FC2ブログ

2019年12月 の記事一覧

世界に蔓延するアカだらけのマスゴミとメディア 【櫻LIVE第370回】から分かったブンザイ寅も金正恩が大ピンチの現状 両者を追い込んだ安倍首相の戦略と行動力


こちらもどうぞ~

↓    ↓    ↓

GSOMIA破棄で「反米」の正体を現した文在寅政権

もはやマスゴミの名を借りた倒閣運動組織達による魔女裁判 売国奴マスゴミやTVが報じない森友の闇

 

-----------------------------------

まず、本論に入る前に日本及び世界中に蔓延するシナ朝鮮、特にシナマネーに席巻されているアカだらけのマスゴミ事情を簡単におさらいしておく。

 

まず日本。

毎月ン千円払わせておきながら、嘘と偏見・偏向に満ちた捏造記事は流すくせに、反日アカシナ朝鮮勢力に都合の悪い記事は隠ぺいし続ける現在の多くの新聞。

 

対して、アカシナ朝鮮勢力の敵たる”安倍内閣”に関する疑惑や不祥事はでっち上げてでも最優先で載せる今の新聞とNHK・TBS・テレビ朝日をはじめとする日本の既成メディア。

そして、TVのワイドショーも”視聴率がとれる”ならイカサマでっち上げ情報でも「このビッグウェーブに乗らないと」と連日取り上げる金の亡者振り。

 

 

https://www.zakzak.co.jp/soc/news/190724/dom1907240003-n1.html

 

 

そんな既成メディアに愛想を尽かし、見限る日本国民が激増して結果TVの視聴率は落ち、新聞の売り上げは激減する。

 



ネットユーザーから金を巻き上げようとするNHKにNOの声を



NHKの悪だくみにNOの方は、こちらのパブリックコメントからどうぞ。

↓    ↓    ↓

https://search.e-gov.go.jp/servlet/Public?CLASSNAME=PCMMSTDETAIL&id=145209425&Mode=0









これは、日本だけじゃなく世界中で蔓延している。→後述するが、日本にある外国特派員協会の反日振りが見事にそれを証明している。

↑   ↑   ↑ 朝日新聞が入ってないのは、既に朝日新聞は世界的には日本のマスゴミと思われてないから?(笑)

 

参考

米国に蔓延するアカマスゴミの偏向報道に米国国民は既にマスゴミを信用しなくなっていた 一方欧州は…

↑   ↑   ↑

是非読んでください。

 

 

 

朝日新聞・鮫島浩↓    ↓    ↓

 

 

 

 

 

こんな便所の落書き新聞にン千円も毎月払うくらいなら、言論テレビに千円払う方が万倍もまし。

 ローカル紙も共同通信のウソン子記事満載だしね。

さて、いよいよ本論に入る。

 

毎回、既成メディアでは絶対に報じられない驚きの情報が満載の言論テレビだが、この回の話も凄かった。

実に有意義な情報だった。

下の動画はプレビュー版だが、本登録すると一か月は無料で見れる。

毎回の情報を実際に見聞きしてみるとよろしい。お薦めだ。

さて、この回の情報を少しかいつまんで紹介する。

そして、動画では直接述べられなかったが、ワシなりの主観も交えて少し補足もしておく。

 

○ブンザイ寅は、あくまで自分たちの自己中な願望(GSOMIAと輸出管理規制を関連付けて日本に戦略物資の輸出規制管理とホワイト国外しを撤回させる)を米国を使って日本にねじ込み、米国に圧力をかけさせて日本を屈服させようと目論んだが、逆に米国の逆鱗に触れて圧力をかけられ、GSOMIA破棄を延長せざるを得なかった。(何故米国が自分たちの味方をしてくれると信じたかは不明(笑))
 

○さらにブンザイ寅は、破棄延長の発表時にも米国の理解は得ていると大嘘をついて体裁を繕おうとしたが、即座に米国に「そんなことは言ってないし理解などしていない」と明確に発表され、またもやブンザイ寅の見え透いた大嘘が速攻でバレタ。(笑)
 

