スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Comment (-)

尖閣諸島は日本の領土という事がよくわかる日記

  日本国尖閣諸島
$はやぶさのブログ-nya1 $はやぶさのブログ-nya2

尖閣諸島の位置と名称
1.魚釣島 2.大正島 3.久場島 4.北小島 5.南小島 6.沖の北岩 7.沖の南岩 8.飛瀬 (wiki)


尖閣諸島 魚釣島
$はやぶさのブログ-nya3

1885年:福岡県八女郡出身の実業家・古賀辰四郎が
尖閣諸島の調査を開始。その後、島が無人島である事、
無主であることなどを確認。
$はやぶさのブログ-nya4

1895年:日本政府が尖閣諸島の領土編入を閣議決定。

1896年:古賀辰四郎が政府より魚釣島、久場島、北小島、南小島の30年間無償貸与を受ける。以降、魚釣島にカツオ節工場などが建設される。

$はやぶさのブログ-nya5日本人により作られた入り江
1904年:この頃、日露戦争の特需を受け、防寒用衣類の原料となる海鳥の羽毛採取が活発化。事業は大きな利益を上げる。魚釣島内には最盛時99戸、248人が生活していた。
$はやぶさのブログ-nya6$はやぶさのブログ-nya7

1918年:古賀辰四郎が死去。事業は息子の善次に引き継がれる。
$はやぶさのブログ-nya8

1919年:魚釣島に漂着した中国漁船の乗員を島民たちが救出。
翌年、中華民国長崎領事から「日本帝國沖縄懸八重山郡尖閣列島」と記された感謝状が贈られる。
$はやぶさのブログ-nya9

1932年:日本政府が魚釣島、久場島、北小島、南小島の四島を古賀善次に有償で払い下げる。

1940年:この頃、戦況悪化により尖閣諸島から住民が撤退。大日本航空内台連絡線阿蘇号が魚釣島に不時着する。

$はやぶさのブログ-nya10

1945年:終戦の前日、台湾へ疎開する石垣島の児童ら150数名を乗せた千早丸が米軍の空爆によって魚釣島に非難。
食料が尽きて50数名が飢え死にする。
$はやぶさのブログ-nya11鎮魂の碑

1946年:GHQが尖閣諸島を含む南西諸島の施政権を連合国へ移す。
$はやぶさのブログ-nya12

1951年:サンフランシスコ平和条約に調印、尖閣諸島は米国施政下へ。
$はやぶさのブログ-nya13

1958年:高等弁務官布令20号に基づき米軍が久場島を軍用地に指定。
古賀善次氏と米軍の間に年間11104ドルで地料契約が結ばれる。

1968年:国連アジア極東経済委員会(ECAFE)が東シナ海の海底調査を開始。翌年、埋蔵量が豊富な油田がある可能性が高いと発表される。

1969年:石垣市は、尖閣諸島の行政管轄を明示するため、魚釣、久場、大正、北・南小島五島に標識を設置。$はやぶさのブログ-nya14

1971年:沖縄返還条約が締結。翌年5月沖縄諸島とともに尖閣諸島も施政権が返還される。台湾、中国が公式に領有権を主張し、論争が激化する。

1972年:日中国交正常化。古賀善次が埼玉の実業家、栗原國起氏に北小島、南小島を譲渡。

中華民国国防研究院の「世界地図集」では72年まで、尖閣諸島は日本領として表記されていた
1971年:沖縄返還条約が締結。翌年5月沖縄諸島とともに尖閣諸島も施政権が返還される。台湾、中国が公式に領有権を主張し、論争が激化する。 1972年:日中国交正常化。古賀善次が埼玉の実業家、栗原國起氏に北小島、南小島を譲渡。 中華民国国防研究院の「世界地図集」では72年まで、尖閣諸島は日本領として表記されていた http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1285.html "1971年:沖縄返還条約が締結。翌年5月沖縄諸島とともに尖閣諸島も施政権が返還される。台湾、中国が公式に領有権を主張し、論争が激化する。

1972年:日中国交正常化。古賀善次が埼玉の実業家、栗原國起氏に北小島、南小島を譲渡。

中華民国国防研究院の「世界地図集」では72年まで、尖閣諸島は日本領として表記されていた
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1285.html
$はやぶさのブログ-nya15

1978年:古賀善次氏が死去。妻が魚釣島を栗原氏に譲渡。
政治結社・日本青年社が魚釣島に灯台を設置。
$はやぶさのブログ-nya16


1979年:沖縄開発庁が魚釣島に仮設ヘリポートを設置。中国政府の抗議を受ける。

1988年:栗原國起氏が那覇市に財団法人古賀協会を設立。

1996年:日本青年社が北小島に灯台を設置。
$はやぶさのブログ-nya17
香港の「保釣愛国行動委員会」のメンバーが魚釣島付近の海に侵入して、数人が海に飛び込み、1人が溺死。台湾、香港の活動家4人が魚釣島に上陸する。
$はやぶさのブログ-nya18注1香港・台湾とあるが・・・

