

    7 :名無番長:2012/08/28(火) 15:09:31.59 O
    ■築地極悪■
    ■初代総長 山本氏■
    ■板橋極悪■
    ■初代総長 二渡氏■
    ■北千極悪■
    ■初代総長 森氏■
    ■西新井極悪■
    ■初代総長 池畑氏■
    ■深川極悪■
    ■初代総長 藤本氏■
    ■練馬極悪■
    ■初代総長 恩慈氏■
    ■町屋極悪■
    ■初代総長 酒場氏■
    ■新宿極悪■
    ■初代総長 遠藤氏■

    8 :名無番長:2012/08/28(火) 15:14:33.38 O
    伝説の暴走族といえば、まちがいなく、「極悪」になるにちがいない。
    ブラックエンペラー、スペクター、キラー連合といった走ることを中心とした
    他の有名暴走族とは完全に趣を異にしていた。 「喧嘩一筋」を掲げ、史上最強の
    冠のもと「走る暴力団」と呼ばれ、誰もが極悪の名前に恐れおののいた。

    9 :名無番長:2012/08/28(火) 15:15:47.21 0
    極悪は1973年の秋、東京、築地で誕生する。初代メンバーは築地や三ノ輪の下町の
    不良少年たち。名前は若山富三郎主演の映画「極悪坊主」からとった。
    リーダーには国士舘高校に通っていた人間がなる。 武闘を繰り返し、またたくまに
    喧嘩暴走族として極悪の名を広める。

    10 :名無番長:2012/08/28(火) 15:16:43.66 O
    極悪は1973年の秋、東京、築地で誕生する。初代メンバーは築地や三ノ輪の下町の
    不良少年たち。名前は若山富三郎主演の映画「極悪坊主」からとった。
    リーダーには国士舘高校に通っていた人間がなる。 武闘を繰り返し、またたくまに
    喧嘩暴走族として極悪の名を広める。


    12 :名無番長:2012/08/28(火) 15:52:21.82 O

    ■極悪初代■
    ■築地月島総本部■

    13 :名無番長:2012/08/28(火) 15:53:20.98 0
    喧嘩屋
    http://matome.naver.jp/odai/2134353262404839001/2134353605805007703

     
    15 :名無番長:2012/08/28(火) 15:53:58.39 O
    ■板橋極悪■

    初代■二渡氏
    二代目■前田氏
    三代目■草野氏
    四代目■新井氏

    16 :名無番長:2012/08/28(火) 16:09:54.11 O
    初代極悪創立当初、山本さんは
    ジャバラ(国士舘の制服)の白ランにチョーカー、廻りの人間は黒のジャバラの
    洋ランや普通のヤートラファッションでした。バイクのシートのまんなかの
    掴む所?に木刀さしてたり、ハンドルにヌンチャクぶらさげてましたね~
    初代板橋極悪の二渡さんは山本さんと同級生ですよ。

    17 :名無番長:2012/08/28(火) 16:10:30.44 0
    板橋極悪最後の日。確かそれは1981年の春。靖国神社での撮影会で当時は
    群龍会、統慎、環六、金鹿、乱舞、愛羅武勇なんかと一緒に走る事が多かったけれ
    ど、その日は極悪と龍神会だけでの撮影。この日が板橋極悪として起こした最後の
    イベントだった。

    18 :名無番長:2012/08/28(火) 16:40:09.55 O
    ※大井埠頭事件※

    CRS連合 1300人
    vs

    極悪・金鹿 100人

    19 :名無番長:2012/08/28(火) 16:41:30.87 O
    はやい話しが

    極悪・金鹿は

    桁違いの武闘派集団だったということだな。

    20 :s36 強者列伝:2012/08/28(火) 16:43:31.01 O
    新井氏■板橋極悪
    和久井氏■板橋極悪
    高島氏■滝野川金鹿
    木下氏■板橋極悪
    善林氏■十条金鹿
    和光氏■環六特攻隊
    中川氏■赤羽桐
    益子氏■赤羽桐

    21 :s38 強者列伝:2012/08/28(火) 16:44:07.75 0
    川島氏■北池袋金鹿
    吉岡氏■池袋群龍會
    簗瀬氏■大塚群龍會
    原島氏■小岩荒武者
    篠木氏■藁人形
    神田氏■一寸法師
    三文氏■本木連合
    村越氏■三ノ輪極悪

    22 :名無番長:2012/08/28(火) 16:51:00.48 O
    極悪初代と同じ時代…
    規格外の強さでその名を馳せた
    阿部幸男氏。

    空手道場破りが趣味で喧嘩相手がプロレスラーのまさに怪物。

    23 :名無番長:2012/08/28(火) 16:52:18.43 0
    北池袋金鹿の川島氏はガチで金鹿歴代戦士の中で一位二位争うほど喧嘩師でした。
    ちなみに極悪伝説にも白の北池袋戦闘服で出ています。
    川島氏に詰められて何人も交◯に逃げ込んでるらしいです。
    この代の北池袋の歌舞伎町族狩りは毎晩行われており、アルタ前や大ガードでの乱闘騒ぎは日常茶飯事だったそうです。

    24 :名無番長:2012/08/28(火) 18:12:39.92 0
    http://youtu.be/DNb4Go7EIA4

    以下、続きは  
      
    http://logsoku.com/thread/kohada.2ch.net/4649/1346128212/


    1.  




    スポンサーサイト

    管理者にだけ表示を許可する