○米国は、下朝鮮のGSOMIA破棄を撤回させるために11月だけで、3人の高官を次々に送り込んでブンザイ寅を説得した。


11月6日 スティルウェル米国務次官補(東アジア・太平洋担当)
11月14日 ミリー統合参謀本部議長
11月15日 エスパー国防長官

 

しかし、そんな最中にブンザイ寅は11月10日(日)に青瓦台に与野党代表者を招待して、ディナーを振る舞いながら「GSOMIA破棄に与野党で協力して欲しい」と挙国一致でのGSOMIA破棄を呼びかけた。殺し文句は「輸出管理と絡めない日本のせい。日本が悪いから仕方ないんだ。」 反日をダシにすれば、輸出管理規制の直後にも与野党で日本非難声明を出す事に成功したのでまた利用できると踏んでいた。しかし、韓国保守系野党、自由韓国党の黄教安に猛反対され、その後ハンガーストライキまでされることになった。
そして、やっと国際情勢の中での現在の韓国の立ち位置が野党や国民にも分かりだした。→ブンザイ寅に対して
NOを突き付ける国民がブンザイ寅が北の秘密党員だった事もばれて急増

→ブンザイ寅退陣を求める大規模デモが毎週続く状態に。

 

○かつて廬武鉉が目指したアジアのバランサーをブンザイ寅も踏襲している。→これまでの南方政策だけでなく新北方政策も加える。(新北方政策とは、大陸(シナ・北朝鮮・ロシア)重視政策。AIIB加入と一帯一路に下朝鮮も組み入れてシナ側に参加。ひいては、米韓同盟破棄を視野に入れて日米とシナ・北朝鮮・ロシアの橋梁(橋渡し=バランサー)を目指す。つまりコウモリ外交。

 

実は、この”ブンザイ寅退陣要求署名”は、8月17日の段階では、360万筆集まったとされていたものだ。

 

文大統領退陣要求署名「360万人を超えました」

 

それが、11月23日で1700万筆突破である。

因みに下朝鮮の人口は、ネットで調べると2017年は5177万人、2018年は5182万人なんだそうな。

まあ、単純に5100万人として、そのうち1700万人が署名している訳だ。

これってすごくねって感じ。だって5100万人には幼児未満や寝たきりとかの老人もいる訳だから年齢をもっと絞ったらその凄さが良く分かる。

なのに、日本の既成マスゴミやメディアはどこ一つ取り上げていないのである。

それでいて、ブンザイ寅のパシリとして懸命に庇い、朝日新聞の鮫島に至っては、ブンザイ寅大統領府サイコー。ブンザイ寅の牛耳るマスゴミもサイコーと燥(はしゃ)ぎまくっているのだ。(笑)

いかに、我々普通の日本人と感覚が違うか。いや日本人のみならずブンザイ寅に”NO"を突き付けている下朝鮮国民のそれともかけ離れているかが証明されたわけだ。(笑)


そうした日本を舐めて反日を国是に出来た要因の一つは、日本国内で暗躍する【朝鮮人に金づるを提供した自称”良心”的日本人】の存在がある。

 

極左のつくる労組はホント質が悪いし多い。彼方此方(あちこち)に蔓延(はびこ)っている。

日教組や日弁連、日本映画監督協会、日本ペンクラブなんかも今や極左たちの政治団体だしな。(全員がそうではないかもしれないが、牛耳っているの極左)

 

ブン屋たちの労組も新聞労連と言われ、今や立派な極左の組織になっている。

コイツ等が牛耳る、日本記者クラブも仕切っているのは、アカだしな。

そして、日本にある【外国特派員協会】も朝日新聞・植村隆のお仲間集団だ。

 

https://www.sankei.com/premium/news/190106/prm1901060003-n1.html

 