1997年:新進党議員の西村眞悟が国会議員として初めて
魚釣島に上陸。
$はやぶさのブログ-nya19

1998年:香港および台湾の抗議船等6隻が尖閣諸島領海付近に接近、領海侵犯の「魚釣台号」は沈没。

2000年:日本青年社が魚釣島に尖閣神社を建立
$はやぶさのブログ-nya20

2004年:中国人の不法上陸者により尖閣神社が壊される。
$はやぶさのブログ-nya21

この中国旗を立てた中国人は、靖国神社の狛犬に落書きをした
馮錦華だと言われている。$はやぶさのブログ-nya22


 注2

この頃より、中国の歴史捏造を開始。

$はやぶさのブログ-nya23石碑に一九九六年と書き
$はやぶさのブログ-nya24

$はやぶさのブログ-nya25海に投下 注3

中国側が巧妙な手口で「日本の領土を守るため」と不動産業者、議員などを通し、40億で購入しようとしていたケースもある。
$はやぶさのブログ-nya26

 注4に全文

2005年:日本青年社が建設した魚釣島灯台の所有権が日本政府に移り、海上保安庁が管理。

2010年:尖閣諸島沖久場島付近で中国船が海上保安庁の巡視船に衝突。

尖閣衝突ビデオ 海保巡視船『みずき』に体当たりする中国船



ビデオを見た議員の感想

福島瑞穂社民党党首
「車が道路でちょっとコツンとぶつかるような、あてて逃げるという映像だ。(挑発行為は)離れてるし、分からなかった。反日デモがエスカレートしている状況だ。国民に公開することは慎重であるべきだ」

小林興起(こうき)衆院議員(民主党)
「向こうが逃げまどって、当たっちゃったということだ。衝撃があるような当たり方じゃない。ぶつかる瞬間はカメラの位置からして見えない」


船長が逮捕されるが、不起訴釈放。
$はやぶさのブログ-nya28 $はやぶさのブログ-nya29

中国は『日本のアイドルが中国の味方をしている』という偽画像を
ネット配信。
$はやぶさのブログ-nya30

魚釣島は中国のものであると主張するデモ
$はやぶさのブログ-nya31 $はやぶさのブログ-nya32

保釣活動家が、2011年6月17日に、世界中の華僑を集め
1000隻で尖閣を取り囲もう、と気勢を上げる。
$はやぶさのブログ-nya33

その後、衝突の模様を記録した海保内部のビデオ映像に公開した
海上保安官が書類送検され、保安官は依願退職する。
$はやぶさのブログ-nya34

動画を投稿した一色正春氏
 
2011年6月14日:中国の解放軍報はベトナムやフィリピンとの対立が激化している南沙諸島など南シナ海の問題で、「古来から自国領」と主張する論説を発表した。【資源判明して他国が分不相応な欲出した…】
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2011&d=0614&f=politics_0614_019.shtml



     *以上《参考資料『誰も見たことのない日本の領土』宝島社》

参考動画

中国がベトナム人を惨殺して、チュオンサ島を奪う。
(コメントにNEXT JAPANとある)




注1:台湾は日本の生命線より
http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1285.html


注2:【2004年尖閣に中国の旗を打ち込んだ男は2001年に靖国神社の
狛犬に落書きした馮錦華だった】 http://news10.2ch.net/test/read.cgi/news4plus/1080175262/


注3:(2004年1月13日、中国民間保釣聯合会(予備会議)が
組織され、尖閣諸島海域を視察、日本の巡視船と遭遇し、視察隊員
は中国主権の象徴となる石碑を魚釣島海域付近に投下した後、引き返した。
坂東忠信氏ブログよりhttp://blog.tianya.cn/blogger/post_show.asp?

