日本の姦流狂の女がチョン猿の餌食に・・・マスゴミの罪は深く重い・・・しかし情けなくもある。

不良韓国人が新大久保で荒稼ぎ「被曝食材を販売との噂」 

当局のガサで閉鎖した新大久保の“聖地”

韓国人ニューカマーの“ワル”が好き放題、大暴れしている!?

 韓流ブームが冷めやらぬ一方で、キナ臭い話も出始めているのだ。昨年12月、CDやポスターなどを販売する韓流ショップが法人税4000万円を脱税。また今年2月中旬、韓流アイドルグループを興行資格のない短期滞在ビザで入国させ、3か月間に60回以上ライブを行ったライブハウス経営者と、そのグループが書類送検された。

 “韓国人ワル”の根城とされる東京・新大久保で10年ほど前から食堂を経営する在日韓国人のA氏は、「彼らが街を牛耳ったことで、負の連鎖が始まった」と嘆く。

「彼らに共通しているのは、私腹を肥やすためなら手段を選ばない点。ビルオーナーの代理業務を行う不動産業者に裏金を渡すことで結託し、『この大きさの店舗なら権利金は○○○万円!』という具合に、街全体の家賃をつり上げた。結果、店舗の家賃は10年前の5倍以上になってしまいました」

 また、現在の新大久保にある韓国料理店は“安かろう悪かろう”ならぬ、“高くても悪かろう”。家賃高騰の穴埋めとして安い食材を用いているというのだ。「テキトーに作っても日本人にはわからない」といった具合に、質の低い料理を提供するようになったとか。

「被曝食材を使っている店もあるという噂です」(A氏)

 こうした状況は自らの首を絞めることになりかねないと、韓国大使館も眉をひそめているという。新大久保で飲食店を営む、あるニューカマーもこう話す。

「大久保通りにある大型ショップビル『K』に、韓国最大手の芸能事務所『C』の傘下団体が資本投下する話があったが、立ち消えになった。『K』が地下1階で海賊商品ばかり扱っているからというのが原因です。同じく、『C』はKINOやSOS(解散済み)など『新大久保発アイドル』を擁するライブハウス『聖地』に資本投下する話もあったけど、ポシャった。ご存じの通り、労働ビザや免許の問題がボロボロだし、オーナーも素人。このように今の韓流ブームは、ちゃんとした会社が二の足を踏むような、危ういバランスの上に成り立っているわけですよ」

 だが、ひとたび爆発したブームの勢いは無軌道に広がる一方だ。匿名を条件に、事情通が話す。

「『聖地』が労働ビザ問題でガサ入れされて、昨年12月に閉鎖した。その後釜を狙い、現在、敵対し合っている界隈の有力者3人がそれぞれ、素人の韓国人男子がショーをするライブハウスを新たにつくるべく、動いていると聞きます。エンターテインメントショーは儲かりますから、血みどろの争いになることは必至です」

― 韓流ワルが日本で大暴れ!【1】
 

鴬谷の韓国デリヘルは悪の巣窟

韓国風俗の発祥地といえば、東京の鶯谷だ。どの店も「韓国デリヘル」を謳っているが、本番・ナマ中出しが大前提。事実上、売春の温床となっている。風俗ライターのT氏が声を潜めて語る。

「鶯谷の風俗の事務所で2回、机の中に拳銃が隠されているのを見たことがある。長年風俗店を取材しているけど、そんなの韓国系だけですよ。いかに物騒な世界か容易に想像できるはずです」

◆日本の暴力団と一蓮托生 風俗嬢はタコ部屋住まい

 韓国風俗嬢はタコ部屋のような寮に住まわされるのが通常だが、そこでは強盗事件が頻出。ダーティなカネのため銀行に預けることができず、現金をタンス預金していることが多いからだ。T氏も、捕まった強盗犯がその筋の人間に軟禁されている現場を目撃したというが「ママさん」と呼ばれる韓国人オーナーは「そのうち東京湾に浮かんでるんじゃないの?」と、こともなげに話していたという。

 そんなママさんも実は雇われオーナー。ママさんは風俗嬢として来日したあと、裏カジノに連れていかれ、借金にズブズブに漬けられ、本国に帰れなくなったという。

「韓国系風俗の場合、日本のヤクザと韓国人ブローカーがガッチリ手を組んでいる。両者は一蓮托生なんです」(T氏)

 日本の暴力団には韓国人が多く在籍してきたという歴史的背景がある。日韓のワルは決して切り離せないということか――。

― 韓流ワルが日本で大暴れ!【2】 ―


韓流ショップ 劣悪海賊版を日本人に販売中
新大久保の人気韓流ショップ2店を運営する会社が、脱税容疑で国税局に告発された事件を覚えている人も多いだろう。2年間で1億5000万円という同社の所得も驚きだが、そもそもこれらのショップで扱われている商品は、ほとんどが著作権を無視した違法な海賊版商品。テレビや女性誌では「スターのグッズが買える!」などともてはやされているものの、実態は原価などなきに等しい劣悪なコピー商品だ。