NHK内にある共産党系の労組の希望の星が、あの鈴木奈穂子。

NHKの鈴木奈穂子アナの連れ合いは、「ハングル語が話せないと出世できないと言われているTBSの人間。

そして、TBSの社長の談話がアレなのを見てもロクでもないのが良く分かる。

 

 

 

こんな訓示を述べる社長の社風故かTBSでは女子トイレで関係者が盗撮を繰り返し逮捕された事件も。

https://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20071018-271208.html

 

 

 

 

ここまで反日を育ててきた日本と下朝鮮の新聞やメディアの労組がブンザイ寅のピンチに立ち上がってタッグを組んだ模様。

 

下の記事は今年9月のモノだが、ブンザイ寅大ピンチの最中にゲシュタポ法が強制可決成立すると言われている12月の下朝鮮で、下朝鮮の極左組織の言論労組と日本の極左やプロ市民が多数参加している日本新聞労連が共同セミナーを開くんだそうな。

日本からは、売春婦の火付け役の元朝日新聞の植村隆と現在絶賛活躍中のアノ頭狂新聞の望月イソ子が出席するんだとか。(笑)

 

https://jp.yna.co.kr/view/AJP20190927003800882

まあ、上の記事を読んで貰えば分かるが、よくもまあ恥ずかしげもなくこんな嘘を並べられるもんだ。

 

こんなだから皆が新聞やTVの報道を信じなくなるんだが、当人たちは絶対に理解しようとも認めようともしないんだろうな。

まあ好きなだけ新聞ごっこをやってればいい。どうせ真面な人間なら誰も信じない。それこそ、彼奴等が言うところの”良心”的日本人だけだろうな。

尤もワシは、”狂信”的日本人だと思っているが。(笑) 

あ、産経新聞は新聞労連には入ってないんだって。さすがです産経新聞。

 

現在も自分たちは「弾圧を受けている」と被害者ぶる新聞労連と望月イソ子。こうしたプロ被害者ぶりは彼の国のやり口ソックリ。

この【常に被害者ぶる・弱者ぶる】やり口は、アカとシナ朝鮮が世界に訴える際の常套手段である。

 

参考 ↓    ↓    ↓ 読んで。

望月衣塑子(イソコ)は反日で頭おかしい!質問も嘘ばかり!東京新聞?

 

さて、下朝鮮の狗で、もう一つ外せないのは日韓議員連盟の連中である。

下にその親玉たちが、最近TVで言いたい放題に言っている番組があったので載せておく。

 

プライムニュースのハイライトムービー

2019/10/31 『日韓国会議員が生出演 “戦後最悪”の原因は』【前編】

http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/day/d191031_0.html

 

2019/10/31 『日韓国会議員が生出演 “戦後最悪”の原因は』【後編】
http://www.bsfuji.tv/primenews/movie/day/d191031_1.html
 

日韓議員連盟の衆院側リストの一部

 

 

それを取り上げたブログとハイライトを視た人のコメント一覧

↓    ↓    ↓

https://shinjukuacc.com/20191102-01/
GSOMIA破棄で「反米」の正体を現した文在寅政権 より


 極一部抜粋。

このコメントには掲載してないが、ハイライトムービーの中で日本側の会長額賀と幹事長河村の媚下朝鮮振りが遺憾なく発揮されている。

何しろGSOMIAと輸出管理と応募工(下朝鮮の言う徴用工を当ブログでは今後こう呼称する)をリンクする前提で話をしているからな。

更に河村は、安倍政権がそんなこと言ってないのに、勝手にこんな発言もしてしている売国振り。

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019112500617&g=pol

 

http://kimsoku.com/archives/10150964.html

一方、安倍ちゃんは下朝鮮の狗共とは今年はもう会わない模様。

ただし、ブンザイ寅は盗撮の件を見ても分かる通り、「安倍と交渉中」の図を日本がダメなら海外の会議で強引にセッティングを仕掛けてくると思われる。

 

https://news-us.org/article-20191128-00133214421-korea

 