注4:
日本固有の領土である沖縄・尖閣諸島を、中国関係者がさまざまなルートを通じて購入しようとしていることが、国会関係者の話で分かった。所有者である埼玉県の企業家は国益を考えて突き放しているが、「40億での買収」を提示したケースもあったという。沖縄は今週17日、返還調印40周年を迎えるが、中国海軍は沖縄近海での示威的活動を活発化させ、一部の華人系団体が尖閣接近を計画しているとの情報もある。日本の領土が危ない。
関係者によると中国側の怪しい動きが始まったのは約10年前から。3,4年前から特に顕著になった。
手口は極めて巧妙。不動産業者を通したものだけではなく、国会議員や政治団体関係者などが「日本の領土を守りたい」「私が力になろう」と接近してきた。その背後に中国側の存在をうかがわせるものが多々あったという。
尖閣諸島は1895年、日本がどの国にも属していないことを確認して領有を宣言した。1919年に中国漁船が尖閣・魚釣島に漂着座礁した際、船長ら31人は島民らに救助されて無事に帰国した。
翌年、中国(中華民国)から日本の島民らに「感謝状」が送られている。
ところが国連が71年に、尖閣付近の海底に石油や天然ガスなどが埋まっている可能性を指摘すると、中国は「自分の領土だ」と言い始めた。
現在の所有者は70年ごろ、同諸島を開拓した福岡県の実業家、古賀辰四郎氏の子孫から「日本のためにつかってほしい」と託され、4つの島を譲りうけた。これらは国が借りて管理しているが、中国側があの手この手で「わが物にしよう」と画策しても不思議ではない。
最近、中国人は金の力にものを言わせて、北海道をはじめ、全国の山林や原野を買いあさっているが、尖閣についても「所有者側に、40億での買収を提示したこともあったようだ」(国会関係者)という。
ちなみに、自民党政権時代に尖閣諸島の国家買収が検討されたことがあるが、「数億円だった」(党関係者)。中国が領土的野心を高め、近海の海底資源が注目される中、その価値はさらに上がっているとみるべきだ。
こうした動きに危機感をもった民間人による「日本の国土を守る国民の会」の設立総会が来月開かれる。代表世話人である中森ふくよ氏は「諸外国との友好を維持しながら、国民の生命と財産をまもっていくことが国家の使命。現状を放置すれば、日本の国土は、国民の意思に関係なく、他国の思惑のままになっても不思議ではない」と警鐘を鳴らし、尖閣諸島に気性・自信観測基地など国際的平和施設を建設するように提言している。政府の対応は務

尖閣諸島について更に詳しく知りたい方は、以下を御覧下さい。

◆仲間均氏ブログ【尖閣諸島の歴史と現状】
http://nakamahitoshi.ti-da.net/
◆坂東氏ブログ【尖閣沖で証拠作り?】
http://ameblo.jp/japangard/entry-10732513956.html
【この船で尖閣にくるぞ】
http://ameblo.jp/japangard/entry-10918783215.html

中国が尖閣諸島だけでなく沖縄をも狙っているという話をしても
そっち系の方は「そんなはずは無い、むしろ日本が未だに外国の領地を占領しようとしているのではないか」と逆切れすることがあります。
坂東忠信さんの「外国人犯罪の増加から分かること」で紹介されていますが(ぜひ本文を読んでください、カラー写真も載っています)
「中国人民解放軍の正体」を発表した鳴霞さんが発行している「月刊中国」によると、2006年9月13日の「人民日報」ネット記事で、2004年からの二年間、中国海軍は東海の中共管轄領海内に、(中国領土基点方位点)と彫られた石碑を10基すえつけた、という記事があるそうです。
その石碑には、中国領土基点・中華人民共和国と彫られ、そこに赤いペンキが塗られていて、その石碑は、高さ130cm、幅50cm、厚さ30cm。
それが縦110cm、横80cm、厚さ30cmの礎石の上に乗せられている、とのこと。
その任務は、大陸から遠く離れた無人島や岩礁など、自然環境の悪い島々に「中華人民共和国領海」と描かれた石碑を、海域に投入することであり、
これら軍人は命がけの危険な任務によって、尖閣諸島の大小島々に20余個の方位点石碑を海域中に投入している、というのです。
2004年1月13日中国民间保钓联合会(筹)组团前往钓鱼台列屿海域考察,遭日舰围堵撞击,考察队员将象征中国主权的石碑投放在钓鱼岛海域附近后返航。
訳:(2004年1月13日、中国民間保釣聯合会(予備会議)が組織され、尖閣諸島海域を視察、日本の巡視船と遭遇し、視察隊員は中国主権の象徴となる石碑を魚釣島海域付近に投下した後、引き返した。
最近尖閣沖で中国の監視船がまた怪しい行動をしていますが、この石碑をさらにたくさん海中投下しているのでは?
私たちの孫の代になって「ここにあるの石碑、中国領海だったの時の証拠!」と言い出しかねません。

どんな石碑かというと

$はやぶさのブログ-nya35

$はやぶさのブログ-nya36

こんなものです。
嘘だと思われる方、「中国」「石碑」「海中投下」などで検索してみてください。

$はやぶさのブログ-nya39

中国が領土拡大を狙っていることは間違いの無い事でしょう。
そして、それににらみを効かせているのは沖縄の米軍だという事を理解できない方はスパイもしくはアジア諸国平和を乱す人物だということです。
多くの「自称」平和主義者、平和団体がこれらにあたります。

南沙諸島の問題に日本は口を出すな?という自称日本人から声が出そうですが
尖閣諸島に対しても準備はしているようです。
「日本の報道を見ると、中国がわずかに釣魚台列島の中のひとつの島、釣魚島の主権を主張しているだけのようだ。これは日本の詭計である。」
「中国の言う領土は尖閣列島全体を指している」
というふてぶてしい内容が書かれています。
この石碑については書かれていません。

要魚拓!尖閣工作の証拠写真
↑これもぜひ読んでください。

$はやぶさのブログ-nya37

$はやぶさのブログ-nya38

$はやぶさのブログ-nya40

$はやぶさのブログ-nya41

こんな地図を作って待っています。
中国の野望達成の片棒を担いでいるのは
$はやぶさのブログ-nya42

スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。