「韓流ショップのオーナーたちも“いけない商品”を扱っているという自覚はあるんです。ただ現在の日本の法律だと販売する側を逮捕することはできないし、いわば覚悟の上でしれっと営業している」(韓国カフェのオーナー)
しかし韓国国内でも、違法コピー商品を取り締まろうという動きが業界団体の間で広がっている。彼らが本腰を入れたら、韓流グッズビジネスはジ・エンドだ。

◆事務所の法外なマージンも海賊版跋扈の一因か

「本当はファンだってバッタものより公式グッズが欲しいに決まっている。でも韓国では芸能事務所の取り分がとにかく多すぎるんです。私が関わったライブイベントでは、6つの事務所がそれぞれ5000万ウォン(約350万円)のミニマムギャランティー(売り上げにかかわらず、権利者に前払いする報酬)を分捕る契約だった。これとは別に制作費もかかるわけだから、業者は誰も手を出さない。本当に高笑いしているのは、韓国の事務所関係者でしょうね」

― 韓流ワルが日本で大暴れ!【3】 ―


ナンパ女子高生をマワす…韓流“ヤリチン”暴走中!
「昨年のクリスマス、日本人と5対5の合コンをし、2対2、3対3に分かれて乱交しました。プレイ中は互いの顔を見ながらニヤニヤ。界隈では伝説になってますよ!」

 新大久保で人気ナンバーワンと評される「イケメン店員をウリにしたカフェ」の元店員、イム(仮名・24歳)は、ほくそ笑む。俳優クォン・サンウのような端正なルックスの彼は、就職活動に失敗して日本に来た留学生でもある。聞けば、彼らは韓国人であるというだけでモテるため、韓流好きの日本人ギャルを食いまくっているらしい。店に好みのコが来たら、帰り際にこっそり自分のケータイ番号とメアドを書いたメモや名刺を渡すのが手口だという。女性側からメモを渡してくることもあるとか。SEX成功率は95%。そして捨てられた子犬のような瞳で「生活が苦しくて……」と言うと、1回1万円の金銭的援助をしてくれる女性も少なくないという。

 彼らヤリチンの暴挙は日に日にエスカレートしており、某クラブの週末イベントで、ナンパした女子高生を男性4人でマワしたという話もある。アメリカ国籍の韓国人留学生が本国から持ち込んだ脱法ドラッグを貰って「キメてから遊ぶこともある」という。ほかにもスナック店員のチェ(仮名・37歳)は「午前と午後で一日2人ずつ、1週間で12人とヤりました。体がいくつあっても足りないよ~」と話す。こうしたヤリチンについて、同胞の女子留学生たちも「チャラい」と口を揃える。

 また、日本人女性に大人気の韓流ボーイズバーに潜入し、その乱痴気ぶりを直撃した。

【上半身裸で抱きつく新手のアイドルも登場】

 この日は、店でバーテンダーもこなすアイドルグループ「K」のライブデー。記者を含め観客全員が女性、店内は立ち見が出るほどの超満員(150人超)だ。ライブ中、シャツを脱いで上半身裸になり女性客に抱きつくのは当たり前。パフォーマンスとはいえ、常連客とおぼしき30歳前後の女性にキスをする場面まで。ライブ終了後、バータイムになるとその男性たちが「飲んでみる?」と自分のグラスを差し出したり、「このポテチ、あーん」といった具合に、親しげに接してくる。常連だという日本人女性に話しかけると、「内緒だよ」と前置きしたうえで、「(目の前にいた)お気に入りの男と、年末にエッチした」と暴露してくれた。

 まさに、韓流ヤリチンバブル。この風潮に便乗して“淫獣”と化した韓国人男の下半身の暴走は止まらない。



女性向け“韓流エステ”…手つきは完全に“愛撫

韓流「イケメン」が全身またはハンドマッサージなどを行うエステが女性に大人気だという。聞くからに怪しさ満点のこのビジネスに、アラサー女編集Aが潜入した。

 向かったのはハンドマッサージが中心の「Z」。店員は全員、韓国人男性だ。編集Aの担当はキム君(仮名・22歳)、「嵐」の櫻井翔似のイケメンであった。

 両腕を肘までたくし上げ、オイルマッサージを開始。だが指と指の間をつまむ、指を一本一本握って前後にさするなど、その手つきは完全に「愛撫」。さらにいちいち間を取って、こちらの目を見つめてくるため妙な気分に……。極め付きは、角質を取るために行うスクラブだ。手に取ったスクラブ剤をなぜか中指一本で、クイクイっとかき混ぜるキム君。その中指を血走った目で凝視してしまった編集Aだったが、気を取り直して覆面取材を続行。客に逆ナンをされるのか?と聞くと「別に」と言う。「本当に? イケメンなのに~」と持ち上げると、キム君は顔を真っ赤にして「恥ずかしいデス」とうつむいた。そのあまりのかわいさに韓流ファンの気持ちが理解でき、襲いたかったが手が油まみれなのでやめておいた。その後、話が弾んだ頃合いを見計らって「メアド交換しよ♪」と畳みかけるも「結構です」と即、却下……。編集Aの力不足なのか、キム君が真面目だったのかは知る由もない。