こうした日韓議員連盟の下朝鮮の狗ぶりに怒った御仁が、下記のようなキャンペーンサイトでの署名参加を呼び掛けている。

↓    ↓    ↓

https://bit.ly/33GQ8Qp

話を櫻LIVEに戻す。

 

恨島情勢では、ブンザイ寅のピンチの失政や失態と多数の下朝鮮国民から”NO”を突き付けられている話題が多いが、実は金正恩も相当厳しい状況にあるらしい。

 

というのも、コイツが新指導者に就任してから既に9回の暗殺未遂事件があったが、犯人が捕まったのはそのうち3回だけ。

残る6回は犯人が捕まっていない状態なのだ。

 

一番新しいのは今年6月だと言われている。とある水産試験場に行く日程が組まれていた。そしたらそこに長距離の組み立て式ライフルがセットされていて、金正恩が来た時に狙いがつけられる様になっていたのが発見された。
この情報は、何人かを経由しているので途中で変わっているのかもしれないが、そのライフルには自動識別式のスコープがついていて、無人でもAIで金正恩を識別したら自動で狙撃するようになっていた。

これは北朝鮮では絶対に作れないモノであり、米国製だと言われているらしい?

ショックを受けた金正恩は、一体誰が自分の日程を漏らしたんだ、絶対に秘密の筈なのに何故そこに武器まで持ち込めたんだ。

一体誰なんだと疑心暗鬼になって政治警察、国家保衛部の部長を解任して6月の末に自分が部長になった。

9月にはシナに派遣していた保衛部要員800人か900人位いたが、全員交代させた。

保衛部とは金正恩の身辺警護と反体制派の取り締まりと粛清を任とする北朝鮮のゲシュタポで、絶大な力を持っている組織だが、そのゲシュタポが裏切っているのではないかと。

2017年5月にも暗殺未遂事件があった。これは犯人が捕まったのだが、その犯人の中に保衛部の幹部が含まれていた。

実はこの事件には下朝鮮の朴槿恵政権が関係していた事を後日関係者から聞いた。

本人が北朝鮮に帰国した後に捕まって、北朝鮮TVで朴槿恵政権にやらされましたと言わされた。
しかし、それがでっち上げでないのは、下朝鮮側で彼と接触した者
(NGO)が直接聞いているのを自分(西岡氏)が聞いている。
その辺のいきさつは、月刊正論に書いた。

更に2018年には護衛司令部(金正恩の為
だけのボディガード部隊)の中に反体制派の組織があって、やはり暗殺未遂事件があった。


この暗殺未遂事件があったことは伏せられいるが、護衛部隊に徹底した査察があったのは報じられている。

 

http://www.sukuukai.jp/report/20191025/20191025_06.html より

 

 

http://www.sukuukai.jp/report/20191025/20191025_21.html より

 

https://news.yahoo.co.jp/byline/kohyoungki/20181111-00103588/

 

つまり政治警察もボディガード部隊も誰も信じられなくなっている。信じられるのは妹の金与正だけ。

そして先ほどの高性能なライフルが出てきたという事は、海外の反体制組織と国内の反体制組織が繋がっているのではないかという疑惑が
生じた。→前述したシナに出している保衛部要員800人か900人を全員入れ替えたのはその為。

つまりスパイを捕まえるはずの組織(下朝鮮版ゲシュタポ)をも信用できなくなった。
こうして金正恩は幹部を誰も信じられなくなった訳だが、こうなった理由は、(日本の)経済政策が効いているからだという。


つまり、こういう事だ。

金正恩は、独裁体制を維持する為に、常に”飴と鞭”を使っていた。

”鞭”は粛清であり、”飴”は金を与える事。

この”飴”が、安倍首相の対北締め付け政策で枯渇し始めて部下に十分行きわたらなくなり、それが金正恩体制を本来守るための筈の機関要員の暗殺未遂事件関与に結び付いている。