 施術終了後、自分は変態なのか!?と、自責の念にかられた編集A。だが店内の壁を見ると、女性客が店員に寄り添って顔を紅潮させた写真が無数に貼り出されており、一様に性行為をした後のようなホクホク感を漂わせていた。リピーターも多いらしい。韓流イケメンビジネス、恐るべしである。


新大久保発の韓流アイドル、実はバイトの兄ちゃん
来日18年目になるチさん(仮名・51歳)は、東京に事務所を構える韓流映像関連企業の社長。“ヨン様バブル”で一時は事業を拡大したものの、現在は資金繰りに苦しみ青息吐息だと苦渋の表情で告白する。

「K-POPを中心とした現在の韓流ブームの波に乗れなかったのが大きい。ビジネスが巨大化した今、本当にボロ儲けしているのは、日本に来たばかりの韓国人と、日本の大資本。特に“義”の心がないニューカマーのヤツらは、日本を舐めくさってますよ!」

 チさんによると現在、韓流ブームの恩恵にあずかっている一部の韓国人は、日本で長くビジネスをしようという長期的なプランが欠如しているという。日本人から搾り取れるだけ搾ったら、本国に帰ればいいという考えなのだ。

「我々は地道に異国で頑張ってきたという自負があるけど、ニューカマーの連中は郷に入っても従う気がゼロ! それどころか、脱税はする、ゴミは撒き散らかす、女は食い荒らす、労働ビザは取らない、違法コピー商品を売りつける……もうやりたい放題じゃないですか! 同じ韓国人として恥ずかしい限りです。これではアンチ韓流デモが起こるのも不思議ではない」

「韓流利権」に食い込めなかったひがみなのか……?と思いきや、同様の意見が長く日本に住む在日韓国・朝鮮人の間から上がっているのも事実。同胞の間でも、荒稼ぎするニューカマーのやり方に疑問を呈す声は大きいのだ。

「イベント系のコンサートチケットも日本では当たり前のように1万円を超えているけど、本国ならタダですよ。“新大久保発のK-POPアイドル”なんて、あんなの韓国では誰も知らない。焼き肉屋や喫茶店で働くただのバイトの兄ちゃんなんだから(失笑)」

 映像ビジネスで食い詰めたチさんは、飲食業への参入も考えた。だがそれも、新大久保の法外な契約金と家賃で頓挫したという。ここでも仲介マージンを抜いているのはニューカマーだという。

 結局、韓国人の敵は韓国人というわけか?

後は野となれ山となれ!悪ノリする“韓国人不良”

「ルールは無用、自分自身がルール。ブームに乗っかって荒稼ぎできるうちにとことんやってしまえ。赤信号、みんなで渡れば怖くない! というのが、いわゆる“韓国人ワル”のメンタリティです」

 溜め息交じりにそう話すのは、韓国人ジャーナリストのC氏。新大久保の住人の大半と交流がある、屈指の事情通だ。

「韓国人の日本でのビジネスはデタラメです。例えば、韓流ショップや韓国コスメの専門店。日本中どこの店を覗いてもラインナップは同じ。他店との差別化を図らないのは、そんなことをしなくても購入者がいるから。当然のごとく、商品が違法コピーや偽物であってもお構いなしなのです」

 韓国は独立以来、常に政情が不安定で、社会格差も日本の比にならないほど激しい。そのため勝つか負けるかという二元論を非常に意識し、勝者になれるなら手段を選ばない風潮が強いというのだ。

「商売人でなくとも同じ。若い韓国人の男は“韓国人”というだけで韓流ファンの日本人女性にモテますが、この流れに乗って損することはないので、臆することなく悪ノリしまくる(笑)。日本でのモラトリアムを謳歌しながら、勝ち組幻想に浸っているのです」

 というのも、韓国では「6人に1人が無職」といわれるほど若者の失業率が高い。本国でまともな職にありつけない若者は「白手」と呼ばれ差別される。もちろんその中には、日本に渡るケースも多い。

「だからこそ、後は野となれ山となれの精神で、際限なく調子に乗れてしまうのでしょう」

 韓国人ワルが日本で暴走するワケには、厳しい本国の事情も関係しているようだ。

 ■C氏 48歳。来日25年の韓国人ジャーナリスト。韓国大使館とも太いパイプを持つ。K-POPから北朝鮮の行政事情まで、守備範囲は広い。最近の関心事は「韓流ブームはいつまで続くか」


取材・文・撮影/SPA! 韓流LOVE倶楽部 ※当企画の画像と記事の内容は特定の店舗とは関係ありません









スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する