北朝鮮の外貨を獲得する39号室と言う部署は、これまで北朝鮮の独裁体制を支える機関だった。年間40~50億ドル(約4千~5千億円)の外貨を毎年獲得していた。
その内訳には、日本のパチンコマネーやNGO関連だったり金大中を通じて日本から流れたものだったりしたが、今これがどんどん安倍政権の資金移動の検査厳格化
(カネの流れの透明化)で激減している。

今年の4月の段階で、数億ドルにまで落ち込んだ。

安倍ちゃんは、まず日本から北へ渡るマネーを厳しく法を執行して取り締まった。(ワシが思うに朝鮮学校無償化を口実に流れていたマネーの取り止めも効いているんだと思う)

次にトランプ大統領に意見して国連からの制裁を発動させた事も大きい。資金を枯渇させることで、核開発を遅らせる事も出来るんだと
トランプを説得し、トランプもその有効性を理解した。
これによりマキシマム(最高度の)プレッシャーを北朝鮮に与え、北朝鮮の輸出の9割が止められた。

つまり日米の方策が非常に有効に効いている。これにより下朝鮮のブンザイ寅も北への支援が出来なくなった。
(例のレーザー照射事件はそんな最中に起きている)
  

ブンザイ寅や金正恩の配下にある民団や総連やアカと朝鮮人工作員や狗議員・狗マスゴミ・狗メディア等が近年ずっと倒閣活動に精を出しているのは、この辺の事情があるとワシは睨んでいる。

 

こうして人間不信に陥ったこともあり、不眠状態になった金正恩は暴飲暴食に走り、健康状態を悪化させていると言われており、(元々腎臓が悪かったし、祖父も父も心臓が悪くて死んでいるので心臓も悪いのではないか?)、北朝鮮関係者の間では、3年持たないのではないかと迄噂されているという)

金正恩の体重は170kg2


金正恩の体重は170kg1

↑   ↑   ↑ 動画や画像を解析した者から金正恩の体重は170Kg近くあるのではないかとの声も。(相撲取り並み) 夜眠れないもんだから、毎晩(?)ワインをボトルで10~20本飲み、次いでウィスキー、ウォッカを飲んで寝ているらしいとの情報も。(笑)


こうした中、亡父の異母弟の金平一が突然の帰国。

 

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-12-01/Q1USPOT0G1KZ01

その理由を、西岡氏は二つの可能性を挙げている。

 

①金正恩の健康状態悪化による後継者絡み。

金正恩には3人の子供がいると言われている(詳細は不明)が、まだ幼いため、後継者は妹の金与正 に継がせたいが、北朝鮮では女性が”神になる”文化はないため、傀儡として金平一を立てて裏で金与生がるのではないか。金平一の帰国はその準備。

 

②海外にいる反金正恩の組織が金平一を政権打倒に利用するのを恐れて先手を打って呼び戻した。

 

現時点では真相は不明だが、南のブンザイ寅同様目が離せない。

 

そして、日本ではほとんど報道されてないが、ブンザイ寅が今かなり厳しい立場に追い込まれているそうだ。

元々ブンザイ寅は、自分の同胞や腹心を次々と司法の最高位に送り込んでいた。

つまり、司法の私物化である。

こうした手段で、例の応募工(徴用工)判決をつかみ取って日本企業の資産横取りに利用した。

日本政府や世界に対して、「司法の判断を尊重する」なんて戯言をほざいていたが、何のことはない。

自らが、自らの意見を司法に代弁させたヤラセの三文芝居だった訳だ。

 

 

 

 

 

そしてそればかりか、市長選にも自ら直接介入して自分の同胞(親友)を市長に据え置いていた。

 

 

https://www.jiji.com/jc/article?k=2019120300910&g=int

ブンザイ寅と玉ネギ男が市長選に不当政治介入



https://www.zakzak.co.jp/soc/news/191203/for1912030006-n1.html?ownedref=not%20set_not%20set_newsTop

 

 

 

https://news-us.org/article-20191130-00201914490-korea

 

 

http://www.wara2ch.com/archives/9420041.html

 

 

取り敢えず今はlここまで。

この後追記するかもしれない。

 

 





スポンサーサイト